1714件中 61 - 70件表示
  • 中間径フィラメント

    中間径フィラメントから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    医学領域では、比較的高分化な腫瘍が、由来となった組織の中間径フィラメントの細胞特異性を失わないことを利用して、病理診断の際に組織型を鑑別するための、酵素抗体法免疫染色のマーカーとして用いられる。しかし、極めて低分化な悪性腫瘍になると、中間径フィラメントにも変異を生じていることがあり、必ずしも上手くいかない。具体的には悪性上皮性腫瘍である癌腫は一般にはケラチンを発現し、一方間葉系のマーカーであるビメンチンは発現しない傾向があるが、癌腫の分化度が低くなるにつれて、ケラチンの発現は弱くなり、ビメンチンの発現が起こるようになる。また、非上皮性腫瘍であっても、一般に上皮性マーカーと呼ばれているケラチンなどが発現することもあり、診断を行なう際には複数のマーカーをあわせて診断する必要がある。中間径フィラメント フレッシュアイペディアより)

  • 化学療法

    化学療法から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    今日、単に化学療法といった場合は、抗がん剤治療、つまりがん化学療法を指さす場合が多い。他の治療法、例えば外科手術、放射線療法と対比する場合に使われる。化学療法 フレッシュアイペディアより)

  • 転移 (医学)

    転移 (医学)から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍とに分類されるが、このうち、悪性腫瘍のみが浸潤や転移を行う。見掛け上、良性腫瘍であっても、転移が起こった場合には悪性腫瘍とみなされる。転移 (医学) フレッシュアイペディアより)

  • 肺癌

    肺癌から見た悪性腫瘍

    肺扁平上皮癌(はいへんぺいじょうひがん、Squamous cell carcinoma)は、気管支の(厳密には扁平上皮化生した細胞。生理的には、扁平上皮は気道においては口腔や声帯など上気道の一部の細胞であり、正常な下気道のどこにも扁平上皮は存在しない)から発生する。喫煙との関係が大きく、中枢側の気管支から生ずることが多い。喀痰細胞診では、パパニコロウ染色にて扁平上皮細胞から分泌されたケラチンがオレンジに染まることが特徴的である。病理組織学的検査では、扁平上皮細胞の球から内側に分泌されたケラチンが纏まり真珠のように見られることがあり、癌真珠とよばれる。血液検査ではSCC、CYFRA (シフラ) が腫瘍マーカーとなる。肺癌 フレッシュアイペディアより)

  • 肺癌

    肺癌から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    肺癌(はいがん、Lung cancer)とは肺に発生する、上皮細胞由来の悪性腫瘍。90%以上が気管支原性癌 (bronchogenic carcinoma) 、つまり気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌である。国際肺癌学会によれば、肺癌は世界的に最も致死的ながんであるが、その理由の1つは、多くの場合発見が遅すぎて効果的な治療を行うことができないことであり、早期に発見された場合は手術か放射線治療でその多くを治癒することができる。肺癌 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄欠乏性貧血

    鉄欠乏性貧血から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    胃潰瘍、胃癌、痔、大腸癌、などの消化管出血が鉄欠乏の原因となることがある。特に右半大腸癌は鉄欠乏性貧血が唯一の症状であることがある。まれに他の悪性腫瘍が原因で慢性的に出血して鉄欠乏性貧血を生じる事もある。鉄欠乏性貧血 フレッシュアイペディアより)

  • 播種性血管内凝固症候群

    播種性血管内凝固症候群から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    、急性白血病 : がん細胞や白血病細胞に発現した組織因子により、凝固活性化をきたす。播種性血管内凝固症候群 フレッシュアイペディアより)

  • テロメラーゼ

    テロメラーゼから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    テロメラーゼ活性が低い細胞は、一般に細胞分裂ごとにテロメアの短縮が進み、やがてヘイフリック限界と呼ばれる細胞分裂の停止が起きる。テロメラーゼは、ヒトでは生殖細胞・幹細胞・ガン細胞などでの活性が認められ、それらの細胞が分裂を継続できる性質に関与している。このことから、活性を抑制することによるガン治療、および活性を高めることによる細胞分裂寿命の延長、その両面から注目を浴びている。テロメラーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 毒性学

    毒性学から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    発癌性:がんの原因となる性質。毒性学 フレッシュアイペディアより)

  • 電磁波

    電磁波から見た悪性腫瘍

    2011年5月31日、WHO(世界保健機関)のIARC(国際がん研究機関)は、携帯電話の電磁波と発がん性の関連について、限定的ながら「可能性がある」とする分析結果を発表した。携帯電話を耳にあてて長時間通話を続けると、脳などのを発症する危険性があがる可能性がある、とし、癌を発症する危険性を上げないための予防策としては、マイク付イヤホンを使用することを挙げた。電磁波 フレッシュアイペディアより)

1714件中 61 - 70件表示

「がん」のニューストピックワード