1714件中 41 - 50件表示
  • 紅皮症

    紅皮症から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    紅皮症の原因として最も多いのが湿疹・皮膚炎群であり、全体の大半を占める。このほか1や魚鱗癬などの角化症、薬疹、悪性腫瘍などが原因となりやすい。何れも不適当な外用療法や温泉療法、薬剤アレルギーなどにより免疫異常などを誘発し、発症する。紅皮症 フレッシュアイペディアより)

  • デルマドローム

    デルマドロームから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    内臓悪性腫瘍などが存在する時に現れる皮膚の症状である(デルマトームとは違う)。胃癌、肺癌といった頻度の高い悪性腫瘍でよく出る。現在でも、この所見があれば、悪性腫瘍の探索目的で画像診断を勧められるが、人間ドックをはじめとする早期診断システムが構築されたため、患者の受診パターンは大きく変化した。当然、すでに悪性腫瘍と診断され、入院している患者にも突然あらわれることがあるので、若手医師はデルマドロームと他の皮膚病変の鑑別に苦労することが多い。他の臓器と異なり、皮膚は見えるので患者がよく気がつくこと、またよく見えるだけに皮膚科学の分類は相当細かいため、若手泣かせの所見である。デルマドローム フレッシュアイペディアより)

  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見た悪性腫瘍

    LSD投与実験自体は末期患者の痛みを和らげようとする試みの中で行われた。エリック・カストとヴィンセント・J・コリンズは激痛を伴うと壊疽の患者に対して、LSDとハイドロモルフィネとメフェリダインの効果を比較した(モルヒネの平均的な消費は減らさなかった)。他の2つの数時間に対し、LSDは数日間苦痛を和らげることに成功した(ただし、LSDの効果はあまりに予測不可能なために鎮痛剤としては不適格である)。さらには緊張の軽減や抑鬱、死への恐怖という基準から見て、患者の3分の2を改善させ、投与を行った被験者達は互いに薬効と連帯感を共有した。LSD体験が残す宗教的、哲学的妄想が死をより耐えやすいものにすると考えられている。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • 消化性潰瘍

    消化性潰瘍から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    胃癌等の悪性腫瘍も潰瘍病変を呈するが本稿では良性の潰瘍について記述。消化性潰瘍 フレッシュアイペディアより)

  • 生活習慣病

    生活習慣病から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    日本では生活習慣に起因する疾病として主として、がん、脳血管疾患、心臓病などが指摘され、それらは日本人の3大死因ともなっている。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。また肥満自体が生活習慣病のひとつともされることがある(なお、肥満に関連して起きる症候群をメタボリックシンドロームとも呼ぶ)。生活習慣病 フレッシュアイペディアより)

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。腎細胞癌 フレッシュアイペディアより)

  • 急性腰痛症

    急性腰痛症から見た悪性腫瘍

    腰痛とは腰背部に疼痛が起こることである。一般に腰背部痛の場合は後腹膜臓器の障害、運動器、皮膚の障害、椎間関節の捻挫などが考えられる。後腹膜臓器の内科的な疾患の場合は重篤な場合が多く、腰痛の患者を見たらまずは内科的な疾患の否定を行うべきである。目安として視診で異常がない皮膚の疾患はほとんどない。後腹膜臓器の疾患の場合は安静時痛であり、体動で痛みが軽減しない(例外が膵炎で丸まった方が楽になる)のが特徴である。運動器の疾患の場合は運動痛がメインになるのが特徴である。整形外科に腰痛を主訴に外来受診をする患者は非常に多い。しかし発症時の症状が強烈なわりに予後が良好であり1週間で約半数が、2週間から1か月で約9割が回復してしまうのが特徴である。家庭医を受診した急性腰痛患者の70%が診断不能で予後が良好でありヘルニアや圧迫骨折などの疾患が約15%でありや感染症が原因となるのは1%以下であるという統計がある。すなわち、腰痛のみで運動器の疾患であろうと考えられたら急性腰痛症という診断でNSAIDsを2週間ほど処方し経過観察をするのが一般的である。急性腰痛症 フレッシュアイペディアより)

  • 受動喫煙

    受動喫煙から見た悪性腫瘍

    環境たばこ煙成分をマウスの皮膚に塗ったりラットの肺に移植することで、またハムスターに煙を吸入させることで、の発生が観察された。これらや他の研究など、動物実験では環境たばこ煙が癌を発生させると言える十分なデータが出されている(など)。受動喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 不明熱

    不明熱から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

     不明熱の原因となる疾患は多岐にわたるが、感染症、膠原病、悪性腫瘍の三つが代表的であり、それ以外に、アレルギー、薬剤熱、詐熱など多数の疾患がある。 不明熱 フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪肉腫

    脂肪肉腫から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    脂肪肉腫(しぼうにくしゅ 英:liposarcoma)は悪性軟部腫瘍(軟部肉腫)の一種で、脂肪細胞に似た腫瘍細胞が増殖するものである。世界保健機関(WHO)の組織型分類で5種類の組織亜型に分けられており、型によってその予後は大きく異なる。悪性腫瘍の中では軟部腫瘍自体数が少なく珍しいが、軟部腫瘍の中では脂肪肉腫は20%ほどを占めており、悪性線維性組織球腫(MFH)についで多い。組織的には脂肪芽細胞の存在が特徴となっている。よく似た名前の「脂肪腫」は良性の腫瘍であり、脂肪肉腫とは別のものである。脂肪肉腫 フレッシュアイペディアより)

1714件中 41 - 50件表示

「がん」のニューストピックワード