365件中 71 - 80件表示
  • オールナイトニッポン高校水泳部

    オールナイトニッポン高校水泳部から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    プール清掃員・上田 - 上田晋也(くりぃむしちゅーオールナイトニッポン高校水泳部 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・ワールド・オーダー

    ニュー・ワールド・オーダーから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    ボキャブラ天国では海砂利水魚(現:くりぃむしちゅー)がnWoをモデルにした「bAd」なるヒール軍団を結成したことがある。メンバーは海砂利水魚、X-GUN、アンタッチャブル、アリtoキリギリス(後に脱退)ニュー・ワールド・オーダー フレッシュアイペディアより)

  • アナ☆ログ

    アナ☆ログから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    くりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)2008年8月12日アナ☆ログ フレッシュアイペディアより)

  • 新田博邦

    新田博邦から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    また、その頃より映画プロデュースも手掛け、「湾岸ミッドナイト」を始め、「キャンプで会いましょう」など、主に(株)徳間大映と組んだ作品が多く、又、自ら?ピンクプラネッツ?という映画レーベルを立ち上げ、低予算の良質な映画を作るというコンセプトの基、くりぃむしちゅー主演の「パローレ〜甘い囁き」オセロの松嶋尚美主演の「シナリオライター☆松本マリコの課題」を製作する。又、海外とのコラボレーションも多くフィリピン他、香港との共同製作「少林キョンシ―」もある。新田博邦 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤淳 (テレビ番組)

    遠藤淳 (テレビ番組)から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    出演者の二人は、この番組の名前を「センスが古い」と言っていた。ちなみに、このようなネーミングは島田紳助とダウンタウン・松本人志が出演する「松本紳助」、ネプチューン・堀内健とくりぃむしちゅー・有田哲平が出演する「アリケン」と、そのスピンオフ番組である「ホリペイ」などがある。遠藤淳 (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 松尾紀明

    松尾紀明から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    2007年9月結婚。結婚式にはかつて担当していた番組のパーソナリティのくりぃむしちゅー・aiko・ゆずなどが駆けつけた。そのときの来賓の人のスピーチが印象的だったため、『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』やゆずが出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日)でネタにされていた。松尾紀明 フレッシュアイペディアより)

  • パイレーツ (タレント)

    パイレーツ (タレント)から見た海砂利水魚くりぃむしちゅー

    ボキャブラ天国では、成績もあまり良くなく、多くの審査員からは評価されなかったが、大島渚や鈴木史朗は高得点を出していた。このため、評価は高くなかったものの、30点満点中10点台、もしくはそれ以下が、ほとんどであった。しかし、2007年の復活スペシャルでは30点満点中23点の好スコアを叩きだした。コンビ名や個人名をボキャブるネタが大半を占めていた。多くの人が「2人を口説いた」というネタが蔓延してしまい、海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)やネプチューンの原田泰造はいろいろとネタにされた結果、開き直って自虐ネタに換えていた。パイレーツ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • パイレーツ (タレント)

    パイレーツ (タレント)から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    ボキャブラ天国では、成績もあまり良くなく、多くの審査員からは評価されなかったが、大島渚や鈴木史朗は高得点を出していた。このため、評価は高くなかったものの、30点満点中10点台、もしくはそれ以下が、ほとんどであった。しかし、2007年の復活スペシャルでは30点満点中23点の好スコアを叩きだした。コンビ名や個人名をボキャブるネタが大半を占めていた。多くの人が「2人を口説いた」というネタが蔓延してしまい、海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)やネプチューンの原田泰造はいろいろとネタにされた結果、開き直って自虐ネタに換えていた。パイレーツ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 有田&山崎のひきだし太郎

    有田&山崎のひきだし太郎から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    くりぃむしちゅー有田哲平とアンタッチャブル山崎弘也が司会の「日本一無責任なトーク番組」。有田、山崎共に個人で、初の冠番組となった。ナレーターは第1回は丸山詠二、第2回以降は大岡優一郎(テレビ東京アナウンサー)。ゲスト出演者は番組宣伝的な要素が強く、有田に言わせると「TBSでいえば、『オールスター感謝祭』」のようなもの。第3回以降、番組マスコットとして、白いひきだしを全身にまとった「ひきだし太郎」くんが登場。第3回は、『アリケン』に出演している堀内健が「呼んでよー」と、中からサプライズ登場した。第4回は、特に演出はなく、番組冒頭トークで、有田曰く、「巨人でいえば、ジャビットくん」だが、「(白いひきだしだらけの)背景と同化していてよくわからない」などと言われ目立たない。有田&山崎のひきだし太郎 フレッシュアイペディアより)

  • オールナイトニッポン 週替わりスペシャル

    オールナイトニッポン 週替わりスペシャルから見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    金曜2部の枠が週替わりとなったのは1994年4月8日から1996年6月28日まで。そのトップを切ったのは、後に同じオールナイトニッポンの金曜1部のパーソナリティを務めることとなるますだおかだだった。この他にも、1995年から「ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!」のパーソナリティとなるドリアン助川、そして後にオールナイトニッポンのパーソナリティとなる古内東子、木村匡也、西川貴教(T.M.Revolution)、2005年7月5日からパーソナリティを務めているくりぃむしちゅー(この当時は海砂利水魚)など、この枠で起用されたパーソナリティの中から後にニッポン放送でパーソナリティを務めている人が何人か出ている。初期の頃は吉本興業の芸人が数名出演する「ラジオ7丁目劇場」がほぼ月1回の企画、1995年10月から1996年6月まではThe JUICEのゆき丸がマンスリーパーソナリティを務めていた。オールナイトニッポン 週替わりスペシャル フレッシュアイペディアより)

365件中 71 - 80件表示

「くりぃむしちゅー」のニューストピックワード