1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示
  • ピース (ホッキョクグマ)

    ピース (ホッキョクグマ)から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    ピースは1999年12月2日に愛媛県の愛媛県立とべ動物園で生まれ日本で初めて人工哺育に成功したホッキョクグマである。NHKをはじめTV番組で全国的にその成長ぶりが放映されたことで有名になり、現在でもとべ動物園で一番の人気と知名度を持つ。ピース (ホッキョクグマ) フレッシュアイペディアより)

  • 松山市

    松山市から見たとべ動物園愛媛県立とべ動物園

    コンパクトシティ構想により、様々な文化施設が集中して立地している。中規模都市レベルの市街地を有し、道後温泉、松山城、松山総合公園、愛媛県美術館、坂の上の雲ミュージアム、子規記念博物館、伊予かすり会館、伊丹十三記念館など多様な文化的観光スポットがある。また、スポーツ施設も充実しており、特に松山中央公園には最新設備を導入した坊っちゃんスタジアム、アクアパレットまつやま、愛媛県武道館、多目的競技場などが密集している。しかし松山城の景観保護の目的のために建築物の高さ制限を行っていることから高層ビルがないため、都市景観はその集積度に比較して地方都市の様相に類似している。なお、市の南部および伊予郡砥部町にかけては、とべ動物園やえひめこどもの城、愛媛FCの本拠地であるニンジニアスタジアムを含む愛媛県総合運動公園など広大な県営の施設群もある。松山市 フレッシュアイペディアより)

  • クヌート (ホッキョクグマ)

    クヌート (ホッキョクグマ)から見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    愛媛県立とべ動物園(日本で初めて人工哺育に成功したホッキョクグマ「ピース」がいる)クヌート (ホッキョクグマ) フレッシュアイペディアより)

  • ホッキョクグマ

    ホッキョクグマから見た愛媛県立とべ動物園愛媛県立とべ動物園

    1993年(平成5年)に上野動物園において死亡した個体「雪男」は34年9ヶ月であった。愛媛県立とべ動物園では母親に育児放棄された雌の「ピース」によって国内での人工飼育の個体の生存記録が更新され、公式WEBサイト上で映像資料が公開されている(2011年6月現在満11歳、誕生日は12月2日)。「ピース」はけいれんやひきつけを起こしていた。。ほかにも、ドイツで同様に2006年(平成18年)末に母親に育児放棄され人工飼育されていた「クヌート」がいた。ホッキョクグマ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示