216件中 101 - 110件表示
  • 鶏卵

    鶏卵から見たエミュー

    国や地域によってよく使われる卵の種類は異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューなどさまざまな卵が使われる。日本においては、卵といえば、鶏卵を指すことが多い。一般に入手しやすい鳥類の卵としては他にウズラの卵ぐらいしかないが、中国ではアヒルの卵もごく一般的で、他にハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たヘビ

    高知県幡多郡西土佐村(現在の四万十市)にある黒尊神社では、川の中に鶏卵を投げ入れて割れなければ願い事が叶うという言い伝えがある。黒尊神社の守り神はであり、これに卵を供えたのが始まりであるといわれている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た因果応報

    それらの禁令は直接鶏卵食を禁ずるものではなかったが、因果応報譚や地獄を用いた仏教界からの説諭や圧力によって鶏卵食への忌避感情が浸透していった。とはいえ、養鶏が絶えることはなく、『源平盛衰記』では七条信隆の飼っていた4-5000羽の鶏が田畑を荒らして打ち殺された話があり、室町時代の禅僧、季弘大叔は日記『蔗軒日録』で鶏を飼う他の僧侶を説教したと嘆いている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たリン

    鶏卵は栄養価が高く、特に良質な動物性タンパク質を豊富に含むほか、卵黄にはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEや、リン、鉄、亜鉛や銅といったミネラルが含まれている。また全卵において必須アミノ酸が散在するが、特に卵黄に多く含まれる。世界的にも動物性のタンパク質の摂取源として一般的な食材である。菜食主義でも、無精卵だけは動物を傷つけることなく入手できる食材として、食べてもよいとする主義もあり、中国の精進料理でも使われる例がある。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た料理物語

    江戸時代には西日本の一部で鶏卵が食され、寛永4年(1627年)には平戸のオランダ商館長の江戸参府の際に鶏卵が用意されている。鶏卵を用いた料理としては寛永20年(1643年)に成立した料理書『料理物語』では「卵ふわふわ」と呼ばれる料理が記され、寛永3年(1626年)に後水尾天皇が二条城へ行幸した際に饗応されたという。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たカスドース

    カスタードプリン - 牛乳プリン - エッグタルト - カステラ - カスドース - たまご型カステラ(鶏蛋仔) - (小麦粉の)煎餅 - 月見氷(台湾のかき氷) - 卵のシロップ煮(順徳料理などのデザート)鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た炭酸カルシウム

    鶏卵の卵殻は主に炭酸カルシウムからなる。この卵殻を粉砕して得られる粉末は多孔質となっており、鉱物由来のものに比べ食品用途における消化・吸収性が良好である。安全性も高く、資源枯渇の可能性も低い。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たペンシルベニア州

    国際連合食糧農業機関 (FAOSTAT) によれば、2005年の世界の鶏卵の生産量は5943万4000トンである。全漁獲高9646万トンに次ぎ、他のどのような動物性タンパク質の生産量よりも多い。鶏卵の生産はアジア州 (60.2%)、ヨーロッパ州 (16.7%)、北アメリカ州 (13.9%) に偏っている。全生産量の41.0%(2434万8000トン)を中国1国が生産しており、次いでアメリカ合衆国(533万トン)、インド(249万2000トン)である。中国では、東北区の遼寧省、華北区の河北省、華東区の山東省、江蘇省、中南区の河南省、西南区の四川省に生産が集中しており、以上の6省で生産量の2/3を占める。アメリカ合衆国ではアイオワ州を筆頭に、オハイオ州、インディアナ州、ペンシルベニア州、ジョージア州の順に生産量が多い。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たトッピング

    焼いたものをのせる(トッピングする)鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た寒中

    寒中(小寒 - 立春の間)に産まれた卵は寒卵といい、味が良く、日持ちが良いとされる。寒卵は無精卵が多いとされる。俳句の季語ともなっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

216件中 101 - 110件表示

「たまご」のニューストピックワード