696件中 11 - 20件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た高崎線

    東京の北郊に位置するさいたま市は、広域的に見ればより東京に近い市南部の方が、市北部より人口密度が高い傾向にある。これに加えて、東京都心部に直結する京浜東北線や埼京線、高崎線の沿線に人口が集中する傾向があり、両方の条件が重なる南区から浦和区、中央区にかけては、20000人/km2以上という高い人口密度の地域が連なっている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たADEKA

    ADEKA浦和開発研究所(南区)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た大正製薬

    大正製薬総合研究所・大宮工場(北区)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たコニシ

    コニシ浦和研究所・基礎研究所(桜区)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た日本鉄道

    旧大宮市は、日本鉄道浦和―上尾間への熱心な鉄道駅の誘致により、1885年(明治18年)3月に大宮駅の開設を果たし、その後も日本鉄道大宮工場(現・JR東日本大宮総合車両センター)や大宮操車場などの鉄道施設を誘致した。戦後には新幹線の開通とともに、そごう大宮店などの商業施設が開業し「鉄道の町・交通の要衝」と呼ばれるようになった。見沼の水神を祀ったとされる氷川神社が地名の由来である。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た東日本旅客鉄道

    1885年(明治18年)3月16日の大宮駅設置後、大規模な車両の点検整備や建造の為の自社工場を持っていなかった日本鉄道が、上野駅 - 青森駅間の全通を機に、1894年(明治27年)12月10日に大宮駅北側に車両工場を設立した。それが、現在のJR東日本大宮総合車両センター及びJR貨物大宮車両所である。開設から120年以上経った現在も、現地で操業している長い歴史を持つ車両工場で、「鉄道の町」大宮の中心となった施設で、街の発展に大いに寄与した。旧・大宮市がさいたま市となった2001年以降もその異名は変わらず使われ続け、2014年からさいたま市が大宮総合車両センターとの共同主催で、「鉄道のまち 鉄道ふれあいフェア」を大宮車両所との共催で開催している。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たロッテ

    ロッテ中央研究所・浦和工場(南区)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た三菱マテリアル

    三菱マテリアル総合事務所(大宮区)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た日本たばこ産業株式会社

    日本たばこ産業株式会社北関東支社(大宮区)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た中川健吉

    1991年(平成3年) - 4月、「政令指定都市化」を公約にして、相川宗一が浦和市長に就任。これに難色を示した現職の中川健吉を破っての就任であった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 11 - 20件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード