696件中 121 - 130件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見たコミュニティバス

    コミュニティバス(見沼区役所線、南区役所線、桜区役所線)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たバスケットボール女子日本リーグ機構

    バスケットボールについては、B3.LEAGUE所属の埼玉ブロンコスのホームタウンである他、2006年8月26日から9月3日まで、FIBAバスケットボール世界選手権のファイナルラウンドが中央区のさいたまスーパーアリーナにて行われた。女子では現在は廃部となったが、日本リーグにも参戦していた日本通運ディアーズが浦和市に本拠を置いていた。また、2017年度より天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権大会の最終ラウンドをさいたまスーパーアリーナにて行われている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たアメダス

    さいたま市の気候はケッペンの気候区分に基づけば温暖湿潤気候 (Cfa) に属するが、本州の太平洋側に一般的にみられるように夏季に比べて冬季の降水量が少ない。冬季の降水量の少なさと最低気温の低さは、東京都(大手町)や横浜市、千葉市といった近隣の沿岸部の諸都市と比べ、より顕著である。1月の平均最低気温は-1.5℃であり、さいたま市より北にある群馬県前橋市(-0.8℃)よりも低い。2018年1月24日には-8.6℃(当時は1月の史上最低)、同1月26日には観測史上最低の-9.8℃を記録した。アメダスのさいたま観測点(桜区大字宿)における平年値(1981年 - 2010年の観測結果による)は、年平均気温は14.8℃、年間平均降水量は1346.0mmである。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た都市対抗野球大会

    社会人野球においても、実業団チームでは日本通運が浦和市時代から都市対抗野球大会に42回、日本選手権に20回出場しており、1964年に埼玉県勢初の都市対抗野球大会優勝を果たし、1994年には日本選手権に優勝を果たすなど南関東エリアの強豪として知られている。また、クラブチームでは全浦和野球団が全日本クラブ野球選手権大会に1976年の第1回大会から3連覇を果たしている。戦前は大宮町に本拠に置いた「全大宮」が1932年から都市対抗野球大会に5年連続で出場し、1935年・1936年と二年連続で準決勝に進出する活躍をした。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た関東地方

    さいたま市は、関東地方の中央部に位置し、政令指定都市で唯一内陸県に位置する。埼玉県内においては南部東寄りに位置するが、県内で用いられる地域区分では「中央地域」に区分されることが多い。埼玉県庁・さいたま市役所の所在する浦和区は日本の首都である東京の都心部からは北に約20 kmの距離にあり、県庁所在都市としては東京に最も近い。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た浦和レッドダイヤモンズ

    2017年現在、さいたま市内を本拠地とするプロサッカークラブとしては、Jリーグ1部(J1)に所属する浦和レッドダイヤモンズ、2部(J2)に所属する大宮アルディージャ、女子サッカークラブとしてはなでしこリーグ(旧L・リーグ)に所属する浦和レッドダイヤモンズ・レディースがある。特に三菱重工業サッカー部を前身とする浦和レッドダイヤモンズは、AFCチャンピオンズリーグで2度優勝(国内唯一)した強豪クラブとなっている。浦和レッドダイヤモンズと大宮アルディージャとの試合はさいたまダービーと呼ばれている(2018年は開催されない)。また、J1規格以上のサッカースタジアムが3つある都市はさいたま市だけとなっている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た大相撲

    浦和駒場体育館(大相撲さいたま場所を興行)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た日本大学

    日本大学法学部大宮グラウンド(見沼区、2009年3月に体育実技科目の一部を残して当キャンパスでの授業を廃止。グラウンドのみが使われている)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た一級河川

    一級河川:荒川・びん沼川(旧荒川)・芝川・鴨川・綾瀬川・鴻沼川・伝右川・笹目川・元荒川・藤右衛門川など。そのほかの河川は各区の記事も参照のこと。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た鶴岡八幡宮

    現戸田市西部からさいたま市南区西部にまたがる佐々目郷は、1293年(正応6年)から4度に分けて鎌倉の鶴岡八幡宮に寄進されたが、1394年(応永元年)以降、鶴岡八幡宮による支配に抵抗する農民の闘争がたびたび生じた。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 121 - 130件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード