前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示
  • テーブルマーク

    テーブルマークから見た讃岐うどん讃岐うどん

    1974年に「冷凍讃岐うどん」で冷凍麺市場に参入。当時、うどんはチルド麺が主流で、冷凍麺はそれと比べ加工コストがかさむことから価格面で勝てないと想定され幹部たちは参入に大反対したが、創業者社長は「讃岐うどんの味を再現できるのは冷凍麺だけ」と開発を厳命し、同年に「冷凍讃岐うどん」(つゆ・えび天付き)を発売した。しかし、品質面において讃岐うどんの特徴であるコシの強さが出ていないとの理由から、創業者社長は直ちにリニューアルを命じた。製法や茹で方を研究し試行錯誤を重ねた末、新技術の開発や新装置を導入して「コシ」問題を解決し、1976年にリニューアル発売。1988年には瀬戸大橋の開通が好影響を及ぼし、売上が急増した。その後も純粋なうまさを追求し改良を重ね、「さぬきうどん」は、麺の歯ごたえ・ダシとも評価が高く、根強いファンが多い。テーブルマーク フレッシュアイペディアより)

  • ぶっかけうどん

    ぶっかけうどんから見た讃岐うどん讃岐うどん

    ぶっかけうどんとは、うどんを使った料理の一種であり、岡山県倉敷市の名物料理である。また、近年は讃岐うどんブームにより、香川県のものが全国的に知られるようになった。ぶっかけうどん フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀製麺

    丸亀製麺から見た讃岐うどん讃岐うどん

    讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」は、焼き鳥ファミリーダイニング「とりどーる」などの運営会社であるトリドールの2000年代後半以降における主力業態で、2000年(平成12年)11月にセルフうどん業態を導入した1号店「丸亀製麺加古川店」を兵庫県加古川市に開店したことをはじめに、街道沿いの独立店舗型を中心にショッピングモール内のイートイン型店舗や都心部向けのビルイン店舗を積極的な出店展開している。丸亀製麺 フレッシュアイペディアより)

  • うどん

    うどんから見た讃岐うどん讃岐うどん

    現在の関東地方は、武蔵野を中心として、「武蔵野うどん」をはじめとするうどん専門店も多い。実際、2004年(平成16年)度のうどんの生産量でも1位は日本全国に向けて宣伝をしている讃岐うどんの香川県だが、2位は埼玉県であり、群馬県もベスト5に入っている。これらの地域では二毛作による小麦栽培が盛んで、うどんは日常的な食事だったのである。うどんは、かけうどんや付け麺(もりうどん)にして食べられる事が多い。大阪、京都を初めとする近畿圏内では、老若問わずうどんが麺類の主役となっている。近畿地方から採れる地下水は主に軟水で昆布との相性が良かったため、関西では麺よりだしに重きを置き(後述)、うどんはだしを吸いやすいしなやかで柔らかい麺が好まれるようになった(一方、蕎麦はダシを吸わせて食べるようなものではない)。大阪のうどんにはコシがないといわれる(とりわけ、讃岐うどんと比較して)のは、このような文化的な背景があるためである。うどん フレッシュアイペディアより)

  • 日本うどん学会

    日本うどん学会から見た讃岐うどん讃岐うどん

    日本うどん学会(にほんうどんがっかい)は、讃岐うどんブームを発端に香川短期大学教授の三宅耕三が2003年(平成15年)に設立したうどんを様々な観点から研究しようという観点から生まれた学会である。日本うどん学会 フレッシュアイペディアより)

  • 年明けうどん

    年明けうどんから見た讃岐うどん讃岐うどん

    日本の年末年始における食文化として年越し蕎麦(年末)や雑煮(正月)は定着しているが、年明けうどんは正月における食文化ではなく、讃岐うどんをはじめとした日本国内における名産うどんの活性化やうどんの消費拡大に貢献すること、食品業界関係で正月における新たな利益・経済効果を生み出すことを目的として讃岐うどん業界を中心に企図され、2009年正月から展開されている。年明けうどん フレッシュアイペディアより)

  • 石原正裕

    石原正裕から見た讃岐うどん讃岐うどん

    自らがディレクターとして長年担当したローカル情報番組『VOICE21』で、讃岐うどんを幾度となく取り上げた。担当後期は、石原自身が「顔出し」で取材するシーンも多く見られた。麺通団団長田尾和俊とはうどん店情報を頻繁に交換する仲で、田尾のホットカプセル在籍時代に同社本社にて田尾と対談(というよりは雑談)するシーンも何回か放送されている。石原正裕 フレッシュアイペディアより)

  • さぬきの夢2000

    さぬきの夢2000から見た讃岐うどん讃岐うどん

    県内におけるうどんの原料小麦は地粉(県内産)が使用されていたが、作付面積の大幅な減少と全国への宣伝によるブームによって消費量が増大した事により、1980年代以降はオーストラリア産のASW(Australian Standard White Noodle Blend)が主流となっていた。一方で、地粉を使って「昔のように風味のある」「文字通りの讃岐うどんを作りたい」という要望もあり、製粉・製麺団体などが構成する「県産小麦うどん開発研究会」の後援を受けて、1991年より香川県農業試験場が品種開発に着手した。さぬきの夢2000 フレッシュアイペディアより)

  • はなまるうどん

    はなまるうどんから見た讃岐うどん讃岐うどん

    はなまるうどんは、日本の外食チェーンストアの1つ。運営している企業名は株式会社はなまる。讃岐うどんのセルフサービス店を展開。吉野家グループ。はなまるうどん フレッシュアイペディアより)

  • 殿村美樹

    殿村美樹から見たさぬきうどん讃岐うどん

    PR戦略の主な実績は「今年の漢字」プロデュースをはじめ「佐世保バーガー」「さぬきうどん観光」「ひこにゃん」の全国PR戦略等がある。殿村美樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示

「さぬきうどん」のニューストピックワード