43件中 11 - 20件表示
  • 長田組土木

    長田組土木から見た三位一体の改革三位一体の改革

    日本の建設業はオイルショック以来公共事業が抑制され、山梨県でも建設需要の低迷により「冬の時代」を迎えており、近年は三位一体の改革により県の発注工事も減少している。県内の建築業者は異業種への転換を図り長田組も住宅建設に着手していたが、業績が悪化したことに加え2006年には公正取引委員会から課徴金を受けたことにより資金繰りも悪化し、2006年の受注高は13位と急激に落ち込んでいた。さらに竣工した遊戯施設の運営会社が直後に倒産し、回収困難になったことがとどめとなり、主要金融機関と再建計画を詰めていたが債務超過となってしまったため2008年2月23日に東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。長田組土木 フレッシュアイペディアより)

  • 地方六団体

    地方六団体から見た三位一体の改革三位一体の改革

    2003年から政府が進めた三位一体の改革にあたっては、地方自治法の申し出や意見書の規定を活用して、地方自治の立場から団結して積極的に改革案を提出するなど独自の姿勢を打ち出した。政策形成に影響力を拡大してきたが、最近は財政力の違いなどから意見の相違が表面化している。地方六団体 フレッシュアイペディアより)

  • 御津町 (愛知県)

    御津町 (愛知県)から見た三位一体の改革三位一体の改革

    歳入総額は前年度と比べて1億5,229万円(3.3%)減少した。三位一体の改革の影響により、町税が増加した代わりに地方交付税が大幅に減額された。このほか、主な増加要因として地方譲与税の増額(5,248万円増)、減少要因として寄附金の大幅な減少(1億9,135万円減)などが挙げられる。御津町 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 市場化テスト

    市場化テストから見た三位一体の改革三位一体の改革

    行政の効率化。「小さくて効率的な政府」をスローガンに、三位一体の改革と並んだ、共通の目的である。市場化テスト フレッシュアイペディアより)

  • 若松謙維

    若松謙維から見た三位一体改革三位一体の改革

    2000年の第42回衆議院議員総選挙では民主党の新人大島敦に2342票差で敗れるが、比例北関東ブロックで復活当選した。2002年、第1次小泉内閣と改造内閣で総務副大臣を務め、三位一体改革の原案を作成する。若松謙維 フレッシュアイペディアより)

  • 地方税

    地方税から見た三位一体の改革三位一体の改革

    三位一体の改革 - 地方税・国庫補助金・地方交付税の見直しを一体的に進める改革。地方税 フレッシュアイペディアより)

  • シャウプ勧告

    シャウプ勧告から見た三位一体の改革三位一体の改革

    このシャウプ勧告に基づく地方税制は、基本的な構成は現在まで継続しているものの、その後一部が変更され、平衡交付金は地方交付税に変えられ、国庫補助金制度で補助金の使途が国によって定められ、「三割自治」と呼ばれるように地方自治の独立性が失われたと言われている。その後長い間この状態が続き、地方自治の独立性の強化は、2001年の小泉政権の誕生による「三位一体の改革」でようやく議論されることとなった。シャウプ勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 児童扶養手当

    児童扶養手当から見た三位一体の改革三位一体の改革

    なお、2005年度の予算作成にあたって政府が推進する三位一体の改革において、地方六団体が提出した補助金削減案に対抗して厚生労働省が提出した削減案には、生活保護費とともに児童扶養手当費の国の負担割合を軽減することが盛り込まれていた。厚生労働省は、生活保護受給者や母子世帯の就労・自立を援助することによってこれらの費用は抑制が可能であり、地方の裁量に属する経費であるとして国の負担割合軽減を主張した。一方、地方六団体側は、生活保護や児童扶養手当はその施行の詳細が定められた法定受託事務であり、地方の裁量権が少なく、三位一体の改革になじまないとして反対した。結局、2005年度予算については負担割合の変更は行なわれなかったものの、引き続き2006年度予算以降に向けて検討するという結論になった。児童扶養手当 フレッシュアイペディアより)

  • 構想日本

    構想日本から見た三位一体の改革三位一体の改革

    三位一体」改革 : 国から地方への分権(法律から条例への授権)を大幅に拡大する提言 → 2004年6月 閣議決定構想日本 フレッシュアイペディアより)

  • 族議員

    族議員から見た三位一体改革三位一体の改革

    小泉内閣では2001年1月に中央省庁再編の一環として設置されていた経済財政諮問会議を積極的に活用することによって、従来の与党主導ボトムアップ型の政策決定システムだけでなく、官邸主導トップダウン型の政策決定システムを取り入れるようになった。こうした政策決定システムの変更は国会議員ではない民間人からの提言を重視するものであり、与党の国会議員からは不満や批判が出た。首相の小泉純一郎はこうした不満や批判を構造改革に対する「抵抗勢力」と位置づけて排除し、郵政民営化、三位一体改革、政策金融改革などの改革を実現してリーダーシップを発揮し、族議員を弱体化させた。族議員 フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「ことば」のニューストピックワード