696件中 71 - 80件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た渡辺武夫

    渡邊武夫 - 洋画家(浦和画家)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た徳川吉宗

    1728年(享保13年)には、享保の改革の一環として新田開発を進めていた徳川吉宗の命を受けた井沢弥惣兵衛が、八丁堤を切り開いて見沼溜井を干拓して新田とし(見沼田圃)、それにかわる水源として利根川から見沼代用水(現さいたま市域は見沼代用水東縁と見沼代用水西縁に分流)を開削させた。1732年(享保17年)には見沼代用水西縁から分水する形で高沼用水路が開削され、見沼に続いて鴻沼が干拓された。さらに1731年(享保16年)には、もとの八丁堤があった付近に日本で最古級の閘門式運河である見沼通船堀が開削され、見沼代用水東縁・見沼代用水西縁と芝川をつなぐ内陸水運路となった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た太田道灌

    また、享徳3年12月27日(1455年1月15日)に享徳の乱が勃発すると、現さいたま市一帯は古河公方方と関東管領方との対峙の場となった。1456年(康正2年)には、古河公方の足利成氏の家臣である簗田持助が足立郡に討ち入ってその大半を押領した。また岩付城は、関東管領方の(扇谷)上杉持朝の家臣である太田資清・資長(道灌)父子による築城であるとする説と、古河公方方の成田正等による築城であるとする説とがあり、築城後も太田氏が城主となった時期について複数の説があるなど、両勢力の角逐が続いた。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た福永健司

    福永健司 - 元衆議院議長さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た塀内夏子

    Jドリーム(塀内夏子) - サッカー漫画。初期の頃は、主人公が浦和レッズに所属している設定だった。その関係で旧浦和市が舞台だった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た高橋泰雄

    高橋泰雄 - 元浦和市長(初代・第5代)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た浦和うなこちゃん

    市のマスコットキャラクターとして、市内の見沼(見沼田んぼ)に伝わる伝承に因んだ「つなが竜ヌゥ」が2007年9月20日に制定された。このキャラクターは一定の条件(要綱・マニュアルに記載)を満たせば営利目的を含めて誰でも使用することができるほか、着ぐるみの貸し出しも行われている。また、埼玉県の自治体のゆるキャラで構成されるゆる玉応援団にも加盟している。また、やなせたかしによるキャラクター「浦和うなこちゃん」がさいたま観光大使に任命されており、各種イベントにて「ヌゥ」や埼玉県のキャラクターである「コバトン」・「さいたまっち」と一緒に登場することが多い。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た宮川総一郎

    マネーウォーズ(宮川総一郎) - 山興証券浦和支店を舞台とした株式をテーマとする漫画作品。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た伊奈忠治

    江戸時代は、利根川・荒川流域において、多数の河川の付け替えや沼地の干拓が行われた時代であり、現さいたま市域もその影響を大きく受けることとなった。まず、1629年(寛永6年)には関東郡代の伊奈忠治らが、利根川東遷事業の一環としてそれまで現在の元荒川へと流れていた荒川の河道を、現在の熊谷市久下付近で締切り、和田吉野川・市野川を経由して入間川筋に流す河川改修を実施した。この河川の付け替えにより、元荒川筋では水害が減少して新田開発が盛んに行われるようになった反面、入間川筋ではより一層洪水の危険性に晒されることとなった。同じく1629年には灌漑用水の確保を目的として、現在の東浦和駅南東側付近の芝川をせきとめる八丁堤も築堤され、その上流側に見沼溜井が形成された。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た小林英三

    二木屋:旧小林英三家住宅主屋・門及び塀(国の登録有形文化財)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

696件中 71 - 80件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード