458件中 61 - 70件表示
  • ばくだん丼

    ばくだん丼から見た生卵鶏卵

    ばくだん丼(ばくだんどん)とは、生マグロ、納豆、生卵、オクラなどを丼に盛った飯の上に載せた料理。ばくだん丼 フレッシュアイペディアより)

  • ポン・デ・ケイジョ

    ポン・デ・ケイジョから見た鶏卵鶏卵

    表面はパリっと堅く、中は柔らかいという独特の食感と味わいがある。キャッサバ粉、鶏卵、塩、牛乳、食用油(オリーブ油)、チーズを材料とし、アメリカ合衆国風ビスケットにも似る。大きさは4?7センチ程度のものが主流である。ポン・デ・ケイジョ フレッシュアイペディアより)

  • 出雲いりすの丘

    出雲いりすの丘から見た鶏卵鶏卵

    乗馬体験や、鶏の産みたて拾い体験などが出来た。出雲いりすの丘 フレッシュアイペディアより)

  • シアーバターノキ

    シアーバターノキから見た鶏卵鶏卵

    花は黄色っぽいクリーム色で、葉の付け根に単生し、一つの小枝に10-40個が咲く。通常、乾季の12月から4月にかけて開花し、この間は落葉していることも多い。ミツバチなどによって受粉され、開花から100-175日後の5月から9月にかけて果実が熟する。果実は5-8cmの卵形でアボカドに似た形と味をしている。果実はコウモリ、ゾウ、鳥類など様々な生物によって摂食されることで、種子が散布される。果肉の中の種子は鶏卵ほどの大きさで固く、シアナッツと呼ばれる。果実1kgからは150-300粒ほどの種子が取れ、重量比では約31%にあたる。さらにその中にある胚はシアカーネルと呼ばれ、これを加工するとシアバターになり、採油後の滓は飼料となる。シアーバターノキ フレッシュアイペディアより)

  • 臼杵煎餅

    臼杵煎餅から見た鶏卵鶏卵

    臼杵煎餅 (うすきせんべい)は、大分県臼杵市の銘菓で、小麦粉、砂糖、鶏卵の生地のせんべいに、臼杵特産の生姜と砂糖を混ぜ合わせた蜜を塗ってさらに焼き上げた焼き菓子である。鞍形に手曲げされた全体の形は臼杵の地名にも由来する臼を表し、蜜の白い刷毛目模様は木目を表現している。なお、最近では携帯に便利な平らなものもある。生姜による独特の風味は好き嫌いが分かれやすいため、幼少期の食経験として大分県民に強い印象を残している場合が多い。臼杵煎餅 フレッシュアイペディアより)

  • バナナ饅頭

    バナナ饅頭から見た鶏卵鶏卵

    この饅頭は、小麦粉・鶏卵で作った饅頭生地に、バナナの香料を混ぜ白あんを包んだもので、形状もバナナに似せている。バナナエッセンスを使用しているが、実際にバナナそのものが含まれているわけではない。これは、バナナ饅頭を作った当時、バナナは大変高価な果物で、入手しにくいバナナの風味を大衆に楽しんで貰おうと考案されたからである。バナナ饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • バナナカステラ

    バナナカステラから見た鶏卵鶏卵

    一般には、小麦粉・砂糖・鶏卵・油脂等を混ぜて作ったカステラ生地をバナナ形の合わせ型に入れて焼き上げたもので、しっとりとした生地の表面に「BANANA」の浮き文字があり、中にはバナナ果汁やバナナの果肉が混ぜ込まれた、ほんのりとバナナ風味の白あんが入っている。バナナカステラ フレッシュアイペディアより)

  • 引き札

    引き札から見た鶏卵鶏卵

    蒲鉾、お菓子、料理屋、鰹節、酒、酢、醤油、蜂蜜、鶏卵、砂糖、素麺、うどん、そば、牛乳、茶、肉、福神漬け、海産物、練うに、押し寿司、味噌、青物、鮮魚、小麦粉、そば粉、飴、金平糖、豆腐、米、せんべい、昆布、穀類、饅頭など食べ物。引き札 フレッシュアイペディアより)

  • マテマティカ2

    マテマティカ2から見た鶏卵鶏卵

    外見は鶏の卵とほとんど同じ。盤上で踊りながら整列する。ただし、人数が合わないとうまく整列できない。リーダーの名前は「玉井」。マテマティカ2 フレッシュアイペディアより)

  • 甘食

    甘食から見た鶏卵鶏卵

    上記の物に全を割り入れて混ぜる。甘食 フレッシュアイペディアより)

458件中 61 - 70件表示

「たまご」のニューストピックワード