ことば ニュース&Wiki etc.

三位一体の改革(さんみいったいのかいかく)は、日本において国と地方公共団体に関する行財政システムの3つの改革、すなわち「国庫補助負担金の廃止・縮減」「税財源の移譲」「地方交付税の一体的な見直し」をいう。「三位一体の改革」というキーワードは経済財政諮問会議にて片山虎之助総務大臣より提示された(2002年)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「三位一体の改革」のつながり調べ

  • 構想日本

    構想日本から見た三位一体の改革

    三位一体」改革 : 国から地方への分権(法律から条例への授権)を大幅に拡大する提言 → 2004年6月 閣議決定(構想日本 フレッシュアイペディアより)

  • 御津町 (愛知県)

    御津町 (愛知県)から見た三位一体の改革

    歳入総額は前年度と比べて1億5,229万円(3.3%)減少した。三位一体の改革の影響により、町税が増加した代わりに地方交付税が大幅に減額された。このほか、主な増加要因として地方譲与税の増額(5,248万円増)、減少要因として寄附金の大幅な減少(1億9,135万円減)などが挙げられる。(御津町 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

「三位一体の改革」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ことば」のニューストピックワード