25件中 11 - 20件表示
  • 高市賢悟

    高市賢悟から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    柔道は4歳の時に父親の影響で同郷の先輩である浅見八瑠奈や中矢力の出身道場でも知られる伊予柔道会で始めた。また、高市の父親が動物園の飼育員だった関係から、ホッキョクグマの赤ちゃん「ピース」を国内初の人工飼育に成功させるため、自宅で24時間世話することになり、6歳の時から4ヶ月ほど一緒に遊んだり、布団に包まって寝るなどして過したこともあった。小学校5年の時には全国少年柔道大会個人戦に出場すると、決勝で46kgも重い長野竜希に2?1の僅差ながら勝利して優勝を飾った。全国小学生学年別柔道大会軽量級では、準決勝で宮崎県代表の丸山城志郎に判定で敗れて3位だった。6年生の時には45kg級に出場して決勝まで進むが、栃木県代表の高藤直寿に1?2の判定で惜敗した。港南中学3年の時には全国中学校柔道大会66kg級で5位だった。高市賢悟 フレッシュアイペディアより)

  • 茶柱倶楽部

    茶柱倶楽部から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    若い頃に松山の商家へ嫁いだが、姑との折り合いが悪く、姑に尽くして働いても、跡継ぎである息子を産んでも認められることは無い日々を過ごし、さらに追い討ちをかけるように実家の母親が倒れ、実家に帰りがちになると次第に居場所をなくし、離縁に追い込まれた。後年、風の便りで姑が選んだ女性が後妻に入ったが、きつい性格で姑が責め立てられている日々を送っていることを知り、「因果応報だ」と愉快に思っていたこと。嫁姑の諍いの末に姑が他界し、そのことがきっかけとなり後妻も家を出たことが手紙に綴られていた。見知らぬおばあさんを捜していた際、(手紙に綴られていた)元夫からの知らせで「あの傲慢な姑が嫁に罵倒され やはり雨の晩家を飛び出し倒れた」とあったのを思い出し、鈴の一言で過去を「許す」ことに。宿を出た後、待ち合わせ場所である『砥部動物園』へ向かい、元夫・息子・初孫と数十年ぶりに再会を果たした。茶柱倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 赤シャツの逆襲

    赤シャツの逆襲から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    ロケ協力:東埼玉資源環境組合、草加市立歴史民俗資料館、浄土宗正林山徳泉院林泉寺、えひめフィルムコミッション、愛媛県立とべ動物園、愛媛県立松山東高等学校、松山市立子規記念博物館、大街道商店街振興組合赤シャツの逆襲 フレッシュアイペディアより)

  • 松山圏

    松山圏から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    松山市の道後温泉や松山城、久万高原町の面河渓や石鎚山、四国カルスト、砥部町のとべ動物園などさまざま観光地や観光施設がある。松山圏 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄会館

    伊予鉄会館から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    1988年(昭和63年)4月 :愛媛県立とべ動物園内「展望レストラン東雲」オープン。伊予鉄会館 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県総合運動公園陸上競技場

    愛媛県総合運動公園陸上競技場から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    駐車場は、公園内の駐車場を利用するが、愛媛県立とべ動物園や他のスポーツ施設との共同になる。愛媛県総合運動公園陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄道森松線

    伊予鉄道森松線から見たとべ動物園愛媛県立とべ動物園

    廃線後、沿線およびその延長上である砥部町が松山市のベッドタウンとして大きく発展。さらに、1979年(昭和54年)に愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム。愛媛FCのホームスタジアム)、1988年(昭和63年)にはとべ動物園といった大型集客施設が建設された。これらの要因により、国道33号の渋滞は激化の一途をたどっていった。そして、これに拍車をかけるように1997年(平成9年)には松山自動車道松山インターチェンジが開通。国道33号は廃線区間とほぼ一致する天山交差点から拾町交差点にかけて連日大渋滞を引き起こしている。伊予鉄道森松線 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県総合運動公園

    愛媛県総合運動公園から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    なお、愛媛県総合運動公園と同敷地内に愛媛県立とべ動物園、愛媛県総合運動公園の南側にえひめこどもの城が位置している。愛媛県総合運動公園 フレッシュアイペディアより)

  • 道後公園

    道後公園から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    1987年:動物園を伊予郡砥部町に移転させるため廃止(翌年に愛媛県立とべ動物園が開園)道後公園 フレッシュアイペディアより)

  • ホッキョクグマ

    ホッキョクグマから見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    1993年(平成5年)に恩賜上野動物園において死亡した個体「雪男」は34年9ヶ月であった。愛媛県立とべ動物園では母親に育児放棄された雌の「ピース」によって国内での人工飼育の個体の生存記録が更新され、公式WEBサイト上で映像資料が公開されている(2011年6月現在満11歳、誕生日は12月2日)。「ピース」は、けいれんやひきつけを起こしていた。。ほかにも、ドイツで同様に2006年(平成18年)末に母親に育児放棄され人工飼育されていた「クヌート」がいた。ホッキョクグマ フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「とべ動物園」のニューストピックワード