82件中 71 - 80件表示
  • 新日本製鐵八幡硬式野球部

    新日本製鐵八幡硬式野球部から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    その後も地区連盟主催大会などで優勝を重ねたが、母体の新日本製鐵が合理化策の一環としてに全ての運動部を対象に単独保有を止める方針を決定。に君津野球部と名古屋野球部の広域複合企業型チームへの転換および広畑野球部のクラブチーム化にあわせ、八幡野球部については成績不振に加えて地元密着チームの受け皿がない事などから廃部が発表された。の都市対抗予選を最後に、チームは解散している。新日本製鐵八幡硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JABA千葉市長杯争奪野球大会

    JABA千葉市長杯争奪野球大会から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    第14回(2002年) 新日本製鐵君津JABA千葉市長杯争奪野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本製鐵釜石硬式野球部

    新日本製鐵釜石硬式野球部から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    富士製鐵釜石時代のには、水沢駒形野球倶楽部から補強した岩本義行の活躍もあって都市対抗で準優勝を果たしている。当時は、「東北の暴れん坊」という異名を持っていた。1989年3月に釜石製鐵所の高炉を閉鎖するのに伴い、合理化の一環として1988年11月30日をもって釜石野球部は休部となった。野球を続ける事を希望した部員は君津野球部、名古屋野球部などに移籍している。新日本製鐵釜石硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    第71回 君津・新日鉄君津チーム都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本製鐵

    新日本製鐵から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    市民球団かずさマジック(元・新日鐵君津硬式野球部)新日本製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た新日鐵住金かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    【社会人】新日本製鐵と住友金属工業両社の合併を受け、社会人野球の新日鉄広畑がチーム名を「新日鉄住金広畑」、住友金属鹿島が「新日鉄住金鹿島」、かずさマジックが「新日鉄住金かずさマジック」、東海REXが「新日鉄住金東海REX」にそれぞれ改称。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本野球連盟

    日本野球連盟から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    1990年代に入り、長期不況の影響から、多くの企業チームが休部(廃部)に追い込まれて、その大半はクラブチームという形態を取って存続(移行)する傾向が多い。その場合でも企業チーム時代からの母体企業が支援するケースが多いが、松山フェニックスのように母体企業の支援を受けないで市民規模のチームとして存続する場合、あるいは硬式野球クラブ東海REXや、市民球団かずさマジックのように広域複合企業チーム(この場合は企業チームと同等扱い)として活動することもある。日本野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • チャンステーマ

    チャンステーマから見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    ボンバー君津(市民球団かずさマジック。)チャンステーマ フレッシュアイペディアより)

  • 松中信彦

    松中信彦から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    熊本県八代市で建設会社・松中土建(優勝時の祝勝会にて、松中をはじめ選手数人がこの会社のヘルメットを被る)を営む家庭に生まれる。兄弟は兄と弟が一人ずついる。八代一高を経て新日鐵君津に入社。松中信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚晶則

    大塚晶則から見た市民球団かずさマジック新日鐵住金かずさマジック

    横芝敬愛高等学校時代、八千代東高校と4回戦で対戦し、3-2で八千代東を下した。この試合後、八千代東のエースだった恩田寿之(のち、新日鐵君津・かずさマジック)から千羽鶴を手渡された。しかし5回戦で八千代松陰高校に敗れ、甲子園行きはならなかった。大塚は後年、「これが僕の高校時代の一番の思い出です」と話している(当時の新聞記事)。大塚晶則 フレッシュアイペディアより)

82件中 71 - 80件表示

「新日鐵住金かずさマジック」のニューストピックワード