89件中 21 - 30件表示
  • せんとくん

    せんとくんから見た神戸市

    兵庫県神戸市兵庫区の平野地区では、平安時代末期に平清盛の主導で同地区に造営された福原京にちなんで2005年から「福原遷都まつり」というイベントが毎年開催されており、同まつりには「セントくん」という名のイメージキャラクターが存在する。2008年4月15日の愛称発表直後にこのことを指摘された平城遷都1300年記念事業協会は、この「セントくん」の存在を事前に把握していながら「キャラクター名が商標登録されていないことを確認し、問題ないと判断」し、また福原遷都まつりを単発のイベントと誤認して、公募最上位の「せんとくん」をそのまま採用していたことが明らかになった。このため協会は、4月17日に福原遷都まつりの実行委員会に電話で事情を説明し、謝罪した。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た當麻寺

    奈良県葛城市は2009年4月15日、同市に古くからゆかりのある伝説の人物「中将姫」をイメージした公式マスコットキャラクターを発表。同月22日には奈良県庁でせんとくんと対面し、「デートしませんか」などと書かれた恋文を渡した。せんとくんは、口に手を当てて驚きの様子を見せたが、同席した荒井正吾奈良県知事から「デートする?」と聞かれると、大きくうなずき、5月14日に葛城市内の當麻寺で初デートすることになった。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見たストラップ

    福原遷都まつりとの間の愛称問題の際に協会が商標権を気にしていたことで明らかになったように、せんとくんは当初よりその意匠を用いた商品の開発・販売による商業展開を視野に入れていた。最初の商品は2008年8月19日の「平城遷都1300年祭〈500日前〉Startingイベント」に合わせて同日より1万個が販売された真鍮製のピンズで、同時期には最初のノベルティグッズとして携帯電話ストラップ・携帯電話クリーナー・シールの3アイテムが開発された。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た平城遷都1300年記念事業

    せんとくんは、2010年に奈良県で開催された平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)の公式マスコットキャラクターであったが、2011年より奈良県のマスコットキャラクターとなった。鹿の角が生えた童子の姿をしている。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見たシャッター

    もともと明新社の店舗であった同店には2008年6月12日、シャッターにせんとくんとまんとくんが並んで描かれ(ともに認可第1号)、両キャラクターの縁を結んだとしてかねてから話題になっていた場所である。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た都営バス

    ファイル:ToeiBus KL-LV834L1kai S-H103 left.jpg|平城遷都1300年祭をPRするせんとくんが描かれたラッピング車両(都営バス)。 - 東京都中央区(2009年12月撮影)せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た奈良時代

    2012年1月12日、新しい衣装とテーマ曲が発表された。新しい衣装は、奈良時代の水色の官人装束、桃色の上着に桜の冠を付けた春用の天平装束、紅葉色の上着に紅葉の冠を付けた秋用の天平衣装の3種類となっている。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た福岡三越

    遠くは九州まで足を伸ばしており、福岡県を二度訪れている。最初は2009年9月18日から20日にかけて、奈良市の友好都市である太宰府市および当時「国宝 阿修羅展」を開催中であった同市内の九州国立博物館を訪れ、二度目は同年11月24日から26日にかけて福岡三越(福岡市)でのPRイベントに出演した。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見たゆるキャラ

    せんとくんの図案には2008年2月12日の発表当初よりさまざまな批判が寄せられた。まず従来流行していたゆるキャラとは一線を画したこれまでにないデザインに、一部の人から「気持ち悪い」との声が上がった。奈良の古刹を中心とした仏教界からは、仏に鹿の角を生やしたような姿は「仏様を侮辱している」と異議が唱えられた。尚、図案者の籔内は、以前にも「鹿角童子」の名で童子に鹿の角を生やしたような彫刻を度々発表しており、理解を求める意見も寄せられている。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見たなら100年会館

    せんとくんの家族として、2008年7月9日に奈良県庁において、せんとくんの兄の「平城の童子 鹿坊(ろくぼう)」の着ぐるみが初披露された。また同年8月19日、なら100年会館で行われた「平城遷都1300年祭〈500日前〉Startingイベント」において、せんとくんの着ぐるみと、せんとくんの祖父の「鹿爺(ろくじい)」の着ぐるみが初披露された。鹿坊・鹿爺ともに、キャラクターの作者は籔内佐斗司である。せんとくん フレッシュアイペディアより)

89件中 21 - 30件表示

「せんとくん」のニューストピックワード