615件中 41 - 50件表示
  • 煎餅

    煎餅から見た鶏卵鶏卵

    小麦粉、などを原料にするもの、馬鈴薯などのデンプンを用いるもの、別の材料を用いたり等の、類似の外観や食感を持つものも煎餅と呼ぶ場合がある。小麦粉を原料とするものは、主に関西で古くから作られている。材料は主に小麦粉、砂糖、などで、カステラやビスケットに近く、味は甘めのものが多い。そのため甘味煎餅(あまみせんべい)とも言う。瓦せんべいなどが代表的なものであり、八ツ橋のように米を材料とするものもある。甘味煎餅とも呼び、これは唐菓子の伝統を受け継いでおり(京都には「唐板」もしくは「唐板煎餅」といわれる、小麦粉・卵(後年に加わった?)砂糖から作られる煎餅がある)。また、北海道根室市や長崎県平戸市のオランダせんべいのように洋菓子であるワッフルの原料・製造法から創作された物もある。青森県南部地方発祥の南部せんべいは、基本は小麦粉と塩だけの素朴な煎餅である。馬鈴薯などのデンプンを用いるものとしては、愛知県の知多半島の名物となっている海老煎餅などがある。これは、デンプンに魚や海老の乾燥品を混ぜて焼いたもの。塩辛い味が基本だが、現在ではわさび味、カレー味、キムチ味など、さまざまな味の物が作られている。煎餅 フレッシュアイペディアより)

  • 粥

    から見た鶏卵鶏卵

    中国風の米の粥に対する日本での呼び方。白粥の他、鶏や干し貝柱(茹でたホタテガイやタイラギの貝柱を天日乾燥したもの)などの出汁で炊くことも多い。水分量は五分粥と同程度。具入りのものも各種あり、魚、豚肉、カキ、牛肉、鶏肉、するめ、もやし、落花生、皮蛋、鶏卵などさまざまなものを用いる。香菜やネギ、ショウガなどを薬味とし、風味付けのごま油、付け合わせとして油条が添えられる。 フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た鶏卵鶏卵

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • お好み焼き

    お好み焼きから見た鶏卵鶏卵

    キャベツや鶏卵がいつごろから使用されるようになったかについては、はっきりしたことは分かっていない。キャベツそのものは1904年ごろから普及しており、決して高価な食材ではなかった。ただ、青ネギを用いる西日本と、白ネギを用いる東日本では、戦前の一銭洋食時代においても用いられる野菜が異なっており、西日本の洋食焼きがもっぱら青ネギを使用したのに対し、同時期のどんどん焼きには白ネギだけではなくキャベツやタマネギなども定番の素材として使用されていた。戦争中の食糧事情が悪い時期に、単価が安く腹持ちのいいキャベツを用いる「お好み焼き」が伝わったこと、また戦後ほどなくキャベツとの相性が良い濃厚ソースが開発されたこともあって、西日本でも徐々に「ネギを散らして焼く洋食」から「キャベツをたっぷりと混ぜて焼くお好み焼き」へと切り替わっていったのではないかと推測される。お好み焼き フレッシュアイペディアより)

  • ニワトリ

    ニワトリから見た鶏卵鶏卵

    ニワトリは肉とを食用に、羽を衣服(特に防寒具)や寝具に利用するため世界中で飼育されており、ニワトリの飼育は養鶏という一つの産業として成り立っている。特に食用目的での飼育が盛んであり、伝統的な放し飼いによる低密度な飼育から、大規模養鶏場での高密度な飼育まで、生産者ごとに数々の飼育法が用いられる。ニワトリ フレッシュアイペディアより)

  • すき家

    すき家から見た鶏卵鶏卵

    特徴となっているトッピングはキムチ、3種のチーズ、わさび山かけ、ねぎ、辛口だれ、マヨネーズ等豊富で、どの商品にも自由に組み合わせ(具として載せる、または別皿)が可能。中でも、キムチと牛丼を組み合わせた「キムチ牛丼」はすき家のロングセラー商品となっている。すき家 フレッシュアイペディアより)

  • 地鶏卵

    地鶏卵から見た鶏卵鶏卵

    地鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • コーンスープ

    コーンスープから見た鶏卵鶏卵

    別名粟米羮(スーミーカン。)。中国料理のひとつで、トウモロコシの実をゆでて、鶏がらスープに浮かべ、溶いた鶏卵を合わせた物。コーンスープ フレッシュアイペディアより)

  • 生玉子

    生玉子から見た鶏卵鶏卵

    生玉子 フレッシュアイペディアより)

  • バル・ムレチュニィ

    バル・ムレチュニィから見た卵料理鶏卵

    バル・ムレチュニィでは生の牛乳や乳製品のほかに、オムレツや玉子カツのような卵料理、シリアル(ポーランド語でカーシャ)、ピエロギなど小麦粉ベースの料理も提供される。ポーランドで共産主義が廃止され物資の少ない時代が終わると、ほとんどのバル・ムレチュニィは一般の私営のレストランとの競争に敗れて廃業していった。しかしいくつかのバル・ムレチュニィは過去の福祉国家の遺産として生き残り、比較的貧しい人々を支え続けた。こんにちポーランドの都市の中心街には最低1軒のバル・ムレチュニィが設置されている。これらのバル・ムレチュニィは国から補助金を受けている(年間2000万ズウォティといわれる)。また、たいていの場合は自治体からも補助金を受けている。バル・ムレチュニィはいまでも、年金生活の年配の人々、ホームレスの人々、バックパッカーなどといった若い外国人旅行者、学生、そして大学教授の間で特に人気がある。普通の人々も日々の外食でファストフードに飽きるとバル・ムレチュニィを気軽に利用している。日本で言えば街の安食堂や中華料理屋さんのような感覚である。アルコールを提供することはほとんどない。バル・ムレチュニィ フレッシュアイペディアより)

615件中 41 - 50件表示

「たまご」のニューストピックワード