696件中 51 - 60件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た豊臣秀吉

    しかし、1590年(天正18年)には豊臣秀吉による小田原征伐の過程で岩付城も陥落した。これにより後北条氏による支配は終わり、かわって豊臣秀吉の命で関東地方を与えられた徳川家康が関東入りした。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たタケカワユキヒデ

    市歌として、「さいたま市の歌『希望(ゆめ)のまち』」が制作されている。政令指定都市移行記念として2003年に制定されたもので、公募により880点寄せられた歌詞の最優秀作品に市出身のタケカワユキヒデが作曲および補作詞をした楽曲で、タケカワと二人の娘(武川基、武川アイ)のユニット「タケカワユキヒデ & T's COMPANY」が歌う。この楽曲の冒頭とエンディングに流れるチャント風のエールは、浦和レッズと大宮アルディージャのサポーター有志によるものである。また、このエールをアレンジしたものが市内の複数のJR駅で発車メロディーとしても使用されている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た源頼朝

    1160年(平治元年)の平治の乱の際、源義朝に従って破れた足立遠元は、その後足立郡に逼塞していたと考えられているが、1180年(治承4年)に挙兵して鎌倉入りした源頼朝から足立郡の郡郷領掌を安堵され、以後有力御家人として重用された。足立遠元の屋敷は現桶川市の川田谷に比定する説と、現さいたま市西区の植田谷に比定する説とがある。この他、鎌倉時代に現さいたま市域に勢力を有した武士として、?鼻和氏、麻弥屋氏、箕勾氏、渋江氏、柏崎氏などがある。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た北条氏綱

    その後、長享の乱(1487年 - 1505年)における長期間にわたる山内上杉家と扇谷上杉家との抗争を経て、関東地方における上杉氏の力は消耗し、かわって後北条氏の勢力が次第に拡大することとなった。1524年(大永4年)には北条氏綱の勢力がすでに三室郷に及んでおり、この頃から現さいたま市域一帯は岩付太田氏の勢力と後北条氏の勢力の接点となったが、やがて1546年(天文15年)の川越夜戦にて北条氏康軍が勝利すると、武蔵国における後北条氏の勢力拡大はさらに本格化した。そのような状況下で、やがて1564年(永禄7年)には太田氏資がその父である太田氏清を追放して北条氏康に内応し、その結果、一帯は後北条氏の支配体制下におかれることとなった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た松永東

    松永東 - 元衆議院議長・元文部大臣 元大蔵大臣 元通産大臣松永光の養父さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た川島金次

    川島金次 - 元衆議院議員さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た兵藤釗

    10月30日 - 大宮市の提案に基づき、3市の市民代表・学識経験者・マスコミ関係者で構成される「浦和市・大宮市・与野市新市名検討委員会」が設置される(会長:兵藤釗埼玉大学学長)。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た寺田寅彦

    写生紀行(寺田寅彦) - 寺田寅彦本人が写生のため大宮公園を訪れた時の手記が綴られている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た山本おさむ

    どんぐりの家(山本おさむ)?-?社会福祉をテーマとした漫画およびアニメ作品。第一部の舞台となる擁護学校(特別支援学校)は、埼玉県立大宮ろう学校(現・埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園)がモデル。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た加藤睦之介

    加藤睦之介 - 元大宮市長(第3代)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 51 - 60件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード