130件中 31 - 40件表示
  • アイン食品

    アイン食品から見た讃岐うどん讃岐うどん

    創業者の松岡一郎は、幼い頃から故郷の香川県で祖父・松岡留吉が営んでいた讃岐うどんの専門店の味で育ったという。天然素材だけで作ったうどんだしは、残さず最後まで飲みきれるほどの味わい深いものだったという。「その本物のだしを商品化して多くの人々に届けたい。」という思いから、1977年(昭和52年)に大阪市住之江区で創業。以来、業務用の調味料で順調に売り上げを伸ばして来た。そして、創業から8年後の1985年(昭和60年)には、それまでの個人経営から法人経営に改められた。現在の所在地である大阪府和泉市の「テクノステージ和泉」に本社を移転したのは、2003年(平成15年)である。アイン食品 フレッシュアイペディアより)

  • うどん脳

    うどん脳から見た讃岐うどん讃岐うどん

    さぬきうどんを心から愛し、さぬきうどんを応援すべく、2011年7月7日に誕生した。2012年7月には、本場さぬきうどん協同組合の公認うどん大使としても任命された。うどん脳 フレッシュアイペディアより)

  • 旭友ストアー

    旭友ストアーから見た讃岐うどん讃岐うどん

    店舗跡は解体され、現在は讃岐うどんのチェーン店である丸亀製麺。旭友ストアー フレッシュアイペディアより)

  • 宇高連絡船

    宇高連絡船から見た讃岐うどん讃岐うどん

    宇高連絡船の追憶として、連絡船デッキで販売されていた讃岐うどんがしばしば挙げられる。とりわけ、四国へ向かう連絡船上で供されるうどんは、船上で生麺から茹でず、茹で上げ済みの麺を搭載していた(もっとも、伊予丸型客貨船の船上うどん店は「手打ちうどん」を標榜しており、うどん手打ちの実演も行っていた)ため、時間経過の為ややコシが失われた麺にイリコかサバぶしの類による庶民的なだし汁が相まって、上等とは言い難いが、香川県民をはじめとする四国の人々に帰郷を実感させる味であった。そのため、帰省シーズンには展望デッキの上で潮風にふかれながらこれを食する人が大勢いた。なお、讃岐うどんの販売が始まったのは1969年で、約80年の連絡船の歴史の中では最後の約20年間だけの営業であった。高松駅構内には当時の連絡船のうどんを参考に味の再現を図った「連絡船うどん」の店があるが、麺はJR四国グループの製麺/うどん店「めりけんや」製である。連絡船に麺を納入していた製麺所は別に現存するが、そちらの麺は用いていない。高松駅名物として定着しており、旅行客や地元客からの人気は今も高い。宇高連絡船 フレッシュアイペディアより)

  • ヒライ (食品製造)

    ヒライ (食品製造)から見た讃岐うどん讃岐うどん

    地元では県内各地に多数の店舗を持つ。また、現在は福岡県、佐賀県、大分県にも店舗を構える。24時間営業の弁当店の他、讃岐うどんと丼物の飲食店や惣菜専門店も展開している。また熊本・福岡・佐賀・大分県内のサンリブ・マルショクなど、スーパーのテナントで惣菜を販売している。CGCグループに加盟。ヒライ (食品製造) フレッシュアイペディアより)

  • 宇高国道フェリー

    宇高国道フェリーから見た讃岐うどん讃岐うどん

    2005年の夏より船内における讃岐うどんの調理販売が行われていた。宇高国道フェリー フレッシュアイペディアより)

  • セルフうどん

    セルフうどんから見た讃岐うどん讃岐うどん

    セルフ方式は、香川県の製麺所で食事するコーナーがある場合は昔から取り入れられていた。日本全国のうどん専門の飲食店で初めてセルフうどんの方式を開発して店舗を経営したのは、岡山県岡山市の「手打ちうどん名玄」である。長らくこのようなセルフうどん店は岡山県・香川県におけるうどん店独特の業態だったが、2002年頃から外食産業の大手企業の参入により、セルフうどん(讃岐うどんのセルフ店)のチェーン店が短期間に急増した。背景として「外食デフレ」の時代に合致した低価格路線の商材であったことや、スターバックスやドトールコーヒーショップなどセルフ方式を導入したコーヒーショップの普及で、飲食店におけるセルフ方式の懸念が払拭されたこと、B級グルメブームが挙げられている。これらのチェーン店では、讃岐の地元の標準的なセルフうどん店よりも手順が少なく、初めての客でも戸惑わないよう工夫がされている。2000年代後期以降、デフレの影響もあって、売り上げ・店舗数共に右肩上がりの状態が続いており、新たなファーストフードの一形態として認知され、普及・定着している。セルフうどん フレッシュアイペディアより)

  • ごまだし

    ごまだしから見た讃岐うどん讃岐うどん

    佐伯は豊後水道を挟んで隣り合う四国との交流が古くからあり、現在も高知県宿毛市との間にフェリーが運行されているが、讃岐うどんをはじめとする四国のうどんの影響はさほど受けてない。ごまだしうどんは、唯一の佐伯独自のうどん料理であるが、本来家庭料理であることもあり、佐伯市には現在もうどん専業店は少なく、食堂や居酒屋で提供される方が多い。ごまだし フレッシュアイペディアより)

  • ベルシティ

    ベルシティから見た讃岐うどん讃岐うどん

    志度町にある讃岐うどん店の支店。ベルシティ フレッシュアイペディアより)

  • できたて厨房

    できたて厨房から見たさぬきうどん讃岐うどん

    うどん - さぬきタイプ、一部おでんコーナーにある「さぬきうどん」と同じ麺を使用することもある。できたて厨房 フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「さぬきうどん」のニューストピックワード