前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2272件中 1 - 10件表示
  • 上皮間葉転換

    上皮間葉転換から見た悪性腫瘍

    上皮間葉転換(=上皮間葉移行、1Epithelial-Mesenchymal Transition /or Transformation, EMT)とは、上皮細胞がその細胞極性や周囲細胞との細胞接着機能を失い、遊走、浸潤能を得ることで間葉系様の細胞へと変化するプロセスである。上皮間葉転換は中胚葉形成や神経管形成などを含むさまざまな発生プロセスに重要な役割を果たしている。また、創傷治癒や組織の線維化、の浸潤、転移などにおいて出現していると考えられている。上皮間葉転換 フレッシュアイペディアより)

  • 天仙液

    天仙液から見たがん悪性腫瘍

    1983年に王振国が、前身となる「複方天仙膠嚢(ふくほうてんせんこうのう)」(製品名「天仙丸」)を開発し、1988年に中国政府が抗がん薬として同国医薬品許認可。これを液体化及び成分改良したのが現在の天仙液である。天仙液 フレッシュアイペディアより)

  • フコキサンチン

    フコキサンチンから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    また、フコキサンチンによる抗腫瘍作用の研究がマウスやヒト細胞を用いて、1990年頃から各大学研究所や食品総合研究所などで行われている。これらの研究により、フコキサンチンはカスパーゼ-3の活性化を促し、腫瘍細胞へのアポトーシス誘導(DNA断片化)及び、抗腫瘍作用を促すことが明らかとなった。フコキサンチン フレッシュアイペディアより)

  • フィブロネクチン

    フィブロネクチンから見たがん悪性腫瘍

    1970年代前半、細胞のがん化は、細胞表面の糖やタンパク質の変化と関係しているのではないかと想定され、多くの研究者が研究を開始した。1973年、欧米のいくつかの研究室が、独立に、後にフィブロネクチンと呼ばれるタンパク質を発見した。フィブロネクチン フレッシュアイペディアより)

  • クヌードソン仮説

    クヌードソン仮説から見た悪性腫瘍

    クヌードソン仮説とは、は細胞のDNAに変異が蓄積した結果引き起こされるという仮説である。この仮説は当初、1953年にCarl O. Nordlingによって提唱され、アルフレッド・ジョージ・クヌードソンJr によって体系化された。クヌードソンの業績は、間接的に癌関連遺伝子の同定に結びつくことになった。クヌードソンはこれらの業績により1988年にラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞を受賞した。クヌードソン仮説 フレッシュアイペディアより)

  • 大島寛史

    大島寛史から見たがん悪性腫瘍

    大島 寛史(おおしま ひろし、1949年8月 - )は、日本の厚生官僚、国際公務員、生理学者(食品栄養科学・腫瘍生化学・がん予防学・がん分子疫学)。学位は農学博士(東京大学・1987年)。静岡県立大学名誉教授。大島寛史 フレッシュアイペディアより)

  • World Community Grid

    World Community Gridから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    Human Proteome Folding(ヒトたんぱく質解析 2004年11月11日発足、2006年7月18日終了) - 人のプロテオームを形成するタンパク質を特定し、がん、HIV/エイズ、SARS、マラリアなどの疾病の新たな効果的治療に必要な知識を得た。現在、フェーズ2が進行中。World Community Grid フレッシュアイペディアより)

  • タイラー基金

    タイラー基金から見たがん悪性腫瘍

    タイラー基金(正式名:特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ)は、小児がんを患う子供たちとその家族に心理社会的支援を提供する特定非営利活動法人(NPO法人)である。東京都港区に事務所を置く。タイラー基金 フレッシュアイペディアより)

  • 良性腫瘍

    良性腫瘍から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    すなわち、良性腫瘍細胞は自律的な増殖をするものの、自らどこまでも自律的に増殖できる環境を作っていく能力をもたず、発生した場所で増殖するのみであり、栄養血管の不足などそれ以上の増殖を許さない環境が生じた時点で増殖を停止する。分化度の高い悪性腫瘍より、さらに分化度の高い腫瘍と言うこともできる。なお、発がん機構は多段階であり、良性腫瘍と悪性腫瘍の境界線は必ずしも明らかではない。良性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • レイモンド・ダマディアン

    レイモンド・ダマディアンから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    レイモンド・ダマディアン(、1936年3月16日 - )は、アルメニア系アメリカ人の医学者で、磁気共鳴 (MR) スキャン装置の発明者である。生体細胞内のナトリウムとカリウムの研究から核磁気共鳴 (NMR) の実験を行い、1969年に世界初のMR人体スキャナを提案。NMRの共鳴の緩和時間に差が生じるため、腫瘍の組織と通常の細胞組織とを破壊せずに識別可能であることを発見した。1977年、悪性腫瘍の診断のために世界初の人間の全身の断層画像を撮影。NMRによる安全かつ正確な断層画像撮影法を発明し、それが核磁気共鳴画像法 (MRI) と呼ばれるようになった。レイモンド・ダマディアン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2272件中 1 - 10件表示

「がん」のニューストピックワード