458件中 21 - 30件表示
  • パスタ

    パスタから見た鶏卵鶏卵

    パスタの主な原料は小麦粉で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。のセモリナ(粗挽き粉)を使ったものが最も良いとされる。デュラム小麦はガラス質と呼ばれる半透明の硬い胚乳が特徴で、パンやうどんなどに適した小麦とは性質が異なっている。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • 味噌汁

    味噌汁から見た鶏卵鶏卵

    鶏卵 -- 味噌を入れてから入れる。椀に盛った状態で半熟になるタイミングで入れる。味噌汁 フレッシュアイペディアより)

  • すき焼き

    すき焼きから見た溶き卵鶏卵

    古川緑波のエッセイによると、焼けた肉などの具材を溶き卵に潜らせて食べるのは関西発祥で、関東の牛鍋をベースとしたすき焼き店では、溶き卵を出す店は無かったらしい。その後、関西のすき焼き店が関東に進出してきた時に、溶き卵を付けて食べる習慣も持ち込まれ、一般化したと言う。すき焼き フレッシュアイペディアより)

  • すき焼き

    すき焼きから見た鶏卵鶏卵

    一般的なすき焼きは薄切りにした牛肉が用いられ、葱、春菊、椎茸、焼き豆腐、シラタキなどの具材(ザクと呼ぶ)が添えられる。味付けは醤油と砂糖が基本である。溶いた生の鶏卵をからめて食べる。しゃぶしゃぶの薄切り肉は熱湯にくぐらせるだけで食べられるほど薄いが、すき焼きの薄切り肉はしゃぶしゃぶに用いる肉よりも厚いことが多い。すき焼き フレッシュアイペディアより)

  • 親子丼

    親子丼から見た鶏卵鶏卵

    親子丼(おやこどん、おやこどんぶり)とは、鶏肉を割り下などで煮ながら汁でとじ、丼飯の上に乗せた料理で丼物の一種である。「親子丼」という名前は鶏の肉と鶏の卵を使うことに由来する。親子どんぶりと記述することもある。玉ねぎまたは長ねぎなどを入れる店もある。親子丼 フレッシュアイペディアより)

  • 卵焼き

    卵焼きから見た鶏卵鶏卵

    卵焼き、玉子焼き(たまごやき)は、溶いた鶏卵を調理器具で焼きながら巻いて筒状にした日本料理(和食)。弁当の定番の惣菜であり、家庭料理の一つで日本独特の調理法である。「厚焼き卵」とも呼ばれる。卵焼き フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た鶏卵鶏卵

    形から、鶏卵の黄身を満月に例えた料理も月見という。月見 フレッシュアイペディアより)

  • ホットケーキ

    ホットケーキから見た鶏卵鶏卵

    ホットケーキ()とは、小麦粉にやベーキングパウダー、砂糖、牛乳、水などを混ぜ、フライパンで両面を焼いた料理。ホットケーキ フレッシュアイペディアより)

  • 煎餅

    煎餅から見た鶏卵鶏卵

    小麦粉、などを原料にするもの、馬鈴薯などのでん粉を用いるもの、別の材料を用いたり等の、類似の外観や食感を持つものも煎餅と呼ぶ場合がある。小麦粉を原料とするものは、主に関西で古くから作られている。材料は主に小麦粉、砂糖、などで、カステラやビスケットに近く、味は甘めのものが多い。そのため甘味煎餅(あまみせんべい)とも言う。瓦せんべいなどが代表的なものであり、八ツ橋のように米を材料とするものもある。甘味煎餅とも呼び、これは唐菓子の伝統を受け継いでおり(京都には「唐板」もしくは「唐板煎餅」といわれる、小麦粉・卵(後年に加わった?)砂糖から作られる煎餅がある)。また、北海道根室市や長崎県平戸市のオランダせんべいのように洋菓子であるワッフルの原料・製造法から創作された物もある。青森県南部地方発祥の南部せんべいは、基本は小麦粉と塩だけの素朴な煎餅である。馬鈴薯などのでん粉を用いるものとしては、愛知県の知多半島の名物となっている海老煎餅などがある。これは、でん粉に魚や海老の乾燥品を混ぜて焼いたもの。塩辛い味が基本だが、現在ではわさび味、カレー味、キムチ味など、さまざまな味の物が作られている。煎餅 フレッシュアイペディアより)

  • ベーグル

    ベーグルから見た鶏卵鶏卵

    素のベーグル(プレーンベーグル)の他、様々な味付けのベーグルが存在する。伝統的なものは白ゴマ、ニンニク、芥子の実、刻みタマネギや、それらを混ぜ合わせたものなどである。また、生地にシナモンとレーズンやリンゴ、ブルーベリー、クランベリー、ライ麦、プンパーニッケル(六割ライ麦パン)、鶏卵、サワードウなどを加えたものも存在する。ただしこれらの派生品は、本来あるべき食べ方から逸脱しており、もはやベーグルと呼べるものではないとも指摘されている。ベーグル フレッシュアイペディアより)

458件中 21 - 30件表示

「たまご」のニューストピックワード