130件中 11 - 20件表示
  • 丸亀製麺

    丸亀製麺から見た讃岐うどん讃岐うどん

    うどんを提供する店のイメージとして、「丸亀」という讃岐(香川県)の地名を使った店名であり(先述の通り丸亀市とは無関係)、提供するうどんは店内に備えた製麺機で作られた麺を使用し、セルフサービスを採用するなど、香川県内に存在する讃岐うどん店の一般的な条件を備えている。厨房はオープンキッチン形式を採用して臨場感と「できたて感・手づくり感・安心感」が意識できる状況にして調理過程が目で楽しめるように工夫しており、各調理工程は分業・専任担当者制として客回転の効率化を図っている。丸亀製麺 フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん店

    讃岐うどん店から見た讃岐うどん讃岐うどん

    讃岐うどん店 フレッシュアイペディアより)

  • さぬきうどん

    さぬきうどんから見た讃岐うどん讃岐うどん

    さぬきうどん フレッシュアイペディアより)

  • ASW (小麦)

    ASW (小麦)から見た讃岐うどん讃岐うどん

    ASWは、国内のうどん需要に特化するため、製麺作業上、安定した品質を効率よく得られるよう、数種を配合したブレンド小麦である。外麦(がいばく)でありながらも、その優れた低アミロース性は、讃岐うどんのような国内の代表格的なうどん業者の間で、さぬきの夢2000のような優秀な内麦(ないばく)が開発された現在も尚、主力であり続けている。ASW (小麦) フレッシュアイペディアより)

  • 恐るべきさぬきうどん

    恐るべきさぬきうどんから見た讃岐うどん讃岐うどん

    『恐るべきさぬきうどん』(おそるべきさぬきうどん)は、ゲリラうどん通ごっこ軍団(通称:麺通団)による香川県下の讃岐うどん店のガイドブック。なお本項目では、その後継シリーズとして麺通団団長である田尾和俊の名義で出された『超麺通団シリーズ』についても記載する。恐るべきさぬきうどん フレッシュアイペディアより)

  • ツーリング (オートバイ)

    ツーリング (オートバイ)から見た讃岐うどん讃岐うどん

    四国地方へは、本州の瀬戸内海沿岸や九州から複数の航路でフェリーが運行されているほか、東京と徳島を結ぶフェリーも運航されている。1980年代からは本州四国連絡道路が利用できるようになり、オートバイツーリングが容易になった。名所や旧跡、讃岐うどんをはじめとする郷土料理などが多い。四国八十八箇所巡りを目的としたツーリングを行うものもいる。ツーリング (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 備中手延べ麺

    備中手延べ麺から見た讃岐うどん讃岐うどん

    讃岐うどんなどの手打ちうどんに比べると麺は細目で、やや平たい。備中手延べ麺 フレッシュアイペディアより)

  • 高原製粉精米水車場

    高原製粉精米水車場から見た讃岐うどん讃岐うどん

    高原製粉精米水車場(たかはらせいふんせいまいすいしゃじょう)は、日本の香川県高松市に現存する水車・水車小屋。「うどんを代表とする香川の麺文化を支えた水車の往時の姿がうかがえる貴重な存在」とされる。高原製粉精米水車場 フレッシュアイペディアより)

  • 今日を生きよう

    今日を生きようから見た讃岐うどん讃岐うどん

    「今日を生きよう」には、メンバー3人が揃って讃岐うどんを食べ歩くだけというプロモーション・ヴィデオが制作され、後にコンプリートPV集『TEENAGE FLASHBACK 1995-2000』に収録された。今日を生きよう フレッシュアイペディアより)

  • 辺境・近境

    辺境・近境から見た讃岐うどん讃岐うどん

    1990年10月、文化出版局の雑誌『ハイファッション』に掲載するために香川県を訪れた際の主に讃岐うどんに関する紀行。安西水丸と行程を共にしており、作中には安西の挿絵が入っている。辺境・近境 フレッシュアイペディアより)

130件中 11 - 20件表示

「さぬきうどん」のニューストピックワード