696件中 91 - 100件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た六日町

    1988年10月31日、旧南魚沼郡六日町と友好都市提携(旧与野市)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た古墳

    弥生時代、古墳時代に入ると、本格的な水稲耕作が行われるようになる中で、低地をのぞむ台地の縁辺部や、低地の自然堤防に多くの集落が形成されるようになった。古墳は、植水古墳群・側ヶ谷戸古墳群(西区)、大久保古墳群・土合古墳群(桜区)など古入間川沿いの台地縁辺部や低地に多く見られる。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た福岡市

    戦後の高度経済成長に伴う東京都心の人口過密によって、至近の現さいたま市域も人口流入が進み、日本で最も人口増加の著しい地域の一つとなった。武蔵野線・埼京線・新幹線・埼玉高速鉄道等の鉄道、東北自動車道・東京外環自動車道・首都高速道路等の高速道路が相次いで開通し、東京都心部への近さから21世紀を迎えても社会増(移住者)が依然続き、市街地の拡大が進んでいる。区画整理事業(一覧)も進んでおり、埼玉スタジアム2002を中心としたみそのウイングシティは計画人口3万人以上の市内最大規模の開発事業となった。2010年から2015年の人口増加率は政令市中で福岡市、仙台市に次いで多い(日本の市の人口順位参照)。また、主要駅周辺部では再開発事業(一覧)が活発化し、高層建築物が増加した。市内で最も高さがある建物はランド・アクシス・タワー(略称:L.A.タワー)(168m)、最も階数が高い建物はライブタワー武蔵浦和(38階)となっている。2001年には戦前(1927年)から数度浮上した合併構想が結実し、さいたま市が発足した(下記)。さいたま新都心には霞が関から政府機関が移転するなど、首都圏における代表的な業務集積地としての一面も見せている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たうなぎ

    浦和のうなぎ(浦和は鰻の蒲焼発祥の地とされており、江戸時代からの老舗店舗が多く残る。うなぎまつりが開催されている。)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た日本年金機構

    日本年金機構北関東・信越ブロック本部(浦和区)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たさいたま市立浦和中学校・高等学校

    さいたま市は、旧浦和市域を中心としてサッカーが盛んな街でもある。現在のさいたま市役所付近に置かれた埼玉師範学校(後の埼玉大学教育学部)が1937年の全国中等学校蹴球大会(後の全国高等学校サッカー選手権大会)で初優勝し、初めて優勝旗が箱根の山を越えた(かつては関西地方で全国大会が開かれていたため)。以来、1950年代から1970年代にかけて浦和高校・浦和西高校・浦和市立高校・浦和南高校が次々と全国制覇し、静岡県や広島県と共に「サッカー御三家」と称された。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た時刻表

    JTBパブリッシングや交通新聞社(都道府県代表駅の記号がない「東京時刻表」を除く)の時刻表における県・市の代表駅は、県庁・市役所の最寄駅である浦和駅となっている。現さいたま市域において初めて鉄道が開通したのは1883年(明治16年)で、現市域で唯一の鉄道駅として浦和駅が開業した(日本鉄道の上野駅 - 熊谷駅間)。また、1885年(明治18年)3月16日には大宮駅が設置された。その後、新たな鉄道路線の開通や新駅の開業により、現さいたま市域を通る路線や駅は次第に増加し、4つの事業者が運行する11の旅客鉄道路線と、31の鉄道駅がある。このうち大宮駅・浦和駅、南浦和駅・北浦和駅・武蔵浦和駅・さいたま新都心駅の6駅は、JR東日本の乗車人員ランキング上位100位内にランクインする。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た千葉市

    さいたま市の気候はケッペンの気候区分に基づけば温暖湿潤気候 (Cfa) に属するが、本州の太平洋側に一般的にみられるように夏季に比べて冬季の降水量が少ない。冬季の降水量の少なさと最低気温の低さは、東京都(大手町)や横浜市、千葉市といった近隣の沿岸部の諸都市と比べ、より顕著である。1月の平均最低気温は-1.5℃であり、さいたま市より北にある群馬県前橋市(-0.8℃)よりも低い。2018年1月24日には-8.6℃(当時は1月の史上最低)、同1月26日には観測史上最低の-9.8℃を記録した。アメダスのさいたま観測点(桜区大字宿)における平年値(1981年 - 2010年の観測結果による)は、年平均気温は14.8℃、年間平均降水量は1346.0mmである。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たツール・ド・フランス

    ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム - ツール・ド・フランス100回を記念してさいたま新都心で開催。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    さいたま市は、旧浦和市域を中心としてサッカーが盛んな街でもある。現在のさいたま市役所付近に置かれた埼玉師範学校(後の埼玉大学教育学部)が1937年の全国中等学校蹴球大会(後の全国高等学校サッカー選手権大会)で初優勝し、初めて優勝旗が箱根の山を越えた(かつては関西地方で全国大会が開かれていたため)。以来、1950年代から1970年代にかけて浦和高校・浦和西高校・浦和市立高校・浦和南高校が次々と全国制覇し、静岡県や広島県と共に「サッカー御三家」と称された。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 91 - 100件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード