308件中 21 - 30件表示
  • 西川貴教のオールナイトニッポン

    西川貴教のオールナイトニッポンから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    番組がCMに入り、スタジオを出てジュースを飲んでいる時に「知ってる?24時。」を担当していた上田晋也(くりぃむしちゅー)に会い、本番10秒前まで話をして、慌てて帰って来た。西川貴教のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • アンタッチャブルのシカゴマンゴ

    アンタッチャブルのシカゴマンゴから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    2月25日 - 3月18日:有田哲平(くりぃむしちゅー)とゆってぃが出演。アンタッチャブルのシカゴマンゴ フレッシュアイペディアより)

  • 有田 哲平

    有田哲平から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    有田 哲平(ありた てっぺい、1971年2月3日 - )は、日本のお笑い芸人、司会者。お笑いコンビくりぃむしちゅーのメンバーで、相方は上田晋也。愛称はアリペイ、アリペー。有田哲平 フレッシュアイペディアより)

  • 天才ビットくん

    天才ビットくんから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    シンヤ・プラワン:上田晋也(くりぃむしちゅー)(2003年4月11日 - 2007年3月30日)天才ビットくん フレッシュアイペディアより)

  • アンジャッシュ

    アンジャッシュから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    1990年代後半 - 2001年には、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)とアンタッチャブルによるユニット「ゲバルト一族」のオムニバスライブで話題となる。アンジャッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 知ってる?24時。

    知ってる?24時。から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    初代・上田晋也(くりぃむしちゅー) - 2003年3月31日?2005年6月30日(自称 終身名誉パーソナリティー)知ってる?24時。 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    くりぃむしちゅー ・有田哲平(2004年2月15日) ?38,000ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • くりぃむナントカ

    くりぃむナントカから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    『くりぃむナントカ』は、2004年10月5日から2008年9月3日まで放送し、2009年1月3日からは年数回の特別番組としてテレビ朝日系列などで放送されているバラエティ番組で、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの冠番組である。くりぃむナントカ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎 弘也

    山崎弘也から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    1990年代後半 - 2001年、「アンタッチャブル」は、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)、アンジャッシュとの3組で結成したユニット「ゲバルト一族」のオムニバスライブに参加。 1990年代半ば、『ボキャブラ天国』(フジテレビ)シリーズに出演。 1999年から『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)に出場し、2004年の第6回大会で優勝を果たした。 2003年の『M-1グランプリ』(ABCテレビ)で敗者復活戦を勝ち上がり、最終決戦へ進出(結果3位)。 2004年『M-1グランプリ 』(ABCテレビ)では、標準語の漫才師として初の優勝を飾り、賞金1000万円を手にした。山崎弘也 フレッシュアイペディアより)

  • 日村 勇紀

    日村勇紀から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    愛称は「日村さん」(相方の設楽が使う。日村も相方を「設楽さん」と呼ぶ)・「ヒムケン」など。「ヒムケン」とは、主にくりぃむしちゅー、土田晃之、爆笑問題、アンジャッシュなどから呼ばれている。日村によると「ボキャブラ世代の芸人は大体そう呼ぶ」と述べている。フルネームが「日村勇紀」であるにもかかわらずニックネームは「ヒムケン」である。これは、本田みずほが「陸上部」時代の相方である原田健(ただし読みは「たけし」)を「ハラケン」と呼んでおり、ついでに日村も「ヒムケン」と呼び出したのがX-GUNを介して広まったものである。設楽も以前は日村のことをヒムケンと呼んでおり、初めて会ったときに「ヒムケンって呼んで」と日村が自分から言ってきたらしい。他にもラジオの中では「ヒムペキ兄さん」と呼ばれていた。日村勇紀 フレッシュアイペディアより)

308件中 21 - 30件表示

「くりぃむしちゅー」のニューストピックワード