2272件中 41 - 50件表示
  • クリゾチニブ

    クリゾチニブから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    非小細胞肺癌患者の6.7%で遺伝子が組み換わって'と'がし、キナーゼ活性を有する異常タンパク質が生成して発癌性と悪性の表現型を示すと思われることが日本から報告された。この融合遺伝子が陽性の患者は主に、若年者、非喫煙者、かつEGFR遺伝子・K-Ras遺伝子変異陰性である。ALK陽性の非小細胞がん患者は全世界で年間4万5千人程度であると推定される。ALK 変異はまた、神経芽細胞腫の約15%にも発生して悪性化に寄与していると思われるが小児の末梢神経系腫瘍では稀である。クリゾチニブ フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪肉腫

    脂肪肉腫から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    脂肪肉腫(しぼうにくしゅ 英:liposarcoma)は悪性軟部腫瘍(軟部肉腫)の一種で、脂肪細胞に似た腫瘍細胞が増殖するものである。世界保健機関(WHO)の組織型分類で5種類の組織亜型に分けられており、型によってその予後は大きく異なる。悪性腫瘍の中では軟部腫瘍自体数が少なく珍しいが、軟部腫瘍の中では脂肪肉腫は20%ほどを占めており、悪性線維性組織球腫(MFH)についで多い。組織的には脂肪芽細胞の存在が特徴となっている。よく似た名前の「脂肪腫」は良性の腫瘍であり、脂肪肉腫とは別のものである。脂肪肉腫 フレッシュアイペディアより)

  • 急性腰痛症

    急性腰痛症から見た悪性腫瘍

    整形外科に腰痛を主訴に外来受診をする患者は非常に多い。しかし発症時の症状が強烈なわりに予後が良好であり1週間で約半数が、2週間から1か月で約9割が回復していくのが特徴である。家庭医を受診した急性腰痛患者の70パーセントが診断不能で予後が良好でありヘルニアや圧迫骨折などの疾患が約15パーセントでありや感染症が原因となるのは1パーセント以下であるという統計がある。すなわち、腰痛のみで運動器の疾患であろうと考えられたら急性腰痛症という診断でNSAIDsを2週間ほど処方し経過観察をするのが一般的である。急性腰痛症 フレッシュアイペディアより)

  • がん対策基本法

    がん対策基本法から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    がん対策基本法(がんたいさくきほんほう、平成18年6月23日法律第98号)は、がん対策について定めた日本の法律。第164回通常国会において提出された議員立法で、この国会中に成立した。がん対策基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 薬剤耐性

    薬剤耐性から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    医学、薬理学、微生物学の分野では、特に細菌やウイルスなどの病原性微生物やがん細胞などが、それらの病原体による疾患を治療する抗生物質や抗癌剤など(化学療法剤)の薬剤に対して抵抗力を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなることを指し、この場合「薬剤耐性」という語が用いられることがもっとも多い。薬剤耐性 フレッシュアイペディアより)

  • 発熱

    発熱から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    一日の体温差が1℃以上の変化をとるが、37℃以下にまでは下がらないもの。敗血症、ウイルス感染症をはじめ種々の感染症、化膿性疾患、悪性腫瘍、膠原病などでみられる。発熱 フレッシュアイペディアより)

  • 中間径フィラメント

    中間径フィラメントから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    医学領域では、比較的高分化な腫瘍が、由来となった組織の中間径フィラメントの細胞特異性を失わないことを利用して、病理診断の際に組織型を鑑別するための、酵素抗体法免疫染色のマーカーとして用いられる。しかし、極めて低分化な悪性腫瘍になると、中間径フィラメントにも変異を生じていることがあり、必ずしも上手くいかない。具体的には悪性上皮性腫瘍である癌腫は一般にはケラチンを発現し、一方間葉系のマーカーであるビメンチンは発現しない傾向があるが、癌腫の分化度が低くなるにつれて、ケラチンの発現は弱くなり、ビメンチンの発現が起こるようになる。また、非上皮性腫瘍であっても、一般に上皮性マーカーと呼ばれているケラチンなどが発現することもあり、診断を行なう際には複数のマーカーをあわせて診断する必要がある。中間径フィラメント フレッシュアイペディアより)

  • 笹川美和

    笹川美和から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    向日葵 - NHKがんサポートキャンペーンソング笹川美和 フレッシュアイペディアより)

  • ビトロネクチン

    ビトロネクチンから見た悪性腫瘍

    ビトロネクチン(英:vitronectin)は、血液や細胞外マトリックスに存在する糖タンパク質で、細胞接着・細胞進展を促す細胞接着分子である。組織形成維持、血液凝固線溶系、免疫補体系、組織修復、転移、神経細胞の分化や突起伸長で重要なはたらきをする。ビトロネクチン フレッシュアイペディアより)

  • テロメラーゼ

    テロメラーゼから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    テロメラーゼ活性が低い細胞は、一般に細胞分裂ごとにテロメアの短縮が進み、やがてヘイフリック限界と呼ばれる細胞分裂の停止が起きる。テロメラーゼは、ヒトでは生殖細胞・幹細胞・ガン細胞などでの活性が認められ、それらの細胞が分裂を継続できる性質に関与している。このことから、活性を抑制することによるガン治療、および活性を高めることによる細胞分裂寿命の延長、その両面から注目を浴びている。テロメラーゼ フレッシュアイペディアより)

2272件中 41 - 50件表示

「がん」のニューストピックワード