前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1714件中 1 - 10件表示
  • 天仙液

    天仙液から見たがん悪性腫瘍

    1983年に王振国が、前身となる「複方天仙膠嚢(ふくほうてんせんこうのう)」(製品名「天仙丸」)を開発し、1988年に中国政府が抗がん薬として同国医薬品許認可。これを液体化及び成分改良したのが現在の天仙液である。天仙液 フレッシュアイペディアより)

  • フコキサンチン

    フコキサンチンから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    また、フコキサンチンによる抗腫瘍作用の研究がマウスやヒト細胞を用いて、1990年頃から各大学研究所や食品総合研究所などで行われている。これらの研究により、フコキサンチンはカスパーゼ-3の活性化を促し、腫瘍細胞へのアポトーシス誘導(DNA断片化)及び、抗腫瘍作用を促すことが明らかとなった。さらにフコキサンチンは、腫瘍細胞でのN-mycの減少やの発現を誘導することで、G1期での細胞周期進行を停止させ、抗腫瘍・抗細胞増殖作用を促すことが明らかとなり、その他には、抗血管新生活性を促すことが明らかとなった。フコキサンチン フレッシュアイペディアより)

  • 大腸癌

    大腸癌から見た悪性腫瘍

    日本では女性のがんの死亡率の1位を占め、2020年には男性でも2位に上昇すると予想されている。。アメリカ合衆国においては、3番目に多いで、癌死の原因として2番目に多く、生涯に大腸癌に罹患する確率は約7%である。日本でも胃癌を追い越し肺癌についで2番目に多くなっている。大腸癌 フレッシュアイペディアより)

  • World Community Grid

    World Community Gridから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    Help Conquer Cancer(がん撲滅支援 2007年11月6日発足) - がん治療のためのたんぱく質解析。オンタリオがん研究所、ハウプトマン-ウッドワード医学研究所などの研究者が主催。World Community Grid フレッシュアイペディアより)

  • 大島寛史

    大島寛史から見たがん悪性腫瘍

    大島 寛史(おおしま ひろし、1949年8月 - )は、日本の厚生官僚、国際公務員、生理学者(食品栄養科学・腫瘍生化学・がん予防学・がん分子疫学)。学位は農学博士(東京大学・1987年)。静岡県立大学食品栄養科学部学部長(第7代)・大学院食品栄養環境科学研究院教授。大島寛史 フレッシュアイペディアより)

  • タイラー基金

    タイラー基金から見たがん悪性腫瘍

    タイラー基金(英:Tyler Foundation)は、小児がんを患う子供たちとその家族に心理社会的支援を提供する特定非営利活動法人(NPO法人)である。東京都港区に事務所を置く。2006年の設立以来国際的にも認知されるようになり、2010年ビルボード・ライブ東京で開催されたスコット・マッキンタイヤのコンサートをはじめ日本国内外の著名人による支援を得てきた。2011年3月11日の東日本大震災による地震と津波の被害を受け、被災した子供たちの心のケアをサポートするため、それまで培ったノウハウを生かした支援活動を行っている。また、世界の著名アーティストやシンガーソングライター、プロデューサー達の共同制作によるオリジナル・アルバム「シャイン・オン!ソングスvol.1」をリリースする音楽プロジェクトも開始した。マキシ・プリースト、ドナ・バーク、ジュリアン・レノン、マーク・バラス、アラン・メンケン、アカデミー賞受賞者の作詩家ティム・ライス等が参加した。タイラー基金 フレッシュアイペディアより)

  • DNAメチル化

    DNAメチル化から見たがん悪性腫瘍

    DNAメチル化(ディーエヌエイメチルか)とは、DNA中によく見られるCpG アイランドという配列の部分などで炭素原子にメチル基が付加する化学反応。エピジェネティクスに深く関わり、複雑な生物の体を正確に形づくるために必須の仕組みであると考えられている。がんにも関わっている。DNAメチル化 フレッシュアイペディアより)

  • 寛仁親王

    寛仁親王から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    1990年代から、をはじめとする疾病に悩まされていた。寛仁親王 フレッシュアイペディアより)

  • 良性腫瘍

    良性腫瘍から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    すなわち、良性腫瘍細胞は自律的な増殖をするものの、自らどこまでも自律的に増殖できる環境を作っていく能力をもたず、発生した場所で増殖するのみであり、栄養血管の不足などそれ以上の増殖を許さない環境が生じた時点で増殖を停止する。分化度の高い悪性腫瘍より、更に分化度の高い腫瘍と言うこともできる。なお、発がん機構は多段階であり、良性腫瘍と悪性腫瘍の境界線は必ずしも明らかではない。良性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • 放射線障害

    放射線障害から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    DNA鎖が損傷したまま細胞が生き残り、損傷が固定化された場合、細胞の活動が異常化し、がんや白血病を引き起こす場合がある。これが社会医学的分類における確率的影響であり、日常生活で自然に浴びる程度の少量の被曝でも発生する可能性がある。また、多量の放射線に被曝した場合、特定の器官において多数の細胞がプログラム細胞死を引き起こし、急性の身体障害を引き起こす。これが、社会医学的分類における確定的影響である。これらの影響が蓄積・拡大して身体機能を低下させるようになったものが放射線障害である。放射線障害 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1714件中 1 - 10件表示

「がん」のニューストピックワード