228件中 61 - 70件表示
  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た二毛作

    典型的な瀬戸内海式気候に属するため日照時間が長く、また平地が多い事から穀物栽培に適しており、古く条里の時代から畿内を凌ぐほどの水田が広がる一大穀倉地であったが、主要な作物は長らくイネであった。やがて戦国時代から江戸時代にかけて二毛作が盛んになり、小麦の生産が増加した。降雨も河川も少ないこの地で水田から一度水を抜いて畑にする二毛作は、少ない水を徹底的に使う治水開発を促し、今日見られるおびただしいため池が広がる讃岐平野の景観もこの頃に形作られた。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た農林水産省

    File:Kagawa Udon production.svg|香川県のうどん生産量の推移(農林水産省調べ)。棒グラフは生産量(小麦粉使用トン数)、折れ線は全国シェア(パーセント)。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た醤油

    古くから良質の小麦、塩、醤油、そして地元ではイリコと呼ばれている煮干しなどが、讃岐国(現香川県域の旧国名)の特産品であり、それらうどんの材料の入手が容易であった。元禄時代の一枚の屏風絵にも複数のうどん屋を認めることができる。時代が下り、現在の地域ブランド名称として広く知られるようになったのは、うどんを名物とし始めた1960年代頃と考えられている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た年明けうどん

    うどんにまつわる地域行事も存在する。半夏生(7月2日頃)にうどんを食べるという慣わしがあり、この習慣に基づきさぬきうどん協同組合が毎年7月2日を「さぬきうどんの日」と制定しているほか、大晦日には年越し蕎麦ではなくうどんを食べる県民が一定の割合で存在しており(ただし2010年の四国学院大学の学生による調査では「年越し蕎麦派」が「うどん派」を上回っている)、玉売のうどん店や製麺所は多忙を極める。また新たな行事やイベントのプロモーション活動にも余念なく、2009年からは「年明けうどん」をプロデュースするなどしている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た四国学院大学

    うどんにまつわる地域行事も存在する。半夏生(7月2日頃)にうどんを食べるという慣わしがあり、この習慣に基づきさぬきうどん協同組合が毎年7月2日を「さぬきうどんの日」と制定しているほか、大晦日には年越し蕎麦ではなくうどんを食べる県民が一定の割合で存在しており(ただし2010年の四国学院大学の学生による調査では「年越し蕎麦派」が「うどん派」を上回っている)、玉売のうどん店や製麺所は多忙を極める。また新たな行事やイベントのプロモーション活動にも余念なく、2009年からは「年明けうどん」をプロデュースするなどしている。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たバス (交通機関)

    現実のフェリーやバスの行先表示や、本物の県知事の名刺に「うどん県」と表示する、実際に日本郵便にうどん県宛の年賀状の配達を申し入れ快諾を得るなど、フィクションの枠を飛び出すほどのインパクトを生み出したが、肝心のうどん以外の産品のPRとしては課題が残り、香川県観光振興課では2012年度もうどん県PR予算として7250万円を計上した。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た香川県

    讃岐うどん(さぬきうどん)は、香川県特産のうどんである。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見たUDON

    田尾の成功譚を翻案した映画「UDON」が2006年に公開された。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た

    第二次世界大戦直後の小麦粉が十分に手に入らない中、高松市などでは代用品としてドングリやの粉を用い、足りない粘り気はワラビの粉やところてんで繋ぐなどしてうどんが作られていた。小麦粉の供給は、1949年ごろから闇市を中心に回復してきた。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た小豆島

    商品作物が奨励された江戸中期以降は米・小麦以外にも様々な作物が生産されるようになり、少雨の気候は製塩に適するため19世紀初頭から坂出に塩田が開発された。醤油の生産はそれより古くから小豆島や引田で行われていた。しかし江戸以前は醤油は高級品であり、産地の庶民が気軽に地元消費していたとは考えにくく、江戸中葉以前の讃岐におけるうどんの形がどのようなものであったか(或いは他所との違いは無かったか)は、なお研究を待たねばならない。なお、当時の大消費地におけるうどんのレシピには、垂れ味噌または煮貫き(いずれも味噌由来)を用いるとあり、醤油の記載はない。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

228件中 61 - 70件表示

「さぬきうどん」のニューストピックワード