216件中 61 - 70件表示
  • 鶏卵

    鶏卵から見た必須アミノ酸

    鶏卵は栄養価が高く、特に良質な動物性タンパク質を豊富に含むほか、卵黄にはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEや、リン、鉄、亜鉛や銅といったミネラルが含まれている。また全卵において必須アミノ酸が散在するが、特に卵黄に多く含まれる。世界的にも動物性のタンパク質の摂取源として一般的な食材である。菜食主義でも、無精卵だけは動物を傷つけることなく入手できる食材として、食べてもよいとする主義もあり、中国の精進料理でも使われる例がある。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たタンパク質

    鶏卵は栄養価が高く、特に良質な動物性タンパク質を豊富に含むほか、卵黄にはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEや、リン、鉄、亜鉛や銅といったミネラルが含まれている。また全卵において必須アミノ酸が散在するが、特に卵黄に多く含まれる。世界的にも動物性のタンパク質の摂取源として一般的な食材である。菜食主義でも、無精卵だけは動物を傷つけることなく入手できる食材として、食べてもよいとする主義もあり、中国の精進料理でも使われる例がある。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たポリエステル

    スーパーマーケット等では鶏卵はパック詰めで販売される。主にパルプモウルドと呼ばれる紙のようにパルプから作られるものとプラスチック製のものとがある。プラスチック鶏卵容器は、日本では1963年にポリ塩化ビニル製が作られたが、後にポリスチレン製のものが広がり、現在は非結晶ポリエステル (A-PET) シートを真空成形したものが主流である。業務用の段ボール箱の中に入れる保持材や、ブランド卵の容器としてパルプモウルドの需要も根強い。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た医薬品

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た

    工業製品に喩えると「規格外の不良品」になるため、品評会でも確認され次第失格となる。しかし食品として何ら不都合な点はなく、むしろその珍しさ(1羽の鶏が産卵を開始してから廃鶏として淘汰されるまでに二黄卵を産む確率は僅か1 - 2%といわれている)から縁起物として、農産物の直売や通販などでは付加価値も付く。ただし有精卵であっても、2つのが発育スペースを奪い合う形となることで双方とも発育の途中で死んでしまい、普通なら孵化することはない。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た萩藩

    西日本では萩藩主・毛利家や佐賀藩主・鍋島家、薩摩藩主・島津家など西日本の大名家の行事において鶏卵料理や菓子が出されている。幕末には天保9年(1838年)の鍋島藩『御次日記』において、客人に饗応された献立の中に生卵が記されている。生卵に関しては近代には1872年(明治5年)に従軍記者の岸田吟香が食した記録が見られる。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たパステル・デ・ナタ

    カスタードプリン - 牛乳プリン - エッグタルト - カステラ - カスドース - たまご型カステラ(鶏蛋仔) - (小麦粉の)煎餅 - 月見氷(台湾のかき氷) - 卵のシロップ煮(順徳料理などのデザート)鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たマーブルチョコレート

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た麩菓子

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たカロテノイド

    鶏卵における色は、薄いクリーム色から濃いオレンジ色まで様々であるが、飼料に含まれるカロテノイドが卵黄へ移行する量で決まる。つまり同じニワトリでも飼料を変えることで卵黄の色が変化する。従って、ニワトリの餌にカロテノイド含量が多いトウモロコシを与えると濃くなり、カロテノイド含量が少ない飼料米を与えると白っぽくなる。また、鶏卵中のカロテノイド含量が多いほどゆで卵など加熱時の色落ちが少ない。なお、日本では色の濃い(オレンジ色に近い)ものほど栄養価が高いとの誤解があり、より色の濃い物が好まれる傾向にある。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

216件中 61 - 70件表示

「たまご」のニューストピックワード