2272件中 91 - 100件表示
  • 放射線療法

    放射線療法から見た悪性腫瘍

    放射線療法(ほうしゃせんりょうほう、 / radiotherapy)は、放射線を患部に体外及び体内から照射する治療法である。手術、抗がん剤治療とともに(がん)に対する主要な治療法の一つである。放射線療法 フレッシュアイペディアより)

  • プロテインキナーゼ

    プロテインキナーゼから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    キナーゼの機能異常は病気の原因になることも多い。特にがんに関して詳細な研究が行われており、キナーゼはがん細胞の増殖、移動、浸潤やアポトーシス(細胞死)の調節に関与する。特定のキナーゼを阻害することによって治療に役立てる薬物が開発されており、中にはゲフィチニブ(イレッサ®)やイマチニブ(グリベック®)のように、すでに臨床的に用いられているものもある。プロテインキナーゼ フレッシュアイペディアより)

  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見た悪性腫瘍

    LSD投与実験自体は末期患者の痛みを和らげようとする試みの中で行われた。エリック・カストとヴィンセント・J・コリンズは激痛を伴うと壊疽の患者に対して、LSDとハイドロモルフィネとメフェリダインの効果を比較した(モルヒネの平均的な消費は減らさなかった)。他の2つの数時間に対し、LSDは数日間苦痛を和らげることに成功した(ただし、LSDの効果はあまりに予測不可能なために鎮痛剤としては不適格である)。さらには緊張の軽減や抑鬱、死への恐怖という基準から見て、患者の3分の2を改善させ、投与を行った被験者達は互いに薬効と連帯感を共有した。LSD体験が残す宗教的、哲学的妄想が死をより耐えやすいものにすると考えられている。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • 乳癌

    乳癌から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    病理医はふつう、腫瘍の組織型と、顕微鏡的なレベルの進行度合い(浸潤性であるか否か、など)を生検の報告に記述している。浸潤性乳癌のほとんどは腺癌 (adenocarcinoma) であり、その中で最も普通の亜型は浸潤性乳管癌 (infiltrating ductal carcinoma ICD-O code 8500/3) である。他の亜型としては浸潤性小葉癌 (infiltrating lobular carcinoma ICD-O code 8520/3)、髄様癌(medullary carcinoma)、粘液癌(mucinous carcinoma)、管状癌(tubular carcinoma)、浸潤性微小乳頭癌(invasive micropapillary carcinoma)、化生癌(metaplastic carcinoma) などがある。稀に、腺癌以外の癌腫(あるいは癌腫以外の悪性腫瘍)がみられる。乳癌 フレッシュアイペディアより)

  • 受動喫煙

    受動喫煙から見た悪性腫瘍

    環境たばこ煙成分をマウスの皮膚に塗ったりラットの肺に移植することで、またハムスターに煙を吸入させることで、の発生が観察された。これらや他の研究など、動物実験では環境たばこ煙が癌を発生させると言える十分なデータが出されている(など)。受動喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • ゲノム編集

    ゲノム編集から見たがん悪性腫瘍

    3つの人工酵素の中で特に高効率とされているのはCRISPR/Cas9で、2015年時点で研究の主流である。高効率であることの代償として、CRISPR/Cas9では標的部位ではない場所を改変するオフターゲットと呼ばれる欠点が大きい。これが生じるとがんといった疾患を発症する恐れがあるため、この欠点を克服するための研究も進展中である。ゲノム編集 フレッシュアイペディアより)

  • 主要組織適合遺伝子複合体

    主要組織適合遺伝子複合体から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    MHCには主要組織適合遺伝子複合体抗原(主要組織適合抗原、MHC抗原、MHC分子とも呼ばれる)と呼ばれる糖タンパクがコードされている。このMHC分子は抗原提示を行うことで細菌やウイルスなどの感染病原体の排除や、がん細胞の拒絶、臓器移植の際の拒絶反応などに関与し、免疫にとって非常に重要な働きをする。その他、ペプチドの輸送に関与するTAP (transporter associated with antigen processing) やプロテアソームに関与するLMP (low-molecular-weight protein) といった、免疫に関するさまざまなタンパク群もこのMHCにコードされている。主要組織適合遺伝子複合体 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    一方で、この技術を使えば男性から卵子、女性から精子を作ることも可能となり、同性配偶による子の誕生も可能にするため、技術適用範囲については大いに議論の余地が残っている。さらには、iPS細胞は発癌遺伝子c-Mycを導入するなどして細胞と同じように無限増殖性を持たせた人工細胞であり、また、遺伝子導入の際に使用しているレトロウイルスなどが染色体内のランダムな位置に発癌遺伝子などの遺伝子を導入してしまうため、もともと染色体内にある遺伝子に変異が起こって内在性発癌遺伝子を活性化してしまう可能性があるなど、実際に人体に移植・応用するには大きな課題が残っている。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    その後、免疫担当細胞であるCD4陽性T細胞の減少と同時に、普通の人間生活ではかからないような多くの日和見感染を生じ、ニューモシスチス肺炎やカポジ肉腫、悪性リンパ腫、皮膚がんなどの悪性腫瘍、サイトメガロウイルスによる身体の異常等、生命に危険が及ぶ症状を呈してくる。また、HIV感染細胞が中枢神経系組織へ浸潤(しんじゅん)し、脳の神経細胞が冒されるとHIV脳症と呼ばれ、精神障害や認知症、記憶喪失を引き起こすこともある。後天性免疫不全症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ローリン・ハード

    ローリン・ハードから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    それから活動の無い時期を記録したのちに、2008年の12月26日―長年にわたり闘病してきたガンによって逝去。かくしておおよそ10年間にわたった『ローリン・ハード』の歴史もそこに終幕を迎えたのであった。ローリン・ハード フレッシュアイペディアより)

2272件中 91 - 100件表示

「がん」のニューストピックワード