227件中 51 - 60件表示
  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た商標登録

    2008年3月、台湾で「さぬき」「讃岐」「SANUKI」「さぬきうどん」といった14の商標が現地の冷凍食品メーカーによって商標登録され、店名に「さぬき」を使用した現地日本人のうどん店に対し、2007年11月に権利保有企業が名称の使用停止請求を行った。このうどん店経営者は台湾の経済部(経済産業省)知的財産局に商標登録無効を求める審判を申し立て、2010年11月に同局がこれを認め商標登録を無効とした。この決定を不服とした権利保有企業側が取り消しを求めた行政訴訟を起こしたが、知的財産法院(裁判所)は2011年12月8日までに訴えを却下したが、全14件のうち判決が出たのは今回を含め4件だけで残りは継続中である。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た蕎麦

    種物や麺つゆをたっぷりつけることさえ無粋とされうる蕎麦とは対照的に、様々な天ぷらが好んで乗せられ、時にはコロッケまで崩し入れられるような讃岐うどん文化には、イリコだしが欠かせない。また、香川ではうま味調味料が忌憚なく使われる傾向にあり、店の食卓調味料として味の素が置かれていることも多い。出来立てのうどんに味の素をパッと振って醤油をチャッとかけてすすり込むのはポピュラーな食べ方である。まただし醤油などもよく使われている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た地域団体商標

    讃岐うどんは香川県のうどん店や家庭で作られるうどんを指すとともに、日本全国各地の飲食店でもうどん料理が「讃岐うどん」として供されていたり、冷凍食品など店頭で手軽に入手可能など、香川県外の地域でも容易に食せる料理として広まっている。讃岐うどんは代表的なうどんの一種として有名になったことや、2006年から開始された地域団体商標制度への登録は「地名+商品名」でも、一般的に使用されている名称で全国各地で作られている物は難しいという見解を特許庁は示しており、該当する商品(後述)において「本場」「特産」などと表示する場合のみ、公正競争の観点から規制を設けた程度にとどまっている。本場でしか味わえない点と、どこでも容易に触れ得る点の両面から、「本場の味を試したい」という欲求を呼び起こすことに成功している一方で、日本国外でのブランド防衛では後手に回った事例も見られる(後述)。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た悪臭

    香川県は下水道の普及率が2000年代後半でも60%と整備が遅れている。讃岐うどん店の大多数は零細企業に該当するため排水規制がかからず、下水道の無い地域では高濃度のデンプン質を多く含むうどんのゆで汁が、浄化装置を通さずに店舗近くの水路や川に直接放水されていることが多く、川底にうどんの切れ端が重なり合って沈んでいたり、ゆで汁に含まれる澱粉が沈殿したりなどの要因で、香川県一般の飲食店などの中でも最悪の環境汚染状態であり、環境汚染が懸念されている。讃岐うどんブームに伴い排出量が大幅に増加し、小規模の店でも毎日トン単位の水を大量に消費していることから、環境に対する影響も悪臭などが発生したことで苦情が寄せられるほどになった。県では県下のうどん店に、うどん店排水処理対策マニュアルなどの配布を行ったが、小規模事業者が抱える設備資金負担の問題もあり大きな改善が見られなかった。そこで次の段階として、小規模店舗にも設置しやすいうどん排水処理装置の開発、規制と共に罰則を想定した条例施行に向けた動き、など解決に向けた取り組みが行われている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たキンレイ

    1974年に加ト吉(現・テーブルマーク)が「冷凍讃岐うどん」で冷凍麺市場に参入し、製造・販売を開始。しかし、品質面において讃岐うどんの特徴であるコシの強さが出ていないとの理由から、当時の社長は直ちに改良を指示し、製法や茹で方を研究し試行錯誤を重ねた末、新技術の開発や新装置を導入して「コシ」問題を解決し、1976年にリニューアル発売した。1978年にはキンレイが讃岐うどんのコシを目指して再現したアルミ容器入り冷凍鍋焼きうどんを発売。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たあわわ

    『さぬきうどん全店制覇攻略本』ホットカプセルおよび株式会社あわわ、2003年-2007年(年刊)。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たホットカプセル

    また出版物においては1993年に上記連載の単行本「恐るべきさぬきうどん」がホットカプセル(TJかがわ出版元)より県下で発売、後に新潮社より全国発売される。これは何巻にも渡って刊を重ねた。並行して、雑誌「レタスクラブ」「DIME」「Hanako」「AERA」などへの寄稿・アドバイスを精力的に行う。これらの書籍・記事に触発されたうどん遠征記なども書籍化された。公告プランナー佐藤尚之(さとなお)の「うまひゃひゃさぬきうどん」(1998年)もその初期の一つである。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たチェーン店

    長らくこのようなセルフうどん店は香川県や岡山県などの限られた地域独特の業態だったが、2002年頃よりセルフ式うどんのチェーン店が県外へ出店し、短期間に急増した。香川県で標準的なセルフうどん店よりも客自ら行なう手順は少なくなっており、セルフうどん店がはじめての客にも入りやすい工夫がされている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た二毛作

    典型的な瀬戸内海式気候に属するため日照時間が長く、また平地が多い事から穀物栽培に適しており、古く条里の時代から畿内を凌ぐほどの水田が広がる一大穀倉地であったが、主要な作物は長らくイネであった。やがて戦国時代から江戸時代にかけて二毛作が盛んになり、小麦の生産が増加した。降雨も河川も少ないこの地で水田から一度水を抜いて畑にする二毛作は、少ない水を徹底的に使う治水開発を促し、今日見られるおびただしいため池が広がる讃岐平野の景観もこの頃に形作られた。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た蒲鉾

    うすめのだし汁をかけ、刻みねぎや天かすを載せたうどん。薄切りの板かまぼこを加える場合もある。シンプルで値段も安く、20世紀後半まで最も主流の食べ方だった。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

227件中 51 - 60件表示

「さぬきうどん」のニューストピックワード