2272件中 31 - 40件表示
  • 膜性腎症

    膜性腎症から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    足や目の周りの浮腫や体重の増加、尿の泡だち、疲労感などで発症することが多い。IgA腎症で見られるような肉眼的血尿は稀である。高血圧も比較的に少ない。基本的に病気の進行は緩徐であり、ほとんど無症状だったり、寛解と増悪を自然に繰り返したりもする。成人検診での蛋白尿陽性を経て、初めて診断されることもある。また、明らかな病因がある二次性の膜性腎症と、それらが特定できない一次性の膜性腎症とに分けられる。二次性の原因には、悪性腫瘍(膜性腎症全体のおよそ5-20%)、B型肝炎ウイルス・マラリア等の感染、全身性エリテマトーデス(ループス腎炎WHO class V)、D-ペニシラミン・金製剤・ブシラミン・非ステロイド性抗炎症鎮痛薬など特定の薬剤使用が含まれる。二次性の場合は、原則として、原因を除去・治療できれば腎症も治癒する。膜性腎症 フレッシュアイペディアより)

  • 播種性血管内凝固症候群

    播種性血管内凝固症候群から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    、急性白血病 : がん細胞や白血病細胞に発現した組織因子により、凝固活性化をきたす。播種性血管内凝固症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ブロリコ

    ブロリコから見たがん悪性腫瘍

    食品であるため、タイミングや服用の方法に関してこれといった規定はない。熱に強く、温かい飲み物と一緒に飲んでも問題はない。ただ、効果を持続させるためには2、3回に分けて1日3錠を摂取することをイマジン・グローバル・ケア社は勧めている。また、がん等重病にかかっている場合は多めに飲んでも問題ない。ブロリコ フレッシュアイペディアより)

  • 組織学

    組織学から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    組織学は発生生物学の基本技術である他、病理学でも病理組織の検査に用いられる。がんなどの病気の診断を付ける上で、検体の病理的検査が日常的に使われるようになってからは、病態組織を顕微鏡的に観察するが、の重要なツールとなった。海外では、経験を持った内科医(多くは資格を持った病理医である)が、組織病理の検査を自ら行い、それに基づいた診断を下す。一方で日本では、病理専門医が検査と診断を行うことが多いが、各地でこの病理医不足が叫ばれている。組織学 フレッシュアイペディアより)

  • 境界悪性腫瘍

    境界悪性腫瘍から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    境界悪性腫瘍(きょうかいあくせいしゅよう)は、腫瘍細胞の集団からの離脱や上皮細胞の重層化、豊富な核分裂像や核異型の増加といった、悪性腫瘍と共通の病理形態学的な所見を呈しているものの、間質への浸潤という、悪性腫瘍を悪性腫瘍たらしめる重要な所見を持たない病変のことをいう。境界悪性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • 数理生物学

    数理生物学から見た悪性腫瘍

    この分野の研究は非常に多岐にわたる。例えば、生物学・医学における計算機モデル化、動脈系モデル、神経系モデル、生化学ネットワークの振動、量子オートマトン、分子生物学・遺伝学における量子計算機、のモデル化、ニューラルネットワーク(神経回路網)、遺伝的ネットワーク、抽象関係性生物学(対称性に着目した群論などを用いた表現)、metabolic-replication system、圏論の生物学・医学への応用、オートマトン理論、セル・オートマトン、テッセレーションモデル(平面充填)、完全自己複製、生物のカオスシステム、関係性生物学(relational biology)、および有機体理論(organismic theories)である。数理生物学 フレッシュアイペディアより)

  • 不明熱

    不明熱から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    不明熱の原因となる疾患は多岐にわたるが、感染症、膠原病、悪性腫瘍の三つが代表的であり、それ以外に、アレルギー、薬剤熱、詐熱など多数の疾患がある。不明熱 フレッシュアイペディアより)

  • 鼻血

    鼻血から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    鼻出血は、局所的誘因と全身的誘因のいずれによっても発症する。局所的なものには誘因なく突然起こる突発性鼻出血があり、この場合の大部分は、鼻中隔の前方にあるキーゼルバッハ部位からの出血である。この部位は血管が豊富に分布していることに加え粘膜が薄く、鼻の入り口にあるため傷つきやすい。顕微鏡下でキーゼルバッハ部位を観察すると粘膜直下の細動脈が膨隆し、些細な刺激で破綻を来す状態にあることが確認できる。この他、外傷、炎症、悪性腫瘍などの局所的誘因によっても様々な程度で出血が起こる。鼻血 フレッシュアイペディアより)

  • 米国産牛肉

    米国産牛肉から見たがん悪性腫瘍

    エストロゲンは女性の成長に必要なホルモンであるが、外部から摂取することは、がんの発症に関与していると考えられている。牛肉消費量の増加とともに、ホルモン依存性がんの患者数が約5倍に増加していることから、アメリカ産牛肉ががんの原因であると示唆されている。米国産牛肉 フレッシュアイペディアより)

  • 転移 (医学)

    転移 (医学)から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍とに分類されるが、このうち、悪性腫瘍のみが浸潤や転移を行う。見掛け上、良性腫瘍であっても、転移が起こった場合には悪性腫瘍とみなされる。転移 (医学) フレッシュアイペディアより)

2272件中 31 - 40件表示

「がん」のニューストピックワード