1714件中 11 - 20件表示
  • 化学療法 (悪性腫瘍)

    化学療法 (悪性腫瘍)から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    薬剤により原因に作用して疾病を治療するという化学療法の方法論は、その実践は古く、ペルーのインディオがマラリア治療にキナ樹皮を利用したことにまで遡るが、がんに対する化学療法は1940年代に窒素マスタード剤と坑葉酸剤の登場により始まった。パウル・エールリッヒが化学療法の概念として提唱した「魔法の弾丸」に相当するがんの化学療法剤の研究開発は第二次世界大戦後に上記の窒素マスタード剤(アルキル化剤)と坑葉酸剤(代謝拮抗剤)に始まり、今日では抗がん剤市場は数兆円規模の市場に成長している。ターゲット療法の到来は化学療法に革命的成果をもたらしているが、化学療法の原理と限界は、黎明期の研究者において、もはや見出されていることでもあった。化学療法 (悪性腫瘍) フレッシュアイペディアより)

  • レイモンド・ダマディアン

    レイモンド・ダマディアンから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    レイモンド・ダマディアン(、1936年3月16日 - )は、アルメニア系アメリカ人の医学者で、磁気共鳴 (MR) スキャン装置の発明者である。生体細胞内のナトリウムとカリウムの研究から核磁気共鳴 (NMR) の実験を行い、1969年に世界初のMR人体スキャナを提案。NMRの共鳴の緩和時間に差が生じるため、腫瘍の組織と通常の細胞組織とを破壊せずに識別可能であることを発見した。1977年、悪性腫瘍の診断のために世界初の人間の全身の断層画像を撮影。NMRによる安全かつ正確な断層画像撮影法を発明し、それが核磁気共鳴画像法 (MRI) と呼ばれるようになった。レイモンド・ダマディアン フレッシュアイペディアより)

  • 上野直人

    上野直人から見たがん悪性腫瘍

    現在、がんの治療効果を最大にするための患者中心のチーム医療の普及に力をいれ、ジャパン・チームオンコロジー・プログラム (J-TOP)の設立者および指導者としても活躍。また、患者・家族・一般生活者と医療者が一緒になって、がん医療の夢を語り、共有し、実現するための"マイ・オンコロジー・ドリーム"キャンペーンにも力を入れている。上野直人 フレッシュアイペディアより)

  • 薬剤耐性

    薬剤耐性から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    医学、薬理学、微生物学の分野では、特に細菌やウイルスなどの病原性微生物やがん細胞などが、それらの病原体による疾患を治療する抗生物質や抗癌剤など(化学療法剤)の薬剤に対して抵抗力を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなることを指し、この場合「薬剤耐性」という語が用いられることがもっとも多い。薬剤耐性 フレッシュアイペディアより)

  • エーベルス・パピルス

    エーベルス・パピルスから見た悪性腫瘍

    エーベルス・パピルスはヒエラティックで書かれ、古代エジプト時代の医学知識を現代に伝える最もボリュームのある文書になっている。この中には、700程の魔法の調合法や治療薬が記されている。また病気の原因となっている悪魔を退散させる多くの呪文についても記されている。また、心臓についての「論文」も含まれ、心臓は体内の血液供給の中心に位置し、血管で全身の器官と繋がっていることが記されている。エジプト人は腎臓についてはほとんど知らず、心臓は血液、涙、尿、精液等の全ての体液を運ぶ管が集まる場所と捉えていたと考えられる。Book of Heartsと呼ばれる章には、欝や認知症等を含む精神疾患についての記述が詳細に書かれている。これらの記述は、エジプト人が精神的な疾患と肉体的な疾患を同じように捉えていたことを示唆している。他にもエーベルス・パピルスには、避妊法、妊娠の診断等の婦人科医学、消化器疾患、寄生虫、眼病、皮膚病、虫歯、膿瘍やの外科手術、接骨、火傷等についての章もある。エーベルス・パピルス フレッシュアイペディアより)

  • クレハ

    クレハから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    1977年 - 抗悪性腫瘍剤「クレスチン」発売クレハ フレッシュアイペディアより)

  • メルク (ドイツ)

    メルク (ドイツ)から見た悪性腫瘍

    メルクでは67カ国で約4万人の従業員が医薬品・化学品事業に従事しており、化学品分野では、エレクトロニクス、印刷、塗料、化粧品、食品、医薬品、バイオテクノロジー産業向け特殊化学品の製造・販売を行っている。また、医療用医薬品分野では、2007年に設立されたメルクセローノが、領域、神経変性疾患領域、不妊治療領域、内分泌領域、自己免疫疾患および炎症性疾患領域、心血管/代謝領域の治療薬を販売している。メルク (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • 国立がん研究センター

    国立がん研究センターから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    独立行政法人国立がん研究センター(こくりつがんけんきゅうセンター、National Cancer Center)は、日本におけるがん征圧の中核拠点として、がんその他の悪性新生物に対する診療、研究、技術開発、治験、調査、政策提言、人材育成、情報提供を行う日本の独立行政法人である。厚生労働省所管の施設等機関であった前身の国立がんセンターは、1990年代頃より官僚支配によるガバナンスの欠如と制度疲労が指摘されており、2010年4月1日に独立行政法人へ移行後、初代理事長嘉山孝正のもとで数々の改革が行われた。国立がん研究センター フレッシュアイペディアより)

  • カスパーゼ

    カスパーゼから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    カスパーゼは他のカスパーゼを切断し活性化するというカスケード(連鎖的増幅反応)の形で機能する。またある種のカスパーゼはサイトカイン(インターロイキン-1β)の活性化を通して免疫系の調節にも関与している。アポトーシスは正常な発生のほか、がんやアルツハイマー病などの疾病にも関係があることから、1990年代半ばに見出されて以来、治療のターゲットにもなりうるものとして注目されている。カスパーゼ フレッシュアイペディアより)

  • がん幹細胞

    がん幹細胞から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    Cancer stem cells (CSCs)  がん幹細胞(がんかんさいぼう)は、がん細胞のうち幹細胞の性質をもった細胞。体内のすべての臓器や組織は、臓器・組織ごとにそれぞれの元となる細胞が分裂してつくられる。この元となる細胞(幹細胞)は、分裂して自分と同じ細胞を作り出すことができ(自己複製能)、またいろいろな細胞に分化できる(多分化能)という二つの重要な性質を持ち、この性質により傷ついた組織を修復したり、成長期に組織を大きくしたりできる。がんにおいても、幹細胞の性質をもったごく少数のがん細胞(がん幹細胞)を起源としてがんが発生するのではないかという仮説があり、これをがん幹細胞仮説という。がん幹細胞は1997年、急性骨髄性白血病においてはじめて同定され、その後2000年代になって様々ながんにおいてがん幹細胞が発見されたとの報告が相次いでいる。がん幹細胞 フレッシュアイペディアより)

1714件中 11 - 20件表示

「がん」のニューストピックワード