696件中 21 - 30件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た相川宗一

    1991年(平成3年) - 4月、「政令指定都市化」を公約にして、相川宗一が浦和市長に就任。これに難色を示した現職の中川健吉を破っての就任であった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た新藤享弘

    1990年(平成2年) - 7月、「政令指定都市化」を公約にして、新藤享弘が大宮市長に就任。だが、単独での実現は現実的には不可能であり、合併による政令指定都市化を目指すものだった。これには与野市長の井原勇も同調した。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た井原勇

    1990年(平成2年) - 7月、「政令指定都市化」を公約にして、新藤享弘が大宮市長に就任。だが、単独での実現は現実的には不可能であり、合併による政令指定都市化を目指すものだった。これには与野市長の井原勇も同調した。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た太平洋戦争

    現さいたま市域の大部分では江戸時代まで農地が広がっていたが、1923年(大正12年)の関東大震災や1940年代前半の太平洋戦争(大東亜戦争)などを契機として、東京などからの大規模な人口流入が生じ、本格的に宅地化が進むようになった。このような宅地化は、まず中心市街地に近い台地上の鉄道駅付近、すなわち浦和駅から大宮駅にかけての東北本線沿線で先行した。浦和・与野・大宮の中心部は、このような地域において互いに近接していたことから、市街地の一体化は早期に進行し、国勢調査において初めて人口集中地区(DID)が定義された1960年(昭和35年)の時点で、この3市の人口集中地区は既に連続していた。その一方でこの時点では蕨市、川口市、上尾市といった他市町村の人口集中地区とは連続していなかった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た鉄道

    旧大宮市は、日本鉄道浦和―上尾間への熱心な鉄道駅の誘致により、1885年(明治18年)3月に大宮駅の開設を果たし、その後も日本鉄道大宮工場(現・JR東日本大宮総合車両センター)や大宮操車場などの鉄道施設を誘致した。戦後には新幹線の開通とともに、そごう大宮店などの商業施設が開業し「鉄道の町・交通の要衝」と呼ばれるようになった。見沼の水神を祀ったとされる氷川神社が地名の由来である。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た前橋市

    さいたま市の気候はケッペンの気候区分に基づけば温暖湿潤気候 (Cfa) に属するが、本州の太平洋側に一般的にみられるように夏季に比べて冬季の降水量が少ない。冬季の降水量の少なさと最低気温の低さは、東京都(大手町)や横浜市、千葉市といった近隣の沿岸部の諸都市と比べ、より顕著である。1月の平均最低気温は-1.5℃であり、さいたま市より北にある群馬県前橋市(-0.8℃)よりも低い。2018年1月24日には-8.6℃(当時は1月の史上最低)、同1月26日には観測史上最低の-9.8℃を記録した。アメダスのさいたま観測点(桜区大字宿)における平年値(1981年 - 2010年の観測結果による)は、年平均気温は14.8℃、年間平均降水量は1346.0mmである。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たさいたま国際マラソン

    11月 - さいたま国際マラソンが初開催。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た北九州市

    さいたま市は、日本において、人口40万人以上の複数の市が合併した唯一の例である(人口30万人以上の合併では北九州市がある)。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た2009年

    2009年(平成21年) - 川越線日進駅〜指扇駅間に西大宮駅(西区)が開業。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た埼玉りそな銀行

    旧浦和市は、県庁、市役所をはじめ地裁や県警、県指定金融機関でもある埼玉りそな銀行の本店や各種政党の支部など県都としての機能が集積する。また、明治時代に旧制浦和中学校(現・埼玉県立浦和高等学校)と浦和高等女学校(現・埼玉県立浦和第一女子高等学校)、大正時代に東京帝国大学への登竜門と言われた旧制浦和高校(現・埼玉大学)が設置され、のちに浦和が文教都市の代表格となる所以となった。関東大震災での被害が比較的小さく、大正時代以降、東京や神奈川からの富裕層や文化人の移住で人口が急増し、別所沼周辺に画家が多数移住したことから「鎌倉文士に浦和画家」という言葉が生まれた。昭和期以降は現在に至るまでサッカーの盛んな地としても知られる。市域で最も東京都心に近く、1990年代後半には川口市を抜き県内最大の人口を擁する都市となった。合併後も浦和駅や武蔵浦和駅周辺の再開発事業により人口増加が著しい。浦和市時代から世帯所得は東京都心に次ぐ水準であり、浦和駅西側の台地上(岸町・常盤・高砂など)は高級住宅街としても知られる。官公庁が集積し、文教都市という特徴から「政治・文化の中心」と称される。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 21 - 30件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード