216件中 21 - 30件表示
  • 鶏卵

    鶏卵から見た国際連合食糧農業機関

    国際連合食糧農業機関 (FAOSTAT) によれば、2005年の世界の鶏卵の生産量は5943万4000トンである。全漁獲高9646万トンに次ぎ、他のどのような動物性タンパク質の生産量よりも多い。鶏卵の生産はアジア州 (60.2%)、ヨーロッパ州 (16.7%)、北アメリカ州 (13.9%) に偏っている。全生産量の41.0%(2434万8000トン)を中国1国が生産しており、次いでアメリカ合衆国(533万トン)、インド(249万2000トン)である。中国では、東北区の遼寧省、華北区の河北省、華東区の山東省、江蘇省、中南区の河南省、西南区の四川省に生産が集中しており、以上の6省で生産量の2/3を占める。アメリカ合衆国ではアイオワ州を筆頭に、オハイオ州、インディアナ州、ペンシルベニア州、ジョージア州の順に生産量が多い。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た

    栄養バランスが良いことから完全栄養食品と言われる。しかし必要な栄養素のうち、ビタミンCや食物繊維、カルシウムなどは不足している。ただしやクエン酸などの有機酸に溶かす、砕いて粉末にするなどなんらかの方法で卵殻まで摂取するならばカルシウム不足はある程度解消される。上記の中国の精進料理の中で、少林拳などでは粉末にして飲むほかそのまま卵殻を噛み砕いて摂取する修行法もある。また、香酢などの酢にも生卵をそのまま漬けて卵殻を溶かし、中身は肌や髪の美容に良いとして蛋白源として食べ、溶かした酢は料理に用いる。同様の家庭調理食品はビネガー・エッグとして欧米にも存在する。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た漢方

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た二条城

    江戸時代には西日本の一部で鶏卵が食され、寛永4年(1627年)には平戸のオランダ商館長の江戸参府の際に鶏卵が用意されている。鶏卵を用いた料理としては寛永20年(1643年)に成立した料理書『料理物語』では「卵ふわふわ」と呼ばれる料理が記され、寛永3年(1626年)に後水尾天皇が二条城へ行幸した際に饗応されたという。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た食中毒

    食品衛生の観点から卵を生で食べる際にはサルモネラによる食中毒に特に気をつけなければならない。サルモネラの汚染経路としては、卵殻を通って菌が外部から侵入する「オンエッグ」と卵細胞そのものが菌で汚染されることで生じる「インエッグ」とがあり、サルモネラの増殖による食中毒を避ける為にも出来るだけ新鮮なものを選ぶのが賢明である。日本でも全農のQCたまごは鶏や製品のサンプリングでサルモネラ検査を実施しているが、菌陰性とまでは謳っていない。特に夏季は劣化が激しいため、牛丼チェーン店などでは持ち帰り客に生卵の販売をしていない。購入後冷蔵庫内で保存することが望ましい。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たケーキ

    鶏卵を使用した料理の種類は次節のとおり多い。また、ケーキやカステラなどの菓子の原材料として、日本料理では天ぷらやとんかつの衣の材料などに使用される。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た

    鶏卵は栄養価が高く、特に良質な動物性タンパク質を豊富に含むほか、卵黄にはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEや、リン、鉄、亜鉛やといったミネラルが含まれている。また全卵において必須アミノ酸が散在するが、特に卵黄に多く含まれる。世界的にも動物性のタンパク質の摂取源として一般的な食材である。菜食主義でも、無精卵だけは動物を傷つけることなく入手できる食材として、食べてもよいとする主義もあり、中国の精進料理でも使われる例がある。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たカキ (貝)

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た煎餅

    カスタードプリン - 牛乳プリン - エッグタルト - カステラ - カスドース - たまご型カステラ(鶏蛋仔) - (小麦粉の)煎餅 - 月見氷(台湾のかき氷) - 卵のシロップ煮(順徳料理などのデザート)鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た菓子

    鶏卵を使用した料理の種類は次節のとおり多い。また、ケーキやカステラなどの菓子の原材料として、日本料理では天ぷらやとんかつの衣の材料などに使用される。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

216件中 21 - 30件表示

「たまご」のニューストピックワード