1714件中 21 - 30件表示
  • 湾岸戦争症候群

    湾岸戦争症候群から見た悪性腫瘍

    湾岸戦争終結後、帰還した米兵約70万人のうちの5000人から8万人が、症状に差はあるものの、疲労感・痛み・記憶障害・倦怠感や関節痛などの症状を発症した。またや白血病、子供の先天性障害が多発したとの説もあるが、根拠となる明確なデータが明らかにはなっていない。原因としてイラクの生物・化学兵器や伝染病、殺虫剤、油田火災の黒煙などが挙げられていたものの、国防総省はイラクによる生物・化学兵器の使用を否定していた。しかし、その後の国連による調査で、イラク南部の兵器庫にサリンが貯蔵されていたことが判明した為、1996年に米兵が被曝した可能性を認めた。湾岸戦争症候群 フレッシュアイペディアより)

  • プロテインキナーゼ

    プロテインキナーゼから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    キナーゼの機能異常は病気の原因になることも多い。特にがんに関して詳細な研究が行われており、キナーゼはがん細胞の増殖、移動、浸潤やアポトーシス(細胞死)の調節に関与する。特定のキナーゼを阻害することによって治療に役立てる薬物が開発されており、中にはゲフィチニブ(イレッサ®)やイマチニブ(グリベック®)のように、すでに臨床的に用いられているものもある。プロテインキナーゼ フレッシュアイペディアより)

  • Berkeley Open Infrastructure for Network Computing

    Berkeley Open Infrastructure for Network Computingから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    糖尿病、高血圧、、統合失調症などの原因となる遺伝子を発見する。Berkeley Open Infrastructure for Network Computing フレッシュアイペディアより)

  • 星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター

    星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクターから見た悪性腫瘍

    極端かつ我侭、短気な性格で、悪口を言われたり些細なこと(カービィにショートケーキのイチゴを食べられたり、セーブしてあったゲームのデータを消されたりなど)ですぐ激昂したりする。自身の言動を改善するよう他者から指摘される度、「おれさまは王様だデ!○○して何が悪い!」と権力を振るって反駁するのが口癖。また、せっかちでもあるため、グーイが自分の胃の中で眠っている様子をレントゲンで見せられた際には医者の話を聞かずに「」だと思い込み、病院をあとにしてしまったことがあるほか、ポピーにせっかちを諌められたときに「グズグズしてたら時間が過ぎるだけ」と憚らない。月刊の漫画雑誌の続きの内容が気になるあまり、「一ヶ月も待てん」と編集部に続きの内容を尋ねたことまである。星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • いのち (NHK大河ドラマ)

    いのち (NHK大河ドラマ)から見た悪性腫瘍

    故郷へ帰り、母の千恵、使用人の工藤清吉・イネ夫妻と再会したのも束の間であった。男に裏切られ、海に身を投げようとして、海軍予備学生から復員した浜村直彦に助けられたハルが連れて来られ、千恵、イネらの奮闘に関わらず流産する。一時は自殺すら考えたハルだったが、清吉らの説得により「男に頼らず一人で生きる」と実業家への道を志す。間もなく千恵が吐血して倒れ、医師・坂口一成の診察によりを宣告される。シベリアへ抑留された父正道と結婚式を挙げた神社へ未希とハルの助けで参拝して間もなく亡くなり、このことがきっかけで未希は医者を志し女子医専に進学。いのち (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 抗酸化物質

    抗酸化物質から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    一方、栄養補助食品の分野では多数の物質が製品化され、抗酸化物質が、健康維持や悪性腫瘍、冠状動脈性心臓病、高山病の予防の目的で広く利用されている。しかしながらいくつかのサプリメントでは、初期の研究ではサプリメントの抗酸化物質が健康を増進させる可能性があると提案されたが、後の臨床試験ではその効果が見つからない例も見られる。さらに過剰摂取が有害である可能性が報告されるものもある。抗酸化物質 フレッシュアイペディアより)

  • 米国産牛肉

    米国産牛肉から見たがん悪性腫瘍

    エストロゲンは女性の成長に必要なホルモンであるが、外部から摂取することは、がんの発症に関与していると考えられている。牛肉消費量の増加とともに、ホルモン依存性がんの患者数が約5倍に増加していることから、アメリカ産牛肉ががんの原因であると示唆されている。米国産牛肉 フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    アナボリックステロイドは医療用に処方されることがある。その蛋白同化作用を用いて、骨粗鬆症や慢性の腎疾患の治療、あるいは怪我や火傷による体力の消耗状態の改善などを目的に用いられている。 こうして医療用に処方されるアナボリックステロイドには、メスタノロン製剤とメテノロン製剤という2種類のそれがある。 前者は骨粗鬆症、下垂体性小人症、慢性腎疾患、悪性腫瘍、外傷/熱傷による著しい消耗状態などの治療に用いられ、ヘモグロビン量や赤血球数の増加などの造血作用をも示す後者は、これらに加えて再生不良性貧血による骨髄の消耗状態の治療に用いられている。 再生不良性貧血は骨髄中の造血幹細胞が何らかの原因で傷害されて生じる貧血である。一般に再生不良性貧血の治療は免疫抑制療法・骨髄移植・蛋白同化ステロイド療法などがある。そのうち蛋白同化ステロイドは軽傷例に使用する。蛋白同化ステロイドの疾患への効果のメカニズムとして、腎臓に作用してエリスロポエチン(赤血球産生を刺激するホルモン)を出させる働きと、造血幹細胞に直接作用して増殖を促す働きが考えられている。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

  • エンド オブ エタニティ

    エンド オブ エタニティから見た悪性腫瘍

    ただし、ロエンとの会話で「クォーツが砕けることによる肉体の化」を利用した不老不死の研究が過去に行われていることが語られている。ロエンが「ガン?」と聞き返したことから一般的なものではないことがわかる(人類がゼニスの管理下におかれてからは発症することがない病だと言う)。エンド オブ エタニティ フレッシュアイペディアより)

  • 主要組織適合遺伝子複合体

    主要組織適合遺伝子複合体から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    MHCには主要組織適合遺伝子複合体抗原(主要組織適合抗原、MHC抗原、MHC分子とも呼ばれる)と呼ばれる糖タンパクがコードされている。このMHC分子は抗原提示を行うことで細菌やウイルスなどの感染病原体の排除や、がん細胞の拒絶、臓器移植の際の拒絶反応などに関与し、免疫にとって非常に重要な働きをする。その他、ペプチドの輸送に関与するTAP (transporter associated with antigen processing) やプロテアソームに関与するLMP (low-molecular-weight protein) といった、免疫に関するさまざまなタンパク群もこのMHCにコードされている。主要組織適合遺伝子複合体 フレッシュアイペディアより)

1714件中 21 - 30件表示

「がん」のニューストピックワード