696件中 41 - 50件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た足利成氏

    また、享徳3年12月27日(1455年1月15日)に享徳の乱が勃発すると、現さいたま市一帯は古河公方方と関東管領方との対峙の場となった。1456年(康正2年)には、古河公方の足利成氏の家臣である簗田持助が足立郡に討ち入ってその大半を押領した。また岩付城は、関東管領方の(扇谷)上杉持朝の家臣である太田資清・資長(道灌)父子による築城であるとする説と、古河公方方の成田正等による築城であるとする説とがあり、築城後も太田氏が城主となった時期について複数の説があるなど、両勢力の角逐が続いた。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た水波風南

    レンアイ至上主義(水波風南) - 漫画作品。大宮駅東口の周辺に実在した飲食店・ボウリング場や、大宮武道館が登場する。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た足利直義

    室町時代の関東地方では幾度にわたる戦乱が生じ、現さいたま市域もその戦乱の場となった。観応の擾乱においては、1350年(観応元年)に羽祢蔵(現:桜区羽根倉)にて合戦が行われ、足利尊氏方の?麗経澄が足利直義方の難波田九郎三郎らを破っている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た太田氏資

    その後、長享の乱(1487年 - 1505年)における長期間にわたる山内上杉家と扇谷上杉家との抗争を経て、関東地方における上杉氏の力は消耗し、かわって後北条氏の勢力が次第に拡大することとなった。1524年(大永4年)には北条氏綱の勢力がすでに三室郷に及んでおり、この頃から現さいたま市域一帯は岩付太田氏の勢力と後北条氏の勢力の接点となったが、やがて1546年(天文15年)の川越夜戦にて北条氏康軍が勝利すると、武蔵国における後北条氏の勢力拡大はさらに本格化した。そのような状況下で、やがて1564年(永禄7年)には太田氏資がその父である太田氏清を追放して北条氏康に内応し、その結果、一帯は後北条氏の支配体制下におかれることとなった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た武井武

    武井武 - 電気科学者・フェライトによる永久磁石を発明し、「フェライトの父」と称されるさいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た太田資清

    また、享徳3年12月27日(1455年1月15日)に享徳の乱が勃発すると、現さいたま市一帯は古河公方方と関東管領方との対峙の場となった。1456年(康正2年)には、古河公方の足利成氏の家臣である簗田持助が足立郡に討ち入ってその大半を押領した。また岩付城は、関東管領方の(扇谷)上杉持朝の家臣である太田資清・資長(道灌)父子による築城であるとする説と、古河公方方の成田正等による築城であるとする説とがあり、築城後も太田氏が城主となった時期について複数の説があるなど、両勢力の角逐が続いた。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た興世王

    平安時代中頃には、国司に抵抗する群盗の蜂起が続発して治安が悪化した武蔵国では、地方豪族や荘園管理者などが農民などを集めて武装化するようになり、やがてそのような武装集団が武士となっていった。938年(天慶元年)、足立郡司として現在の浦和や大宮を含む足立郡一帯を支配していたと考えられる武蔵武芝と、武蔵権守の興世王・武蔵介の源経基との対立が生じ、これがやがて平将門の乱の契機となったが、乱に巻き込まれる中で武蔵武芝は失脚し、以降足立氏などが足立郡司として登場した。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た栗原浩

    栗原浩 - 元埼玉県知事(第45代 - 第48代)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た足利尊氏

    室町時代の関東地方では幾度にわたる戦乱が生じ、現さいたま市域もその戦乱の場となった。観応の擾乱においては、1350年(観応元年)に羽祢蔵(現:桜区羽根倉)にて合戦が行われ、足利尊氏方の?麗経澄が足利直義方の難波田九郎三郎らを破っている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た畑和

    畑和 - 元埼玉県知事(第49代 - 第53代)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 41 - 50件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード