458件中 31 - 40件表示
  • ミートボール

    ミートボールから見た鶏卵鶏卵

    つなぎにはパン・パン粉・を使い、塩を加えて練って粘りを出す。風味や栄養を考えてスパイス、ハーブ、野菜などが加えられる場合もある。国によっては、ゆで卵を包み込む場合もある(例:スコットランドのスコッチエッグ、アフガニスタンのナルギス・カバブ等)。ミートボール フレッシュアイペディアより)

  • キャベツ焼き

    キャベツ焼きから見た鶏卵鶏卵

    キャベツ焼き(キャベツやき)は、水に溶いた小麦粉を鉄板で焼き、キャベツ、天かす、玉子などの具を入れて焼いた料理。関西地区で1990年代後半より流行りだした。発祥は各説あり定かではない。関西のある主婦が始めた説と東成区今里新道筋商店街を発祥とする説もある。キャベツ焼き フレッシュアイペディアより)

  • ラーメン

    ラーメンから見た鶏卵鶏卵

    風味を増したり独特の麺とするために、小麦粉へ蕎麦粉や唐辛子などをブレンドする場合もある。工場生産の場合、プロピレングリコールを添加して食感を良くしているものもある。また、かん水独特の臭気と苦味を嫌って、かん水に代えて鶏卵をつなぎに用い、「無かん水麺」あるいは「玉子めん」「鶏卵めん」等と称したものもある。ラーメン フレッシュアイペディアより)

  • インスタントラーメン

    インスタントラーメンから見た鶏卵鶏卵

    1980年代からは、調味油、味噌、ゴマだれなどの複数の液体の調味料を付ける製品も多くなり、小エビや豚肉、鶏卵などの具材も乾燥して同梱するインスタントラーメンが普及した。もっとも、豊富な具材が製品単価を押し上げる要因にもなり、また生の食材には味が及ばないとして、一部のカップ麺を除き一旦は市場から消えた。しかし、1990年代にはレトルト化した調理済みの具材や麺を同梱した高級品も登場し、2000年代には人気ラーメン店とのコラボレーションへと進化、それらが付属しない通常の製品と二極化が進んでいる。インスタントラーメン フレッシュアイペディアより)

  • 粥

    から見た鶏卵鶏卵

    、ショウガなどで味付けしたタイの米の粥。肉が入ることもある。 フレッシュアイペディアより)

  • カヌレ

    カヌレから見た鶏卵鶏卵

    ボルドーではワインの澱を取り除くため、鶏卵の卵白を使用していた。そのため大量の卵黄が余り、その利用法として考え出されたものという。カヌレ フレッシュアイペディアより)

  • カチューユー

    カチューユーから見た鶏卵鶏卵

    どんぶりなどにたっぷりの削り節を入れる。味噌味の場合は、味噌をみそ汁よりも多めに入れて熱湯を注ぐ。醤油味の場合は熱湯を注いだ後に醤油を入れる。好みによりニンニク等を入れる。削り節と一緒に生卵を入れておく人もいる。卵を入れる場合にはフタをして半熟になるのを待つ。カチューユー フレッシュアイペディアより)

  • ポットパイ

    ポットパイから見た鶏卵鶏卵

    ペンシルベニア・ダッチ地域では、ボットボイ(bot boi、bott boi)と呼ぶ。この料理を「slippery noodle pot pie(スリッパリ・ヌードル・ボットボイ)」と呼び、ポットパイのパイ形状と区別することがある。ボットボイは通常、鶏肉、ハム、牛肉、または野鳥に、正方形に切った麺、ジャガイモ、およびタマネギの出汁に、好みによりセロリ、ニンジン、パセリを加えて作るシチューである。風味を増すためにブイヨンを加える場合もある。卵麺は、穀粉、卵、(好みで)塩および水で作る場合が多い。ベーキングパウダー等の膨張剤を使うレシピもある。ポットパイ フレッシュアイペディアより)

  • ウェルシュケーキ

    ウェルシュケーキから見た鶏卵鶏卵

    ウェルシュケーキは小麦粉、バターまたはラード、鶏卵、砂糖、そしてレーズンから作られる。直径4-6cm、厚さ1.5cm程度の円盤状の形状をしている。温かいまま、あるいは冷やして、上白糖をまぶして供される。スコーンと違い、何かの付け合わせとなることはほとんどなく、むしろ割ってジャムを挟んだ状態で、あるいはたまにバターを塗った状態で売られてもいる。紅茶とともに食べるのが通例である。ウェルシュケーキ フレッシュアイペディアより)

  • 割卵機

    割卵機から見た鶏卵鶏卵

    割卵機(かつらんき)とは人の手を介さずに自動で鶏卵の殻を割り卵黄、卵白と卵殻を分離する装置である。卵の殻に付着した雑菌が混入しないように様々な工夫がされている。卵割機(らんかつき)ともいう。割卵機 フレッシュアイペディアより)

458件中 31 - 40件表示

「たまご」のニューストピックワード