101件中 81 - 90件表示
  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見た近世

    語源事典では「異なるものを混ぜること」の語源としているが、「攙烹」の漢字の中に既に「混ぜる」と言う概念が含まれており、「ちゃんぽん」の伝播が「混ぜる」という意味を各地にもたらしたと考える方が自然である。鉦の音(ちゃん)と鼓の音(ぽん)という擬音としてつなげた近世(江戸時代)の造語であるとしている。これらの語源事典では、「攙烹」の字義を検証せずに、料理名の「ちゃんぽん」が「混ぜること」より発生が遅いとした根拠が示されていない状態である。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見たニンジン

    具材や味付けは店によって異なるが、野菜はキャベツ、ニンジン、モヤシ、タマネギなど、肉類は豚肉の薄切り、缶詰のランチョンミート、コンビーフハッシュなどがよく使われる。おかず載せご飯という点でインドネシアのナシチャンプル(nasi campur ナシはご飯の意味)と類似性があり、豆腐入りの野菜炒めを意味するチャンプルーの語源も含めて。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見たコンブ

    滋賀県彦根市には、鰹・昆布出汁ベースのスープを特徴とするちゃんぽんが存在する。主な具材は中太麺とたっぷりの野菜で、通常は魚介類を入れない。長崎ちゃんぽんと違い、具材は炒めずに煮込む。途中でスープに酢を入れて味に変化を加えるのが定番の食べ方である。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見た国道389号

    天草下島各市町の商工会議所は天草地方の国道3路線(国道266号・国道324号・国道389号)を2006年秋から「天草ちゃんぽん街道」と名付け、町おこしを図っている。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見た福岡空港

    福岡市など西鉄沿線に店舗を持つ「やりうどん」や福岡空港にある「はち屋」(いずれも西鉄プラザが経営)などの人気メニューで、中華麺ではなく、中太で柔らかいうどんを使用した和風だしのもの。カレーちゃんぽんうどんなどの変種も提供されている。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見たコンビーフ

    具材や味付けは店によって異なるが、野菜はキャベツ、ニンジン、モヤシ、タマネギなど、肉類は豚肉の薄切り、缶詰のランチョンミート、コンビーフハッシュなどがよく使われる。おかず載せご飯という点でインドネシアのナシチャンプル(nasi campur ナシはご飯の意味)と類似性があり、豆腐入りの野菜炒めを意味するチャンプルーの語源も含めて。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見た八幡浜市

    愛媛県八幡浜市でちゃんぽんを出している店は、2014年(平成26年)10月時点で50店舗ほどある。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見たビン語

    長崎ちゃんぽんの語源については諸説ある。福建語の挨拶「吃飯」もしくは「吃飯了」(直訳するなら「飯は食ったか?」)から来ているとの説、同じく福建語の「混ぜる」を意味する語「混」から来ているとする説が存在する。しかし、福建省の方言の発音は、「シェープン」に近く、「攙烹(chān pēng)」の方が「ちゃんぽん」、「campur」や「チャンプルー」により近いと言える。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見た飯塚市

    この他にも県内の北九州市や飯塚市などを含め、うどんを使ったちゃんぽんを提供する店が全国各地に点在しているが、スープは必ずしも和風とは限らない。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんぽん

    ちゃんぽんから見たチャジャンミョン

    大韓民国のちゃんぽん()は韓国の中華料理に分類される麺料理で、主に中華料理店で食べられ、チャジャンミョンと並ぶ人気がある。中国の福建式燜麺(メンミエン)が変化して作られた日本の長崎のちゃんぽんと異なり、韓国の仁川のちゃんぽんは中国の山東式炒碼麺(チャオマミエン)が変化して作られたが、日本統治時代に日本人たちが韓国の清料理店で販売するこの食べ物を見て「ちゃんぽん」と名付けた。ちゃんぽん フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示

「ちゃんぽん」のニューストピックワード