216件中 81 - 90件表示
  • 鶏卵

    鶏卵から見たとんかつ

    鶏卵を使用した料理の種類は次節のとおり多い。また、ケーキやカステラなどの菓子の原材料として、日本料理では天ぷらやとんかつの衣の材料などに使用される。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た台湾

    日本の他に生卵を食べる国は、台湾・韓国の一部など日本の影響を強く受けている国がある。日本の統治を受けていた台湾では、月見うどんやすき焼きなどを食べる際に生卵を使うほか、かき氷のトッピングに生の卵黄を載せる例もある。同様に韓国でも生卵に対する抵抗は少ない。欧米でも昔は生食され、また日本の卵酒の様なエッグノッグの材料にも使われたが、衛生上の懸念からサルモネラ菌対策を行っている場合でも近年ではあまり生食を推奨されていない。アメリカでは、法律でレストランにて生卵を提供することを禁じている州もある。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た天ぷら

    鶏卵を使用した料理の種類は次節のとおり多い。また、ケーキやカステラなどの菓子の原材料として、日本料理では天ぷらやとんかつの衣の材料などに使用される。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たエッグスラット

    エッグスラット() - 小さめの瓶にマッシュポテトを入れ、その上に卵を落とし、蓋をして湯煎。半熟卵とマッシュポテトをよく混ぜてパンの上にのせて食べる。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た日本書紀

    日本列島では弥生時代に家畜化されたニワトリが伝来する。鶏卵は「鶏子」と呼ばれ、『日本書紀』の冒頭では宇宙の原初状態を鶏卵に例えている。古代の殺生禁断令では鶏肉とともに鶏卵も避けるべきものとされた。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た校庭

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たビスケット

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た香酢

    栄養バランスが良いことから完全栄養食品と言われる。しかし必要な栄養素のうち、ビタミンCや食物繊維、カルシウムなどは不足している。ただし酢やクエン酸などの有機酸に溶かす、砕いて粉末にするなどなんらかの方法で卵殻まで摂取するならばカルシウム不足はある程度解消される。上記の中国の精進料理の中で、少林拳などでは粉末にして飲むほかそのまま卵殻を噛み砕いて摂取する修行法もある。また、香酢などの酢にも生卵をそのまま漬けて卵殻を溶かし、中身は肌や髪の美容に良いとして蛋白源として食べ、溶かした酢は料理に用いる。同様の家庭調理食品はビネガー・エッグとして欧米にも存在する。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見た鍋島氏

    西日本では萩藩主・毛利家や佐賀藩主・鍋島家、薩摩藩主・島津家など西日本の大名家の行事において鶏卵料理や菓子が出されている。幕末には天保9年(1838年)の鍋島藩『御次日記』において、客人に饗応された献立の中に生卵が記されている。生卵に関しては近代には1872年(明治5年)に従軍記者の岸田吟香が食した記録が見られる。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏卵

    鶏卵から見たかりんとう

    鶏卵の殻の利用方法としては、肥料として盆栽の鉢に添えたりすることもある。工業製品としては土壌改良剤のほか、チョーク(白墨)や校庭用白線ガイアフィールドライン、壁紙「エッグウォール」、また炭酸カルシウムの硬度が比較的柔らかいことを生かしてガラス製品や金属部品など傷つきやすい物への研磨剤の材料となる。また食品・医薬品の分野では、麺類に歯ごたえを与えたり、栄養素カルシウム強化用として麩菓子やかりんとう、マーブルチョコレート、ウエハース、たまごボーロやビスコをはじめとする乳幼児用ビスケットや保存食としての乾パンなどスナック菓子などの原料とされる。同様に漢方(和漢薬)では骨折や年寄って骨が脆くなった老人(骨粗しょう症)などの骨疾患に薬研で粉に挽いたものが牡蠣粉(ボレイ末)など焼成貝殻粉末とともに室町時代ごろより処方されてきた。少林拳では同様にカルシウムによる骨を丈夫にするために卵殻ごとゆで卵を摂取する修行も伝わっている。鶏卵 フレッシュアイペディアより)

216件中 81 - 90件表示

「たまご」のニューストピックワード