274件中 91 - 100件表示
  • My Way〜ULala〜

    My Way〜ULala〜から見たさんまのまんまさんまのまんま

    関西テレビ系「さんまのまんま」エンディングテーマMy Way〜ULala〜 フレッシュアイペディアより)

  • 橋山メイデン

    橋山メイデンから見たさんまのまんまさんまのまんま

    新春大売出し!さんまのまんま(フジテレビ系列、2014年1月2日)橋山メイデン フレッシュアイペディアより)

  • BEGIN (バンド)

    BEGIN (バンド)から見たさんまのまんまさんまのまんま

    本人たち曰く、知名度の割にはCDの売り上げが少ないそうである。さんまのまんま(2009年6月放映分)では、そのことを延々愚痴り、ホストの明石家さんまは「CD買ってあげて」と何度か発言した。BEGIN (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • くまだまさし

    くまだまさしから見たさんまのまんまさんまのまんま

    さんまのまんま2006年新春スペシャル(フジテレビ)くまだまさし フレッシュアイペディアより)

  • チェ・ジウ

    チェ・ジウから見たさんまのまんまさんまのまんま

    さんまのまんまスペシャル2007 - 2007年10月9日に放送された。ナインティナインが途中、同席。さんまはチェの携帯電話の番号を教えてもらったが、チェは知らない電話番号からの着信には出ないとか。チェ・ジウ フレッシュアイペディアより)

  • 新春ドラマスペシャル

    新春ドラマスペシャルから見たさんまのまんまさんまのまんま

    フジテレビ系は正月3が日、夕方の「FNNニュース」(通常の「FNNみんなのニュース」全国ネット枠・平日のみ)のスポンサーを除き、通常の時間枠に放送しているスポンサー各社が他の特別番組(例えば「初詣!爆笑ヒットパレード」や「新春大売り出し!さんまのまんま」など)へ移動されるため、特別のスポンサーが番組提供して放送されていた。スポンサー名については元日売りの産経新聞や朝日新聞・読売新聞・毎日新聞などの大手新聞紙のテレビ・ラジオ別刷特集やサンケイスポーツ・日刊スポーツ・スポーツ報知・スポーツニッポンなどのスポーツ紙の元日版テレビ・ラジオ別刷特集の各広告欄に60秒以上の提供企業名が掲載されていた。1月4日以降の放送となった2008年は通常の「金曜プレステージ」(現在の「金曜プレミアム」)「土曜プレミアム」の30秒、60秒以上のスポンサー各社と従来新春ドラマスペシャルの番組スポンサーになっている企業各社との混合による番組スポンサーとなっていた(5日の場合「土曜プレミアム」のレギュラースポンサーであるSHARPが2回も提供していた。このうちの1回は「クイズ!シャープに答えて」でもう1回分が年始用に放送されていたCM(30秒×2本)が流れていた)。新春ドラマスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 感謝!感激!カンテーレ!50年だよ おかげさまスペシャル

    感謝!感激!カンテーレ!50年だよ おかげさまスペシャルから見たさんまのまんまさんまのまんま

    仮面の忍者 赤影、ハイ!土曜日です、どてらい男、パンチDEデート、ノックは無用!、花王名人劇場、裸の大将放浪記、三枝の爆笑美女対談、ノンストップゲーム、エンドレスナイト、さんまのまんま、ねるとん紅鯨団、紳助の人間マンダラ、痛快!エブリデイ 他感謝!感激!カンテーレ!50年だよ おかげさまスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 太平サブロー・シロー

    太平サブロー・シローから見たさんまのまんまさんまのまんま

    ダウンタウンの2人が下積み時代に世話になった先輩芸人は少ないが、唯一サブロー・シローの2人には可愛がられていた。サブロー・シローがラジオ番組「おっと!モモンガ」(ラジオ大阪)のリニューアルに伴い番組を降板する事になり、番組側が新たな出演者を探している時、番組関係者にサブロー・シローは「次はダウンタウンにやらしたってくれ」「こいつら面白いからやらしてやってくれ」と彼らを薦め、ラジオ大阪も冒険だった(松本人志談)が、無名にも関わらず番組の新レギュラーとしてダウンタウンが出演する事になる。これがダウンタウンにとって初のレギュラー番組となった。後年、松本は「ものすごくいい勉強になった、『ガキの使い』のフリートークの原形みたいなものだった」と振り返っている 。現在ではダウンタウンとサブロー・シローとの共演はないが、今もって若手の頃に良くしてもらったことを感謝している。「ごぶごぶ」(36回)では浜田雅功がサブローと偶然出会い、握手を交わしている。「快傑えみちゃんねる」ではサブローが松本から笑い飯を紹介されたことなどを話している。「さんまのまんま」では松本・サブロー・オール巨人・島田紳助で会合が合ったことを明かしている 。太平サブロー・シロー フレッシュアイペディアより)

  • DonDokoDon

    DonDokoDonから見たさんまのまんまさんまのまんま

    2006年12月に『ワンナイR&R』が終了したことでコンビ名義でのレギュラー番組は消滅、漫才の舞台などコンビでの仕事も行われなくなった。トークバラエティ番組『さんまのまんま』(関西テレビ)2013年7月27日放送回に山口が出演した際に、司会の明石家さんまから「DonDokoDonは今どうなってるの?」と聞かれた山口は、「バラバラの活動です。(2人では)やってないです」と話し、「解散はしてないの?」と確認されると、「解散ってのも微妙なんですけど、『解散します』って言っても「どうでもええわ」って人もいるじゃないですか。『解散』って言葉はマイナス(イメージ)なんで、(あえて)言うことはないんかな、と」と自然消滅の形でコンビを解消した事を明かした。なお、直接的な解散に至った理由や原因などは2017年現在も2人の口からは発せられていない。DonDokoDon フレッシュアイペディアより)

  • オシャレ魔女 アブandチェンジ

    オシャレ魔女 アブandチェンジから見たさんまのまんまさんまのまんま

    さんまのまんま」の収録をすると騙されて来たため、お土産を持参していた。このコーナーのことは知っていたものの全敗。滝沢とアブはプライベートで交友があるため、途中から暴露合戦と化した。オシャレ魔女 アブandチェンジ フレッシュアイペディアより)

274件中 91 - 100件表示

「さんまのまんま」のニューストピックワード