696件中 111 - 120件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た新交通システム

    伊奈線(ニューシャトル)(新交通システムさいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たケーキ

    ケーキ(総務庁統計局家計調査年報によると、旧浦和市の1世帯当たりの年間ケーキ購入額が全国で1位となったため、埼玉中央青年会議所(埼玉中央JC)が「ケーキのまち・さいたま」を宣言し、ケーキで街おこしをしようと毎年ケーキにちなんだイベントを開催している。)また、パスタの消費量も全国で1位である。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たPASMO

    乗車方法は後乗り前降り後払い方式で、運賃は整理券方式による区間制である。PASMO・Suica(非接触型IC乗車カード)が利用可能なバス事業者が多く、また、回数券が利用できるバス事業者もある(国際興業バスなど)。ただし、100円均一区間(浦和駅周辺など)では、現金以外で支払うと割引が適用されない。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た鉄道警察隊

    鉄道警察隊(大宮区・大宮駅西口)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た豆腐ラーメン

    豆腐ラーメン (豆腐とひき肉の餡がかかったラーメン。埼玉県のご当地ラーメンとされる。)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た仙台市

    戦後の高度経済成長に伴う東京都心の人口過密によって、至近の現さいたま市域も人口流入が進み、日本で最も人口増加の著しい地域の一つとなった。武蔵野線・埼京線・新幹線・埼玉高速鉄道等の鉄道、東北自動車道・東京外環自動車道・首都高速道路等の高速道路が相次いで開通し、東京都心部への近さから21世紀を迎えても社会増(移住者)が依然続き、市街地の拡大が進んでいる。区画整理事業(一覧)も進んでおり、埼玉スタジアム2002を中心としたみそのウイングシティは計画人口3万人以上の市内最大規模の開発事業となった。2010年から2015年の人口増加率は政令市中で福岡市、仙台市に次いで多い(日本の市の人口順位参照)。また、主要駅周辺部では再開発事業(一覧)が活発化し、高層建築物が増加した。市内で最も高さがある建物はランド・アクシス・タワー(略称:L.A.タワー)(168m)、最も階数が高い建物はライブタワー武蔵浦和(38階)となっている。2001年には戦前(1927年)から数度浮上した合併構想が結実し、さいたま市が発足した(下記)。さいたま新都心には霞が関から政府機関が移転するなど、首都圏における代表的な業務集積地としての一面も見せている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た社会人野球日本選手権大会

    社会人野球においても、実業団チームでは日本通運が浦和市時代から都市対抗野球大会に42回、日本選手権に20回出場しており、1964年に埼玉県勢初の都市対抗野球大会優勝を果たし、1994年には日本選手権に優勝を果たすなど南関東エリアの強豪として知られている。また、クラブチームでは全浦和野球団が全日本クラブ野球選手権大会に1976年の第1回大会から3連覇を果たしている。戦前は大宮町に本拠に置いた「全大宮」が1932年から都市対抗野球大会に5年連続で出場し、1935年・1936年と二年連続で準決勝に進出する活躍をした。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た日本の高校野球

    市内では野球も盛んであり、県営・市営あわせ4つの野球場が所在する。高校野球においては、選抜高校野球大会に10回、全国高校野球選手権に12回出場し、県内最多(合計22回)の甲子園大会出場回数の浦和学院高校が所在しており、2013年に浦和学院高校が、1968年に大宮工業高校が選抜高校野球大会で全国優勝を果たしている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た霞が関

    戦後の高度経済成長に伴う東京都心の人口過密によって、至近の現さいたま市域も人口流入が進み、日本で最も人口増加の著しい地域の一つとなった。武蔵野線・埼京線・新幹線・埼玉高速鉄道等の鉄道、東北自動車道・東京外環自動車道・首都高速道路等の高速道路が相次いで開通し、東京都心部への近さから21世紀を迎えても社会増(移住者)が依然続き、市街地の拡大が進んでいる。区画整理事業(一覧)も進んでおり、埼玉スタジアム2002を中心としたみそのウイングシティは計画人口3万人以上の市内最大規模の開発事業となった。2010年から2015年の人口増加率は政令市中で福岡市、仙台市に次いで多い(日本の市の人口順位参照)。また、主要駅周辺部では再開発事業(一覧)が活発化し、高層建築物が増加した。市内で最も高さがある建物はランド・アクシス・タワー(略称:L.A.タワー)(168m)、最も階数が高い建物はライブタワー武蔵浦和(38階)となっている。2001年には戦前(1927年)から数度浮上した合併構想が結実し、さいたま市が発足した(下記)。さいたま新都心には霞が関から政府機関が移転するなど、首都圏における代表的な業務集積地としての一面も見せている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズ(2008年より県営大宮球場で試合あり)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 111 - 120件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード