前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
308件中 1 - 10件表示
  • アンタッチャブル

    アンタッチャブル (お笑いコンビ)から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    1990年代後半 - 2001年には、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)、アンジャッシュとの3組で結成したユニット「ゲバルト一族」のオムニバスライブで人気を博した。アンタッチャブル (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • パローレ

    パローレから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    パローレはくりぃむしちゅーの初主演映画。2004年公開。主題歌は烏丸せつこと有田哲平の「あまい囁き」。パローレ フレッシュアイペディアより)

  • ボキャブラ天国

    ボキャブラ天国から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    主な常連出場者は爆笑問題、BOOMER、ネプチューン、男同志、金谷ヒデユキ、X-GUN、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)、つぶやきシロー、Take2、アニマル梯団、MANZAI-C、ロンドンブーツ1号2号、山崎邦正。ボキャブラ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 笑いの金メダル

    笑いの金メダルから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    くりぃむしちゅー(2004年4月16日 - 2007年6月24日)笑いの金メダル フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    視聴者投稿を元に作られていたテレビ番組『タモリのボキャブラ天国』(フジテレビ、タモリ司会)が、徐々にその性格を変えて「大勢の若手芸人がネタを競い合う番組」に変化すると、若い女性などを中心とする特定層の支持を集めたが、番組の人気凋落に伴い、ほとんどの出演者が次第に存在感自体をフェードアウトさせてゆく(つまるところ、しっかりとした下積み経験があったわけではない「ポッと出」の出演者が、視聴者のバブル人気に舞い上がっていただけであった。この現象はのちにも『爆笑オンエアバトル』や『エンタの神様』で繰り返されることになる)。この番組をきっかけに知名度を得た世代をお笑い第四世代と呼ぶことが多い。爆笑問題(厳密に言うと第四世代ではない)、ネプチューン、海砂利水魚(現:くりぃむしちゅー)、ロンドンブーツ1号2号などは、のちに各局で冠番組を持つことになる。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

    くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンは、ニッポン放送の深夜放送オールナイトニッポンで、お笑いコンビのくりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)がパーソナリティを担当していたラジオ番組。くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • Bachicco!

    Bachicco!から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    『ばちこい!』の初代MCであったくりぃむしちゅーの有田哲平がプロデューサーとなり、2001年6月結成された。同10月CDデビュー。Bachicco! フレッシュアイペディアより)

  • ブンブンサタデー

    ブンブンサタデーから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    前枠の『23 SATURDAY DREAM SHOW』がリニューアル。チーフプロデューサーは清水宏泰。前枠に出演していたくりぃむしちゅーと青木さやか・MEGUMIが、放送枠継承の形で引き続き出演している。ブンブンサタデー フレッシュアイペディアより)

  • 鶴の間

    鶴の間から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    第035回 2005年11月29日 有田哲平 (くりぃむしちゅー鶴の間 フレッシュアイペディアより)

  • ばちこい!

    ばちこい!から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    お笑いコンビ、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)が司会を務めた番組であり、ローカル番組としては、全国区のタレントを起用していた番組である。海砂利水魚降板後は、出演者のやるせなすが司会に起用された。本番組終了後は、後継番組として、おぎやはぎと愛川ゆず季司会の『ポイチョ!』が放送された。ばちこい! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
308件中 1 - 10件表示

「くりぃむしちゅー」のニューストピックワード