216件中 11 - 20件表示
  • 鶏卵

    鶏卵から見た岸田吟香

    西日本では萩藩主・毛利家や佐賀藩主・鍋島家、薩摩藩主・島津家など西日本の大名家の行事において鶏卵料理や菓子が出されている。幕末には天保9年(1838年)の鍋島藩『御次日記』において、客人に饗応された献立の中に生卵が記されている。生卵に関しては近代には1872年(明治5年)に従軍記者の岸田吟香が食した記録が見られる。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たうどん

    卵かけご飯 - 月見うどん/釜玉うどん- 月見そば - すき焼き : 溶き卵が供される。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たワクチン

    インフルエンザワクチンは、ワクチン用ウイルスの培養に鶏卵を使用する(ウイルスは生きた細胞に寄生する形で増殖するため(発育鶏卵培養法または鶏卵培養法)。総合感冒薬や鼻炎薬などに配合される消炎酵素剤の塩化リゾチームは卵のたんぱく質を原料に作られる。このため卵アレルギーがある人は注意が必要で医師・薬剤師等に相談する。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た養鶏

    それらの禁令は直接鶏卵食を禁ずるものではなかったが、因果応報譚や地獄を用いた仏教界からの説諭や圧力によって鶏卵食への忌避感情が浸透していった。とはいえ、養鶏が絶えることはなく、『源平盛衰記』では七条信隆の飼っていた4-5000羽の鶏が田畑を荒らして打ち殺された話があり、室町時代の禅僧、季弘大叔は日記『蔗軒日録』で鶏を飼う他の僧侶を説教したと嘆いている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たサルモネラ

    食品衛生の観点から卵を生で食べる際にはサルモネラによる食中毒に特に気をつけなければならない。サルモネラの汚染経路としては、卵殻を通って菌が外部から侵入する「オンエッグ」と卵細胞そのものが菌で汚染されることで生じる「インエッグ」とがあり、サルモネラの増殖による食中毒を避ける為にも出来るだけ新鮮なものを選ぶのが賢明である。日本でも全農のQCたまごは鶏や製品のサンプリングでサルモネラ検査を実施しているが、菌陰性とまでは謳っていない。特に夏季は劣化が激しいため、牛丼チェーン店などでは持ち帰り客に生卵の販売をしていない。購入後冷蔵庫内で保存することが望ましい。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たオイルショック

    日本国内で食用消費される鶏卵は、主に白色レグホーン種の産むものであり、殻は白色。過去数十年にわたり、価格が比較的安定していたことから、「物価の優等生」と称されることもある。例えば、1954年から1988年までのMサイズの鶏卵1キログラム当たりの価格を調べたデータによれば、1955年の年平均価格は205円 (貨幣)、1965年は191円、1975年(前年のオイルショックにより諸物価が高騰)は304円、1985年は高値-安値で370円から205円までとされており、他の生活必需品と比較して概ね安定的な価格の推移を示している。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た通信販売

    工業製品に喩えると「規格外の不良品」になるため、品評会でも確認され次第失格となる。しかし食品として何ら不都合な点はなく、むしろその珍しさ(1羽の鶏が産卵を開始してから廃鶏として淘汰されるまでに二黄卵を産む確率は僅か1 - 2%といわれている)から縁起物として、農産物の直売や通販などでは付加価値も付く。ただし有精卵であっても、2つの胚が発育スペースを奪い合う形となることで双方とも発育の途中で死んでしまい、普通なら孵化することはない。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た遼寧省

    国際連合食糧農業機関 (FAOSTAT) によれば、2005年の世界の鶏卵の生産量は5943万4000トンである。全漁獲高9646万トンに次ぎ、他のどのような動物性タンパク質の生産量よりも多い。鶏卵の生産はアジア州 (60.2%)、ヨーロッパ州 (16.7%)、北アメリカ州 (13.9%) に偏っている。全生産量の41.0%(2434万8000トン)を中国1国が生産しており、次いでアメリカ合衆国(533万トン)、インド(249万2000トン)である。中国では、東北区の遼寧省、華北区の河北省、華東区の山東省、江蘇省、中南区の河南省、西南区の四川省に生産が集中しており、以上の6省で生産量の2/3を占める。アメリカ合衆国ではアイオワ州を筆頭に、オハイオ州、インディアナ州、ペンシルベニア州、ジョージア州の順に生産量が多い。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た運動会

    スプーンに鶏卵を乗せて落とさないように走る競技。学校の運動会で行なわれることもあったが、食材を遊びに用いることへの反感から近年はあまり行われない。近年は鶏卵の代わりにピンポン球を用いることが多い。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た全国農業協同組合連合会

    食品衛生の観点から卵を生で食べる際にはサルモネラによる食中毒に特に気をつけなければならない。サルモネラの汚染経路としては、卵殻を通って菌が外部から侵入する「オンエッグ」と卵細胞そのものが菌で汚染されることで生じる「インエッグ」とがあり、サルモネラの増殖による食中毒を避ける為にも出来るだけ新鮮なものを選ぶのが賢明である。日本でも全農のQCたまごは鶏や製品のサンプリングでサルモネラ検査を実施しているが、菌陰性とまでは謳っていない。特に夏季は劣化が激しいため、牛丼チェーン店などでは持ち帰り客に生卵の販売をしていない。購入後冷蔵庫内で保存することが望ましい。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

216件中 11 - 20件表示

「たまご」のニューストピックワード