1714件中 71 - 80件表示
  • 胃癌

    胃癌から見た悪性腫瘍

    胃癌(いがん、英: Stomach cancer、独: Magenkrebs, MK)は胃に生じるの総称。胃癌 フレッシュアイペディアより)

  • 乳癌

    乳癌から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    病理医はふつう、腫瘍の組織型と、顕微鏡的なレベルの進行度合い(浸潤性であるか否か、など)を生検の報告に記述している。浸潤性乳癌の殆どは腺癌 (adenocarcinoma) であり、その中で最も普通の亜型は浸潤性乳管癌 (infiltrating ductal carcinoma ICD-O code 8500/3) である。他の亜型としては浸潤性小葉癌 (infiltrating lobular carcinoma ICD-O code 8520/3)、髄様癌(medullary carcinoma)、粘液癌(mucinous carcinoma)、管状癌(tubular carcinoma)、浸潤性微小乳頭癌(invasive micropapillary carcinoma)、化生癌(metaplastic carcinoma) などがある。稀に、腺癌以外の癌腫(あるいは癌腫以外の悪性腫瘍)がみられる。乳癌 フレッシュアイペディアより)

  • がん対策基本法

    がん対策基本法から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    がん対策基本法(がんたいさくきほんほう、平成18年6月20日法律第98号)は、がん対策について定めた日本の法律。第164回通常国会において提出された議員立法で、この国会中に成立した。がん対策基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 横山友美佳

    横山友美佳から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    その後、2005年3月に発症したがん治療の為、国立がんセンター中央病院へ入院し院内の都立墨東養護学校(現東京都立墨東特別支援学校)いるか分教室へ転校。2006年4月早稲田大学教育学部に入学するも、がん再発のため6ヶ月で自主退学した。横山友美佳 フレッシュアイペディアより)

  • テタ・ランド

    テタ・ランドから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    彼はフランスのパリにて、2008年7月14日に悪性腫瘍との闘病の末に亡くなった。彼の最期の数年間は、多くのアンゴラの音楽グループを再結成させようとしていた。テタ・ランド フレッシュアイペディアより)

  • ローリン・ハード

    ローリン・ハードから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    それから活動の無い時期を記録したのちに、2008年の12月26日―長年にわたり闘病してきたガンによって逝去。かくしておおよそ10年間にわたった『ローリン・ハード』の歴史もそこに終幕を迎えたのであった。ローリン・ハード フレッシュアイペディアより)

  • 大内臓神経

    大内臓神経から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    大内臓神経に含まれるのは交感神経繊維であり、これらは小内臓神経とともに腹腔神経節から腹部の血管や小腸などの内臓に分布し消化の抑制などに働いている。これと拮抗するのは迷走神経である。また大・小内臓神経には求心性の繊維も含まれており、これにより内臓痛が伝えられている。したがって、腹部悪性腫瘍などによる難治性の疼痛に対してこれらをブロックすることにより、痛みをやわらげることがある。大内臓神経 フレッシュアイペディアより)

  • デリーテッド・フィールド・スパニエル

    デリーテッド・フィールド・スパニエルから見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    その容姿はフィールド・スパニエルとはかけ離れた姿をしているといわれている。頭部は大きく重く、垂れ耳は長く、飾り毛がある。マズルは短くて先が平らで、首は短い。体高が低く、胴が長く脚が短く細いため腹部が垂れ下がり、脚は湾曲している。後ろ脚は特に弱く、走ることが出来ない。コートは柔らかくウエーブがかったロングコートで、毛色はブラック又はゴールデン・レバー。コートの量はフィールド・スパニエルよりも多い。中型犬サイズで、性格は大人しく友好的な面が原種から受け継がれている。遺伝的にかかりやすい病気は緑内障、白内障、難口蓋過長症、外耳炎、気管虚脱、椎間板ヘルニア、慢性腰痛、心臓疾患、関節疾患、骨折、内分泌系疾患、悪性腫瘍、先天性奇形などが挙げられる。デリーテッド・フィールド・スパニエル フレッシュアイペディアより)

  • 平和の地政学

    平和の地政学から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    スパイクマンは1943年に49歳でにより亡くなった。この時に残された資料や地図、手紙、講演録などを再構成してまとめたのがこの著作である。平和の地政学 フレッシュアイペディアより)

  • 光断層撮影

    光断層撮影から見た悪性腫瘍悪性腫瘍

    2000年頃以降の発展としては、生体組織の蛍光断層撮影のためのシステムが開発されてきたことが挙げられる。それらにおいては、組織を透過した蛍光信号が、組織を透過した励起信号によって規格化され、そのため(この分野の研究はまだ発展中とはいえ)蛍光断層撮影システムの大多数では時間分解あるいは周波数ドメインのデータは不要である。人体への蛍光分子の投与は極めて限定されているため、蛍光断層撮影の成果のほとんどは悪性腫瘍の臨床前研究の分野におけるものである。商用・学術研究の両方において腫瘍タンパク質の発現と生成および治療への反応の追跡調査における有効性が示されている。光断層撮影 フレッシュアイペディアより)

1714件中 71 - 80件表示

「がん」のニューストピックワード