216件中 41 - 50件表示
  • 鶏卵

    鶏卵から見た骨粗しょう症

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たカモメ

    国や地域によってよく使われる卵の種類は異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューなどさまざまな卵が使われる。日本においては、卵といえば、鶏卵を指すことが多い。一般に入手しやすい鳥類の卵としては他にウズラの卵ぐらいしかないが、中国ではアヒルの卵もごく一般的で、他にハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た蕎麦

    卵かけご飯 - 月見うどん/釜玉うどん- 月見そば - すき焼き : 溶き卵が供される。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た四川省

    国際連合食糧農業機関 (FAOSTAT) によれば、2005年の世界の鶏卵の生産量は5943万4000トンである。全漁獲高9646万トンに次ぎ、他のどのような動物性タンパク質の生産量よりも多い。鶏卵の生産はアジア州 (60.2%)、ヨーロッパ州 (16.7%)、北アメリカ州 (13.9%) に偏っている。全生産量の41.0%(2434万8000トン)を中国1国が生産しており、次いでアメリカ合衆国(533万トン)、インド(249万2000トン)である。中国では、東北区の遼寧省、華北区の河北省、華東区の山東省、江蘇省、中南区の河南省、西南区の四川省に生産が集中しており、以上の6省で生産量の2/3を占める。アメリカ合衆国ではアイオワ州を筆頭に、オハイオ州、インディアナ州、ペンシルベニア州、ジョージア州の順に生産量が多い。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た農産物

    工業製品に喩えると「規格外の不良品」になるため、品評会でも確認され次第失格となる。しかし食品として何ら不都合な点はなく、むしろその珍しさ(1羽の鶏が産卵を開始してから廃鶏として淘汰されるまでに二黄卵を産む確率は僅か1 - 2%といわれている)から縁起物として、農産物の直売や通販などでは付加価値も付く。ただし有精卵であっても、2つの胚が発育スペースを奪い合う形となることで双方とも発育の途中で死んでしまい、普通なら孵化することはない。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た料理

    鶏卵を使用した料理の種類は次節のとおり多い。また、ケーキやカステラなどの菓子の原材料として、日本料理では天ぷらやとんかつの衣の材料などに使用される。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たアラキドン酸

    ドコサヘキサエン酸 (DHA) - エイコサペンタエン酸 (EPA) - アラキドン酸(ARA。主に肉、卵、魚、母乳に含まれる必須脂肪酸。)鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たヘリコプター

    生の鶏卵を高所から地面に落とし、壊れなかった記録というものがギネスブックに載っている。イギリスで1994年に行なわれた実験で、213mの上空にあるヘリコプターから芝生の地面に落とした鶏卵が割れなかったという。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た立春

    寒中(小寒 - 立春の間)に産まれた卵は寒卵といい、味が良く、日持ちが良いとされる。寒卵は無精卵が多いとされる。俳句の季語ともなっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た室町時代

    それらの禁令は直接鶏卵食を禁ずるものではなかったが、因果応報譚や地獄を用いた仏教界からの説諭や圧力によって鶏卵食への忌避感情が浸透していった。とはいえ、養鶏が絶えることはなく、『源平盛衰記』では七条信隆の飼っていた4-5000羽の鶏が田畑を荒らして打ち殺された話があり、室町時代の禅僧、季弘大叔は日記『蔗軒日録』で鶏を飼う他の僧侶を説教したと嘆いている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

216件中 41 - 50件表示

「たまご」のニューストピックワード