2272件中 21 - 30件表示
  • 胃癌

    胃癌から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    胃癌(いがん、英:Stomach cancer または gastric cancer、独:Magenkrebs)は、胃に生じる悪性腫瘍の総称。胃癌 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山ワクチン

    丸山ワクチンから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    実験を重ねた後の1966年に、このワクチン(SSM)を悪性腫瘍に使用した場合、組織細胞の異常増殖を抑制する作用があり、副作用が全くないので、ある程度有効かつ安全な抗腫瘍物質だとする論文を発表した。丸山ワクチン フレッシュアイペディアより)

  • 昭和天皇

    昭和天皇から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    十二指腸乳頭周囲腫瘍(腺癌)のため長く療養していたが1989年(昭和64年)1月7日午前6時33分に崩御(宝算87)。神代を除く歴代の天皇で最も長寿。同日午前7時55分に宮内庁長官・藤森昭一と内閣官房長官・小渕恵三がそれぞれ会見を行い崩御を公表。昭和天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。腎細胞癌 フレッシュアイペディアより)

  • 肝癌

    肝癌から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    肝癌(かんがん、)は、肝臓に発生する悪性腫瘍の総称である。肝癌 フレッシュアイペディアより)

  • 心臓移植

    心臓移植から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    心臓以外の重症疾患(肝機能障害・腎機能障害・慢性閉塞性肺疾患・悪性腫瘍・重症自己免疫疾患など)がある場合心臓移植 フレッシュアイペディアより)

  • エーベルス・パピルス

    エーベルス・パピルスから見た悪性腫瘍

    エーベルス・パピルスはヒエラティックで書かれ、古代エジプト時代の医学知識を現代に伝える最もボリュームのある文書になっている。この中には、700程の魔法の調合法や治療薬が記されている。また病気の原因となっている悪魔を退散させる多くの呪文についても記されている。また、心臓についての「論文」も含まれ、心臓は体内の血液供給の中心に位置し、血管で全身の器官と繋がっていることが記されている。エジプト人は腎臓についてはほとんど知らず、心臓は血液、涙、尿、精液等の全ての体液を運ぶ管が集まる場所と捉えていたと考えられる。Book of Heartsと呼ばれる章には、うつ病や認知症のような精神障害についての記述が詳細に書かれている。これらの記述は、エジプト人が精神と肉体の疾患を同じように捉えていたことを示唆している。他にもエーベルス・パピルスには、避妊法、妊娠の診断等の婦人科医学、消化器疾患、寄生虫、眼病、皮膚病、虫歯、膿瘍やの外科手術、接骨、火傷等についての章もある。エーベルス・パピルス フレッシュアイペディアより)

  • カスパーゼ

    カスパーゼから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    カスパーゼは他のカスパーゼを切断し活性化するというカスケード(連鎖的増幅反応)の形で機能する。またある種のカスパーゼはサイトカイン(インターロイキン-1β)の活性化を通して免疫系の調節にも関与している。アポトーシスは正常な発生のほか、がんやアルツハイマー病などの疾病にも関係があることから、1990年代半ばに見出されて以来、治療のターゲットにもなりうるものとして注目されている。カスパーゼ フレッシュアイペディアより)

  • YIGSRモチーフ

    YIGSRモチーフから見たがん悪性腫瘍

    YIGSRモチーフ(ワイアイジーエスアールモチーフ、英: YIGSR motif、YIGSR配列)は、アミノ酸5個から構成されるペンタペプチド・Tyr-Ile-Gly-Ser-Arg(チロシン-イソロイシン-グリシン-セリン-アルギニン)をアミノ酸1文字表記した配列で、細胞接着分子・ラミニンの細胞接着活性配列である。ラミニンβ1鎖のアミノ酸番号929?933に存在する。歴史的には、フィブロネクチンのRGD配列の次の細胞接着配列として発見された。しかし、様々なタンパク質にRGD配列が存在するのと異なり、YIGSR配列はラミニンにしか見いだされていない。有機合成したYIGSR含有ペプチドがマウスの実験的がん転移を抑制した。YIGSRモチーフ フレッシュアイペディアより)

  • 国立病院機構敦賀医療センター

    国立病院機構敦賀医療センターから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    独立行政法人国立病院機構敦賀医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうつるがいりょうせんたー)は、福井県敦賀市に所在する独立行政法人国立病院機構の病院である。場所が旧国立療養所敦賀病院と同じであり、市内には市立敦賀病院もあることから、利用者からは単に「国立」と言われることが多い。政策医療分野におけるがん、呼吸器疾患(結核を含む)、血液・造血器疾患、重症心身障害の専門医療施設であり、地域がん診療連携拠点病院、エイズ治療拠点病院の指定を受ける。国立病院機構敦賀医療センター フレッシュアイペディアより)

2272件中 21 - 30件表示

「がん」のニューストピックワード