227件中 31 - 40件表示
  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た上海国際博覧会

    讃岐うどん店チェーンは日本国外にも展開している。2010年、上海国際博覧会にはなまるうどんが出店(期間出店)。2011年には上海(はなまるうどん)、ハワイ(丸亀製麺)に、それぞれセルフうどんの常設店が開店した。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た半夏生

    うどんにまつわる地域行事も存在する。半夏生(7月2日頃)にうどんを食べるという慣わしがあり、この習慣に基づきさぬきうどん協同組合が毎年7月2日を「さぬきうどんの日」と制定しているほか、大晦日には年越し蕎麦ではなくうどんを食べる県民が一定の割合で存在しており(ただし2010年の四国学院大学の学生による調査では「年越し蕎麦派」が「うどん派」を上回っている)、玉売のうどん店や製麺所は多忙を極める。また新たな行事やイベントのプロモーション活動にも余念なく、2009年からは「年明けうどん」をプロデュースするなどしている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たタレント

    まず、在京テレビ局のグルメ番組で、1992年頃より武田鉄矢や吉村明宏といったタレントと穴場うどん店を巡る番組が放送され始め、それは一過性のものに終わることなく引き続いていく。近隣の地方局でも情報番組などで穴場うどん店紹介を頻繁に取り上げる。やがて90年代後半には料理対決番組でのうどんVSそば、テレビ東京「TVチャンピオン」での「讃岐うどん王選手権」の定期開催など、うどんと穴場うどん店にまつわる露出が加速していった。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た公正取引委員会

    日本国内で「讃岐うどん」「さぬきうどん」の名称を使用する場合、現在のところ制限はない。理由として、全国生麺類公正取引協議会と公正取引委員会は「どこで作っても物は同じ」との見解を示している。この要因によって全国各地で「讃岐うどん」「さぬきうどん」を名乗るうどんが作られている。2000年代初旬頃までうどん業界では「讃岐うどんは香川産」という常識が存在していたが、人気の全国的な拡大によってこの常識は崩れていった。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た総務省

    「香川県民は一人あたり年間○○玉のうどんを食し、日本一うどんを食べる」という表現はしばし使われるが、その数字は100玉程度から300玉を超えるようなものまで様々であり、根拠が必ずしもはっきりしない。これは「うどんの玉の数」という明確な統計がないためである。たとえば、総務省の家計調査では、「うどん・そば」と一括りにされている。また、統計における数字を目分量であり店によって量が倍ほども違う「うどん玉」の数に換算することの問題もある。一方でこれは「うどん玉」という単位自体の問題であり、人口当たりのうどん生産量や消費量が日本国内で圧倒的に高いことは統計的に明らかになっている(概要参照)。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た特産品

    古くから良質の小麦、塩、醤油、そして地元ではイリコと呼ばれている煮干しなどが、讃岐国(現香川県域の旧国名)の特産品であり、それらうどんの材料の入手が容易であった。元禄時代の一枚の屏風絵にも複数のうどん屋を認めることができる。時代が下り、現在の地域ブランド名称となる「讃岐うどん」が人口に膾炙するようになったのは、うどんを名物とし始めた1960年代頃と考えられている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たB級グルメ

    「セルフうどん」(セルフサービスのうどん店)は香川県外ではあまり見られなかったが、2002年にこのセルフ方式のうどん店が首都圏に開店したのを皮切りに、日本各地で同様のセルフうどんが次々とオープンした。背景として「外食デフレ」の時代に合致した低価格路線の商材であったことや、スターバックスやドトールコーヒーショップなどセルフ方式を導入したコーヒーショップの普及で、飲食店におけるセルフ方式の懸念が払拭されたこと、B級グルメブームが挙げられている。この最初の出店ラッシュは2005年頃には一段落したが、その頃には廉価・手軽なファーストフードの一つとしてある程度定着し、ショッピング街やフードコート、主要な街道沿いなどで見かけることが珍しくなくなった。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たレモン

    濃い目のだし(つけだしに近いぶっかけだし)が、少なめにかけられたうどん。ぶっかけうどんは、具のあまり乗っていないシンプルなものから豪華なものまで、店によって様々であり、共通点は「濃い目のだしが少なめにかけられている」という点である。冷やしぶっかけにはレモンと大根おろしがのっている場合が多い。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た風物詩

    明治時代には夜なきうどんの行商人が高松市内に増え、1887年頃には天秤棒の両端に縦長の箱を下げ、頂部に石油ランプを灯して鈴を鳴らしながら売り歩いていた。箱の下部にはどんぶりや湯沸かしを入れ、総重量は60-70kgだったといわれる。20世紀に入るとこれらの業者は全て車輪付き屋台を用いるようになり、その両脇に飾り格子をはめて行燈を吊るしていた。うどんは鰹節とだしを掛けたぶっかけで、人気があったという。夜なきの行商人は生麺の卸売業者(玉卸し屋)と契約して道具を借り、営業を行っていた。当時は5軒の玉卸し屋があったが、大正時代にはのれん分けの関係を基に3系統に分かれ、終戦までこれが続いていた。昭和初期には飾りガラスなどを凝らした屋台が並び、夜の高松の風物詩と呼ばれた。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た日本フットボールリーグ

    湯を切った釜揚げのうどん玉、卵、薬味、だしまたは醤油を混ぜて作られるうどん料理。うどん玉が冷めないうちに卵をかき混ぜて半熟にする。これ自体は名無しのメニューとして県内の製麺所やうどん店などで常連達が普通に食べていたものであったが、綾川町の山越うどんが定番メニューにしたことがきっかけで広まったとされるため、同店が釜玉の発祥とされることがある。サッカーJFLのカマタマーレ讃岐の名称の由来にもなっている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

227件中 31 - 40件表示

「さぬきうどん」のニューストピックワード