110件中 21 - 30件表示
  • せんとくん

    せんとくんから見た著作権

    また制作経費が1,018万円にも達したこと、作品から得られる著作権収入の譲渡も含めた制作料として500万円が籔内に支払われたこと、図案を一般公募せずに専門家から募った21案中から、広告代理店を通したコンペで選考されたこと、選考に市民の参加が無かったことなども批判の的となった。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見たカレンダー

    協会では2008年12月、せんとくんをデザインした2009年の卓上カレンダーを1,500部製作し、1,000部はノベルティとして、残り500部を奈良県庁内の売店で12月15日から限定販売を始めたところ、約2時間で完売した。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た大阪府立大学

    このようなマスコットキャラクターを巡る騒動に関し多くの報道が行われた結果、せんとくん自体の知名度は非常に高まった。大阪府立大学経済学部教授の荒木長照らは2008年4月19日、このマスコットキャラクターに関する報道による宣伝効果の試算を発表し、テレビではNHKと民放キー局の28番組で計1時間52分02秒採り上げられ、広告料に換算すると1,469,590,167円、新聞では全国紙の記事段数などから13,331,019円、合計約15億円の宣伝効果があったとした。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た近畿地方

    2008年2月12日、平城遷都1300年記念事業協会から「平城遷都1300年祭」の公式マスコットキャラクターとして図案が発表された。制作者は東京藝術大学大学院教授であり彫刻家の籔内佐斗司(奈良県と同じ近畿地方の大阪府出身)。また、その愛称の募集を同日より同年3月12日までの日程で実施した。その結果4月15日、14,539件の応募の中から愛称は「せんとくん」に決定したと発表された。「せんとくん」には最多の337件の応募があり、以下「ナントくん」(292件)、「ブッカ」(265件)、「鹿坊」(248件)、「しかぶつくん」(154件)などが上位であった。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見たアンテナショップ

    また、奈良県および平城遷都1300年祭の広報施設と奈良県産品のアンテナショップを兼ねた施設として奈良県が東京・日本橋室町に2009年4月4日に開設した「奈良まほろば館」でも一部が店頭販売されている。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た神戸市

    兵庫県神戸市兵庫区の平野地区では、平安時代末期に平清盛の主導で同地区に造営された福原京にちなんで2005年から「福原遷都まつり」というイベントが毎年開催されており、同まつりには「セントくん」という名のイメージキャラクターが存在する。2008年4月15日の愛称発表直後にこのことを指摘された平城遷都1300年記念事業協会は、この「セントくん」の存在を事前に把握していながら「キャラクター名が商標登録されていないことを確認し、問題ないと判断」し、また福原遷都まつりを単発のイベントと誤認して、公募最上位の「せんとくん」をそのまま採用していたことが明らかになった。このため協会は、4月17日に福原遷都まつりの実行委員会に電話で事情を説明し、謝罪した。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た當麻寺

    奈良県葛城市は2009年4月15日、同市に古くからゆかりのある伝説の人物「中将姫」をイメージした公式マスコットキャラクターを発表。同月22日には奈良県庁でせんとくんと対面し、「デートしませんか」などと書かれた恋文を渡した。せんとくんは、口に手を当てて驚きの様子を見せたが、同席した荒井正吾奈良県知事から「デートする?」と聞かれると、大きくうなずき、5月14日に葛城市内の當麻寺で初デートすることになった。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た九州国立博物館

    遠くは九州まで足を伸ばしており、福岡県を二度訪れている。最初は2009年9月18日から20日にかけて、奈良市の友好都市である太宰府市および当時「国宝 阿修羅展」を開催中であった同市内の九州国立博物館を訪れ、二度目は同年11月24日から26日にかけて福岡三越(福岡市)でのPRイベントに出演した。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見たストラップ

    福原遷都まつりとの間の愛称問題の際に協会が商標権を気にしていたことで明らかになったように、せんとくんは当初よりその意匠を用いた商品の開発・販売による商業展開を視野に入れていた。最初の商品は2008年8月19日の「平城遷都1300年祭〈500日前〉Startingイベント」に合わせて同日より1万個が販売された真鍮製のピンズで、同時期には最初のノベルティグッズとして携帯電話ストラップ・携帯電話クリーナー・シールの3アイテムが開発された。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た平城遷都1300年記念事業

    せんとくんは、2010年に奈良県で開催された平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)の公式マスコットキャラクターであったが、2011年より奈良県のマスコットキャラクターとなった。鹿の角が生えた童子の姿をしている。せんとくん フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示

「せんとくん」のニューストピックワード