前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • 地方財政

    地方財政から見た三位一体の改革三位一体の改革

    国と地方の財政は密接な結びつきがある。その背景として、後掲のような国から地方への補助が歳入の大きな割合を占めることがある。地方税が全体の収入に占める割合は30%から40%程度で推移しており、これが日本の地方自治を「三割自治」と揶揄する所以となっている。今後は地方分権によって地方に税源を移譲することが期待されている。平成19年分の所得税と、平成20年度の住民税の間で税源移譲が行われ、地方の税収割合は増加した(三位一体の改革を参照)。地方財政 フレッシュアイペディアより)

  • 聖域なき構造改革

    聖域なき構造改革から見た三位一体の改革三位一体の改革

    発想そのものは新自由主義経済派の小さな政府論より発したものである。郵政事業の民営化、道路関係四公団の民営化等、政府による公共サービスを民営化などにより削減し、市場にできることは市場にゆだねること、いわゆる「官から民へ」、また、国と地方の三位一体の改革、いわゆる「中央から地方へ」を改革の柱としている。聖域なき構造改革 フレッシュアイペディアより)

  • 増田寛也

    増田寛也から見た三位一体改革三位一体の改革

    「国→都道府県→市町村」への権限委譲を主張し、全国知事会会長選挙に立候補して「闘う知事会」を主張。また、全国紙に論説を寄稿したり、県の権限を「パッケージ」単位にして、市町村へ積極的に委譲した。小泉純一郎首相(当時)の推進した三位一体改革の理念には賛同したが、その地方分権・税源移譲の程度は「不十分なもの」と指摘し、「霞ヶ関によって改革が骨抜きにされた」と述べている。道州制導入に積極的な態度を示し、実際に働きかけてもいた。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た三位一体の改革三位一体の改革

    「構造改革なくして景気回復なし」をスローガンに、道路関係四公団・石油公団・住宅金融公庫・交通営団など特殊法人の民営化など小さな政府を目指す改革(「官から民へ」)と、国と地方の三位一体の改革(「中央から地方へ」)を含む「聖域なき構造改革」を打ち出し、とりわけ持論である郵政三事業の民営化を「改革の本丸」に位置付けた。特殊法人の民営化には族議員を中心とした反発を受けた。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三位一体改革

    三位一体改革から見た三位一体の改革三位一体の改革

    三位一体改革 フレッシュアイペディアより)

  • 所得譲与税

    所得譲与税から見た三位一体の改革三位一体の改革

    その根拠は所得譲与税法であり、いわゆる三位一体の改革の移行過程における国と地方の税源移譲のための法律である。所得譲与税 フレッシュアイペディアより)

  • 義務教育費国庫負担

    義務教育費国庫負担から見た三位一体の改革三位一体の改革

    小泉政権下で推進された三位一体の改革においては、国庫負担金の中でももっとも金額の大きい義務教育費国庫負担制度の存廃が大きな問題となった。義務教育費国庫負担 フレッシュアイペディアより)

  • 地方六団体

    地方六団体から見た三位一体の改革三位一体の改革

    2003年から政府が進める三位一体の改革にあたっては、この申し出や意見書の規定を活用して、地方自治の立場から団結して積極的に改革案を提出するなど、独自の姿勢を打ち出している。政策形成に影響力を拡大してきたが、最近は財政力の違いなどから意見の相違が表面化している。地方六団体 フレッシュアイペディアより)

  • 地域医療

    地域医療から見た三位一体の改革三位一体の改革

    2000年前後から、人口の少ない市町村の自治体病院や、へき地診療所の経営困難が表面化している。これは、いわゆる三位一体の改革で地方交付税を減らされた自治体が、赤字の公立医療機関を支えきれなくなったためである。診療報酬の改訂で、医療機関の収入が減少したことも、この傾向に拍車をかけた。また臨床研修制度の施行に伴う医師不足も深刻で、産婦人科や小児科などでは、診療科の閉鎖が相次いでいる。地域医療の中心となる公的医療機関の体力は、ここ数年で急激に消耗しており、地域医療の提供体制にほころびが生じかねない状態となっている。地域の医療供給体制を維持・発展させるために、あらためて地域の住民との連携や協働が必要になってきている。地域医療 フレッシュアイペディアより)

  • シャウプ勧告

    シャウプ勧告から見た三位一体の改革三位一体の改革

    このシャウプ勧告に基づく地方税制は、基本的な構成は現在まで継続しているものの、その後一部が変更され、平衡交付金は地方交付税に変えられ、国庫補助金制度で補助金の使途が国によって定められ、「三割自治」と呼ばれるように地方自治の独立性が失われたと言われている。その後長い間この状態が続き、地方自治の独立性の強化は、2001年の小泉政権の誕生による「三位一体の改革」でようやく議論されることとなった。シャウプ勧告 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「ことば」のニューストピックワード