140件中 41 - 50件表示
  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た神奈月

    神奈月、ホリ(金、週刊ペキンウォーカー)情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た佐橋俊彦

    この時に流れるBGMは、映画『2STEPS!』のサウンドトラックより「母と息子」(佐橋俊彦作曲)である。情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見たスタイル・カウンシル

    ED:「My Ever Changing Moods」(スタイル・カウンシル情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た加来耕三

    加来耕三(歴史家・作家)(火、新名将列伝SAMURAI魂)情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た渡辺俊介 (フジテレビ)

    プロデューサー:渡辺俊介、内ヶ崎秀行、森憲一(全員→フジテレビ)、吉川和仁(バンエイト)情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た三浦豪太

    2018年2月8日、上記の昨年内の一部項目について放送倫理・番組向上委員会(BPO)の放送倫理検証委員会から放送倫理違反を指摘、意見文を送付。さらに、同日放送分の平昌オリンピック関連による元モーグル日本代表・三浦豪太への取材で、彼の紹介で登山家の実父・雄一郎とのツーショット画像紹介の際、「故・三浦雄一郎さん」の字幕スーパーが表示されるミスが発生。司会の小倉は「三浦豪太君のお父様、今も大変お元気で、もう1度エベレストに行くんだと仰っています。その三浦さんに対して、大変失礼なスーパーを流してしまいました。申し訳ありません」と謝罪。情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見たジェファーソン・エアプレイン

    2007年10月1日?2009年3月27日:「We Built This City」(スターシップ情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た高野健一

    2014年3月24日?2018年3月30日: pal@pop作曲情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た安倍晋三

    2012年9月27日の放送では、厚生労働省により難病指定を受けている潰瘍性大腸炎の悪化で過去に内閣総理大臣職を辞任した経緯のある安倍晋三の自民党新総裁選出に関連して、コメンテーターの田中雅子が「1年で、もうお腹痛くなっちゃって辞めちゃったということで…」と話し、これに口を挟んだ小倉の「ちょっと子供みたいだったと思うよ」との発言に、田中が「本当に病気で辞めるなんて本当にもう二度と言ってほしくないし、本当に実行にもっと移していって貰いたい」と訴えた。田中と小倉が同病を単なる「腹痛」と軽視して、同病に罹患する患者全体に対する誤解を生む発言をしたことに対して、「好き好んで病気になる人がいますか?」「難病だし、苦しんでる人がいるのに」「同じ病気の私は複雑な気持ち」といった批判や疑問が相次いだ。情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

  • 情報プレゼンター とくダネ!

    情報プレゼンター とくダネ!から見た小野次郎 (政治家)

    島田紳助が2011年8月23日、暴力団関係者との交際があったことを理由に芸能界引退したことを翌24日放送分で扱った際、小倉が「皆さんの周辺でも、知らないうちにそういう(暴力団)人が解決してくれるってことは起こるはず」「駄目なことは分かってても、それしか解決方法がなかったって人はいると思う」と発言。暴力団によるトラブルの解決を肯定しているとも取れる発言だったことから、「そんなことはない」「普通は警察に助けて貰う」などとネット上で批判が殺到した。これを受け26日放送分で小倉が「トラブルに巻き込まれて、その解決を警察とか弁護士ではなくて、結果的に圧力団体であるとか闇社会の人が解決をしてしまうケースがあるという話をした。これは、私は『考えなければいけないことだ』と言ったが、これがどうも『小倉が容認しているようだ』と受け止められたようだ」と釈明。「一般の人は暴力団とは関係ない」との反論については、「昔は暴力団という看板を掲げて、威嚇をしていた。ところが今は、身分を隠して一般社会に溶け込むような形で知らず知らずのうちに深く深く潜行していて、気が付いたら巻き込まれていたということもある。ですから、『気をつけてほしい』ということで言ったつもりだったが、どうも言葉が足らなかった。誤解があったとしたら、申し訳なかった」と陳謝した。しかし、かつて警察庁暴力団対策課長を務めていた参議院議員の小野次郎は小倉の発言を不適切であるとして、謝罪と番組降板を求めた。情報プレゼンター とくダネ! フレッシュアイペディアより)

140件中 41 - 50件表示