前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • ズーチェック運動

    ズーチェック運動から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    2011年、愛媛県立とべ動物園(動物園人賞・ゾウの育児放棄を回避し、群れを形成する直接飼育の取組み)。埼玉県こども動物自然公園(施設賞・ペンギンヒルズ・波のあるプールと広い陸地を用意する設計に対して)。葛西臨海水族園(特別賞・水流への取り組み・「ししおどし」などの活用で水流と給餌を調節し、サンゴ、魚、海藻へのエンリッチメントを実現)。ズーチェック運動 フレッシュアイペディアより)

  • とべ動物園

    とべ動物園から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    とべ動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県立道後動物園

    愛媛県立道後動物園から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    より良い自然環境での飼育を行なうためや施設の拡張が難しくなったため、1988年4月に伊予郡砥部町の愛媛県立総合運動公園内に新たに建設された愛媛県立とべ動物園に移転された。愛媛県立道後動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 松山圏

    松山圏から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    松山市の道後温泉や松山城、久万高原町の面河渓や石鎚山、四国カルスト、砥部町のとべ動物園などさまざま観光地や観光施設がある。松山圏 フレッシュアイペディアより)

  • 通谷池

    通谷池から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    池周辺は、築造時に植樹した桜が現在は名所として花見の名所で、えひめこどもの城、愛媛県立とべ動物園、愛媛県総合運動公園の一部となっており、休憩所や手こぎボートもできる。通谷池 フレッシュアイペディアより)

  • 道後公園

    道後公園から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    1987年:動物園を伊予郡砥部町に移転させるため廃止(翌年に愛媛県立とべ動物園が開園)道後公園 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島市総合動植物公園

    徳島市総合動植物公園から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    当施設の前身である徳島市立動物園は、1957年11月1日に、市民の強い要望により誕生した。徳島市中心部(四国放送・徳島城東高校付近)に位置していたが、敷地面積が1.8haと手狭であったことから、1997年12月28日に閉園され、隣接していた徳島児童文化公園も1998年4月4日に閉園された。そして1998年4月28日、徳島市外縁部の丘陵地に移転・新設され、当施設が誕生した。これとよく似た事例としては、隣県では神戸市立王子動物園(諏訪山から移転)や愛媛県立とべ動物園(道後から移転)が挙げられる。なお、旧動物園の閉園後の跡地の活用方法についてはコンサートホール建設の案も出ていたが、現在のところ建設の目処は立っていない。徳島市総合動植物公園 フレッシュアイペディアより)

  • 森松駅

    森松駅から見たとべ動物園愛媛県立とべ動物園

    (15) 松山市駅 - 動物園前・えひめこどもの城森松駅 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄道森松線

    伊予鉄道森松線から見たとべ動物園愛媛県立とべ動物園

    廃線後、沿線およびその延長上である砥部町が松山市のベッドタウンとして大きく発展。さらに、1979年(昭和54年)に愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム。愛媛FCのホームスタジアム)、1988年(昭和63年)にはとべ動物園といった大型集客施設が建設された。これらの要因により、国道33号線の渋滞は激化の一途をたどっていった。そして、これに拍車をかけるように1997年(平成9年)には松山自動車道松山インターチェンジが開通。国道33号線は廃線区間とほぼ一致する天山交差点から拾町交差点にかけて連日大渋滞を引き起こしている。伊予鉄道森松線 フレッシュアイペディアより)

  • 繁殖賞

    繁殖賞から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    クロザル(人工)(愛媛県立とべ動物園:1996年)繁殖賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「とべ動物園」のニューストピックワード