62件中 51 - 60件表示
  • たい焼き

    たい焼きから見た大阪

    たい焼きとしての発祥については、説が複数あり定かではない。明治時代に鋳物の型を使って作られたとされるが、三重県津市大門「日の出屋食堂」が東京や大阪のデパートに出店し全国的に広まったとも、「浪速家」の発明ともされるが、決定的な発祥の証拠は無い。今川焼きを元に種々の動物などを模した形に焼いた菓子が生まれ、その中で縁起が良く庶民がなかなか食べられない鯛の形をしたものが特に優勢になって生き残り、以後、長く愛されるようになったものと思われている。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た五所川原市

    五所川原ではたい焼きを揚げて砂糖でまぶした「あげたい」が販売されている。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た卵白

    一般的なたい焼き生地は黄色く、焼き上がったたい焼きの表面は茶色い。生地の色が黄色いのは、材料の一つである卵(卵黄と卵白)の卵黄によるものであり、焼き目が付くのはメイラード反応による。一方、卵の代わりに卵白のみを用いると生地は白色となり、焼き上げてもメイラード反応がほとんど発生せず、「白いたい焼き」となる。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見たクリーム (食品)

    小麦粉・砂糖・重曹などから作った生地を、鯛をかたどった焼き型に流し入れて焼き、片側に餡(小豆のアンコ)を載せて両側を合わせて焼く。近年では餡に替えてクリームや溶かしたチョコレート、キャラメル、カスタードクリームなどを詰めたもの、などの様々なバリエーションも見られる。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た文学者

    しっぽ(鯛の尾部)まで餡が入っているかどうか、また、入っているべきか否かについて、かつて文学者を巻き込んだ「たい焼き論争」とでも言うべき論争があった。これは小説家の安藤鶴夫が「たい焼きはしっぽまで餡が入っているのがおいしい」という趣旨の話を読売新聞に書いたところ様々な賛否があったもので、以下に示すものが代表的な意見とされる。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た人形町

    麻布十番の「浪花家総本店」1909年(明治42年創業)、人形町の「柳屋」1916年(大正5年創業)、四谷の「わかば」1953年(昭和23年創業)は「東京のたいやき御三家」と呼ばれている。このうち、「浪花家総本店」は『およげ!たいやきくん』のモデルといわれ、サクッとした食感で甘さ控えめの上品な味わいが特徴である。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た読売新聞

    しっぽ(鯛の尾部)まで餡が入っているかどうか、また、入っているべきか否かについて、かつて文学者を巻き込んだ「たい焼き論争」とでも言うべき論争があった。これは小説家の安藤鶴夫が「たい焼きはしっぽまで餡が入っているのがおいしい」という趣旨の話を読売新聞に書いたところ様々な賛否があったもので、以下に示すものが代表的な意見とされる。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た三重県

    たい焼きとしての発祥については、説が複数あり定かではない。明治時代に鋳物の型を使って作られたとされるが、三重県津市大門「日の出屋食堂」が東京や大阪のデパートに出店し全国的に広まったとも、「浪速家」の発明ともされるが、決定的な発祥の証拠は無い。今川焼きを元に種々の動物などを模した形に焼いた菓子が生まれ、その中で縁起が良く庶民がなかなか食べられない鯛の形をしたものが特に優勢になって生き残り、以後、長く愛されるようになったものと思われている。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た埼玉県

    こいのぼりの生産が盛んな埼玉県加須市では、「こいのぼり焼き」が販売されている。たい焼き フレッシュアイペディアより)

  • たい焼き

    たい焼きから見た福島県

    福島県いわき市にあるシーラカンス研究で知られる水族館「アクアマリンふくしま」では、シーラカンス形のたい焼きを販売している。たい焼き フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示

「たい焼き」のニューストピックワード