82件中 11 - 20件表示
  • 岡崎淳二

    岡崎淳二から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    愛媛県出身。川越商(現・川越市立川越高)に入学、2年生の夏に甲子園に出場。夏の甲子園埼玉県予選で2年連続完全試合(第71回対川本高校戦、第72回対行田高校戦)達成の記録を持つ。その後東洋大に進学。東洋大の1年先輩には関口伊織(その後日本通運→横浜→大阪近鉄)、恩田寿之(その後新日鐵君津・かずさマジック)がおり、同級生には銭場一浩(その後東芝)がいる。大学選手権の出場経験を持つ。4年時にはリーグ戦で5勝を挙げるが、プロからの誘いはなく、鷺宮製作所に入社。岡崎淳二 フレッシュアイペディアより)

  • 露無博文

    露無博文から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    露無 博文(つゆむ ひろふみ、1966年7月6日 - )は、元社会人野球の選手(内野手)・コーチ・監督。新日鐵君津・市民球団かずさマジックに所属していた。露無博文 フレッシュアイペディアより)

  • 沢村通

    沢村通から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    高校卒業後は、近畿大学工学部に進学するも2年時に中退。その後、に社会人野球の新日鐵君津に入団。二塁手のレギュラーをつかみ、チームの中心選手として長年にわたって活躍した。沢村通 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (千葉県勢)

    都市対抗野球大会 (千葉県勢)から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    その後千葉市(後に船橋市)・電電関東(NTT関東)が本大会に出場を果たし、県内随一の実力を誇っていた。同チームは1969年(第40回大会)と1975年(第46回大会)には優勝を果たしているが、NTT再編により現在は廃部。千葉市・川崎製鉄千葉(現・JFE東日本)と君津市・新日鐵君津(現・市民球団かずさマジック)が県勢で本大会出場経験を持つ2チームだが、近年は埼玉県勢の前に南関東地区予選で敗退することが多い。都市対抗野球大会 (千葉県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 林尚克

    林尚克から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    ベテランの域に入っても強力な打棒が衰えることはなく、第75回都市対抗野球大会(2004年)では王子製紙の補強に選ばれた林は、主に1番・レフトを任され、攻撃的布陣の切り込み隊長の役割を担うこととなった。林は準々決勝から3試合連続のホームランを放った。特に決勝戦(対ホンダ(狭山市)戦)では、延長10回裏1死無走者で打席に入り、恩田寿之(かずさマジックより補強)からライトスタンドに都市対抗野球大会史上初の優勝決定サヨナラホームランを叩き込んだ。この一発は王子製紙に初優勝をもたらしたのみならず、愛知県勢にとって初めての黒獅子旗獲得につながるものであった。林は大会優秀選手に選ばれるばかりでなく、その年の社会人ベストナイン(外野手部門)を初受賞した。林尚克 フレッシュアイペディアより)

  • フェズント岩手

    フェズント岩手から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    従来の広域複合企業チーム(市民球団かずさマジック、硬式野球クラブ東海REX)は、元々新日鐵という巨大企業を核にしたチームがクラブチーム化する際に企業登録を残すために広域複合企業型のクラブチーム化を図ったのに対し、フェズント岩手の場合は、ゼロからのチーム作りであることから、広域複合企業チームを創設するリーディングケースとなるか注目される。スポンサーは、2011年度より「青春リハビリテーション」がキャッチコピーの宮古第一病院。宮古第一病院は、公式メディカルサポートとして、理学療法士、作業療法士を派遣している。フェズント岩手 フレッシュアイペディアより)

  • 立石尚行

    立石尚行から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    市立船橋高校からNTTに入社し、NTT関東硬式野球部の一員となる。川崎製鉄千葉、新日鐵君津と共に『千葉3強』の一角を形成していたチームをエースとして支えた。NTT関東時代は小笠原道大(当時捕手)ともバッテリーを組んでいた。立石尚行 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立八千代東高等学校

    千葉県立八千代東高等学校から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    恩田寿之 - 元社会人野球・かずさマジック選手千葉県立八千代東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 應武篤良

    應武篤良から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    1994年には新日鐵君津(現市民球団かずさマジック)監督に就任。「短所を修正するより長所を伸ばす」指導で、新日鐵君津監督就任中には日笠雅人(中日)、松中信彦(ダイエー)、森慎二・古屋剛・野田浩輔(西武)、渡辺俊介(ロッテ)と6人の選手をプロへ送り出し、チームも都市対抗野球大会の常連となったことから、「君津中興の祖」と呼ばれた。應武篤良 フレッシュアイペディアより)

  • 石渡鉄兵

    石渡鉄兵から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    高校の同級生には矢口健一(その後早稲田大学野球部→新日鐵君津・かずさマジック)がいる。石渡鉄兵 フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「新日鐵住金かずさマジック」のニューストピックワード