305件中 51 - 60件表示
  • ナイマン

    ナイマンから見た言葉言葉

    ナイマン(Naiman)は、チンギス・ハーンのモンゴル統一以前にモンゴル高原に割拠した遊牧民の部族集団。漢字表記は「乃蛮」である。その起源についてはまだ判明されていないが、ウイグルとよく似た始祖説話をもっていたこと及び言語的にテュルク諸語に属する言葉を話していたことからウイグルと同祖を持つ鉄勒(テュルク)の一派の後裔であったと考えられている。ナイマン フレッシュアイペディアより)

  • 伏字

    伏字から見た言葉言葉

    伏字、もしくは伏せ字(ふせじ)とは、何らかの目的で特定の文章全文、特定の単語、単語の一部の文字を記号などに置き換えた言葉を指す。伏字 フレッシュアイペディアより)

  • 書写

    書写から見た言葉言葉

    学校教育において、小学校、中学校、中等教育学校の前期課程などで、国語の言語事項(授業の一部)として行われる。人間の言語文化は主に言葉と文字によって形成されているが、文字がなければ新しい言葉を作る造語能力も無く(文化創造力の欠如)、特に東洋の漢字文化においては、言葉が漢字と密接に関係していることから、義務教育である小・中学校では国語の言語事項に位置づけられている。書写 フレッシュアイペディアより)

  • フォーカシング

    フォーカシングから見た言葉言葉

    現象としてのフォーカシングとは、人がまだ言葉にならない意味のある感覚(フェルト・センス)に注意を向け、その感覚と共に過ごすことをいう。フォーカシングという概念を知っているかいないかにかかわらず、人がそれと意識せず日常的に行っている心的行為である。フォーカシング フレッシュアイペディアより)

  • 保育

    保育から見た言葉言葉

    家庭で行われている子育ては、通常、子どもの命を守り、衣・食・住の世話をする養護の機能と、言葉や生活に必要なことを教える教育の機能を併せ持つ。これを保育という。保育 フレッシュアイペディアより)

  • 精神

    精神から見た言葉言葉

    精神(せいしん)は、心、意識、気構え、気力、理念といった意味を持つ言葉精神 フレッシュアイペディアより)

  • 普遍論争

    普遍論争から見た言葉言葉

    これに対し、オッカムのウィリアムなどの唯名論者は、人間の類の概念、すなわち「人間の普遍概念」は形相的に実在するのではなく、古代のアリストテレスが考えたように、実在するのは具体的な個々の個物であるとした。つまり、人間のミケーレや犬のフェリスや柏の巨木が、個物(レース)として実在しているのである。このとき、「普遍概念」は、類を示す「名前(羅: nomen)」であり、名前は「言葉」として存在するが、類の概念、すなわち普遍概念としての形相的存在は実在しないとした。極端な唯名論を唱えたロスケリヌス (en) は、普遍は音声の風(flatus vocis)にすぎないとしている。このような考えを「唯名論 Nominalisme 」と云う。アベラールの見解では普遍はまず事物よりも神のうちに概念として存在し、その次に物自身のうちに共通な本質的規定として存在し、さらに物の後に人間の悟性のうちにその思惟の結果得られた概念として存在することになるとした。これはプラトンとアリストテレスの折衷的な解釈であった。しかしこのような歩み寄りにもかかわらず論争は続いた。事物、人間の普遍性を認めなければキリスト教の最も重要な教義と矛盾してしまうからである。普遍論争 フレッシュアイペディアより)

  • 歌詞

    歌詞から見た言葉言葉

    歌詞(かし)とは、歌に伴う言葉のことである。歌詞 フレッシュアイペディアより)

  • 意味

    意味から見た言葉言葉

    言葉(単語・用語など)が持っている概念のこと。例えば、「雨」は、音声的には「ア」と「メ」が組み合わさっただけのものであるが、そこには「空から水滴が落ちてくる現象」「空から落ちてくる水滴自体」というような意味が備わっている。意味 フレッシュアイペディアより)

  • なぞなぞ

    なぞなぞから見た言葉言葉

    なぞなぞ(謎謎、なぞ)は、問いかけに対して、とんちを利かせた答えを要求する言葉遊びを用いたクイズである。ただし普通のクイズとは違って正解は事実に基づくものではなく、言葉の意味をこじつけた駄洒落・洒落が多い。韻を踏んでいたり、何かにたとえられたりする。転じて、言葉によって婉曲的にわからせることをもなぞなぞという。なぞなぞ フレッシュアイペディアより)

305件中 51 - 60件表示

「ことば」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画