3224件中 101 - 110件表示
  • スミダ工業

    スミダ工業から見たさいたま市さいたま市

    スミダ工業株式会社(すみだこうぎょう)は、埼玉県さいたま市浦和区に本社を置く企業。スミダ工業 フレッシュアイペディアより)

  • 末田用水

    末田用水から見たさいたま市さいたま市

    末田用水(すえだようすい)は、埼玉県さいたま市岩槻区・越谷市を流れる用水路。末田大用水とも呼称される。末田用水 フレッシュアイペディアより)

  • 関東平野北西縁断層帯

    関東平野北西縁断層帯から見たさいたま市さいたま市

    関東平野北西縁断層帯(かんとうへいやほくせいえんだんそうたい)は、関東平野北西部と関東山地との境界付近からさいたま市見沼区および岩槻区にかけて分布する活断層帯である。関東平野北西縁断層帯 フレッシュアイペディアより)

  • 金子眞吾

    金子眞吾から見たさいたま市さいたま市

    金子 眞吾(かねこ しんご、1950年11月25日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の実業家。凸版印刷代表取締役社長。金子眞吾 フレッシュアイペディアより)

  • 大西民子

    大西民子から見たさいたま市さいたま市

    1949年(昭和24年)埼玉県大宮市(現・さいたま市)に居を移し、埼玉県教育局職員(地方公務員)となる。このころ木俣修に入門、のち「形成」創刊に参加、編集等に携わる。1956年(昭和31年)、第一歌集『まぼろしの椅子』を刊行、以後、『不文の掟』『無数の耳』『花溢れゐき』と続く。10年間別居中の夫と協議離婚。1972年(昭和47年)には同居していた妹、佐代子の急死により身寄りのすべてを失う。1973年(昭和48年)、『雲の地図』を刊行。以後『野分の章』『風水』『印度の果実』『風の曼陀羅』を刊行する。大西民子 フレッシュアイペディアより)

  • 尾間木村

    尾間木村から見たさいたま市さいたま市

    2006年(平成18年)現在におけるさいたま市緑区南西部の大牧、中尾、大間木、井沼方、下山口新田、蓮見新田、東浦和が、ほぼ旧村域にあたる。尾間木村 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋村 (埼玉県)

    三橋村 (埼玉県)から見たさいたま市さいたま市

    三橋村(みはしむら)は、かつて埼玉県北足立郡にあった村。現在のさいたま市大宮区上小町、三橋および西区三橋にあたり、1940年に大宮町、宮原村、日進村、大砂土村と合併して大宮市となり消滅した。1891年に並木村(なみきむら)から改称した。三橋村 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • 日進村

    日進村から見たさいたま市さいたま市

    旧村域は、現在のさいたま市北区の南西部(大成町、櫛引町、日進町あたり)、西区の北東部(宮前町)、および大宮区の北西部に相当する。この地域には、現在川越線日進駅やニューシャトル(埼玉新都市交通伊奈線)鉄道博物館(大成)駅がある。旧村名のうち大成、櫛引などはさいたま市の町名として存続しているが西谷、下加などは消滅し公園名などに名を残すのみである。日進村 フレッシュアイペディアより)

  • 大砂土村

    大砂土村から見たさいたま市さいたま市

    大砂土村(おおさとむら)は埼玉県北足立郡に1889年から1940年の間存在した村。現在は(さいたま市)見沼区の大砂土東地区、北区の大砂土地区と呼ばれる。大砂土村 フレッシュアイペディアより)

  • 太田氏

    太田氏から見たさいたま市さいたま市

    太田資清が扇谷上杉氏に仕え、その子の資長(太田道灌)は武蔵国豊島郡江戸城(東京都千代田区)を築き、上杉定正の執事として活躍したが、定正に殺されたことから、道灌の子資康は山内上杉氏に仕え、後の江戸太田家となった。また、資清・道灌父子は武蔵国入間郡河越城(埼玉県川越市)を築いた。その他、同父子が武蔵国埼玉郡岩槻城(埼玉県さいたま市岩槻区)を築いたという説もある(成田正等によるという説が有力)。道灌の養子資家の子孫がこの岩槻城に入り、岩槻太田家(岩付太田家)となった。更に近年の研究で、江戸・岩槻両太田家の系譜においてその位置づけが不確実な太田永厳(受領名:備中守)と呼ばれる人物が扇谷上杉氏の家宰であった可能性が指摘されており、道灌の嫡流であったこの系統の没落後に江戸・岩槻太田氏が台頭したとする見方もある。太田氏 フレッシュアイペディアより)

3224件中 101 - 110件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード