前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示
  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見た八木真澄

    2007年9月7日、予定期間を終えて筋肉留学から帰国。帰国した模様が同日に放送の「ちちんぷいぷい」で取り上げられた。9月8日、「せやねん!」に生出演。帰国後初のテレビ番組出演となり、9月10日には「なるトモ!」にも生出演した。9月29日、「せやねん!」に帰国後2回目の生出演し、レギュラー番組に復帰した。2007年のM-1グランプリのために同じく筋肉質の芸人八木真澄と漫才コンビ「ザ☆健康ボーイズ」を結成、準決勝にまで進出する好成績を挙げた。2008年も「ザ☆健康ボーイズ」として、M-1に再挑戦(結果は3回戦敗退)しており、現在もそれぞれの活動と平行して不定期でのコンビ活動を継続している。同年には「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で筋肉料理研究家マグマ中山として出演し、以降も定期的にこのネタを行っている。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見た吉本興業

    1999年に吉本総合芸能学院(NSC)を卒業し、筋肉を使ったギャグを行うピン芸人「なかやまきんに君」として吉本興業からデビューした。芸名の名付け親は先輩であるFUJIWARAの原西孝幸だが、正確には原西が考えた名前は「なかやま」がない単なる「きんに君」であったという。2001年、吉本新喜劇に入団。店員やヤクザの子分役などを担当し、筋肉質な体を使って筋肉アピールをしながら喋るネタで活躍した。ネタを一通り終えると兄貴分(または雇い主など)に「やるだけの事はやりました!!?」と報告して突っ込まれるというのがお決まりだった。このオチはヤクザの舎弟役を演じる他の座員も稀に使っている。2003年1月、第24回ABCお笑い新人グランプリで審査員特別賞を受賞した。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見たYahoo

    よしもとファンダンゴ運営のラフブロ(現在はYahooブログにサービス移行)で「筋肉留学BLOG」を開設し、「BOKU(僕)」の一人称でネタ形式の留学日記を書いていた。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見たケイン・コスギ

    スポーツマンNo.1決定戦芸能人サバイバルバトルにて前人未到の大会4連覇を成し遂げ(2005年4月-2006年10月)、ケイン・コスギと並んで最多タイ記録となる計5回総合No.1となっている。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見た小籔千豊

    2014年5月、5人座長体制をとる新喜劇で座長を務める一人である小籔千豊の東京新喜劇公演に招集され、日替りゲストとして出演した。同年には同じく小籔の主催する「KOYABU SONIC 2014 FINAL」にも出演した。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見たオードリー (お笑いコンビ)オードリー

    大会には同じく芸人で格闘技経験者の春日俊彰(オードリー)も出場しており、春日の成績は第22回予選敗退、第23回5位、第24回予選敗退であった。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見た松本人志

    2011年2月2日、3年間の留学を終えて正式に帰国し、芸人に復帰すると共に東京進出の意向を明らかにした。同年12月31日、「ガキ使」の年越企画「笑ってはいけないシリーズ」である「絶対に笑ってはいけない空港24時」に出演した。2013年には同シリーズの「地球防衛軍編」内で松方弘樹が演じる防衛軍長官によってダウンタウンの松本人志にコードネームとして「まつもときんに君」が使用された。松本本人と月亭方正が笑ってしまい(松本曰く「コードネームに松本が入ってる」)、5人を仕切っている藤原寛も笑っていた。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見た月亭方正

    2011年2月2日、3年間の留学を終えて正式に帰国し、芸人に復帰すると共に東京進出の意向を明らかにした。同年12月31日、「ガキ使」の年越企画「笑ってはいけないシリーズ」である「絶対に笑ってはいけない空港24時」に出演した。2013年には同シリーズの「地球防衛軍編」内で松方弘樹が演じる防衛軍長官によってダウンタウンの松本人志にコードネームとして「まつもときんに君」が使用された。松本本人と月亭方正が笑ってしまい(松本曰く「コードネームに松本が入ってる」)、5人を仕切っている藤原寛も笑っていた。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見たFUJIWARA

    1999年に吉本総合芸能学院(NSC)を卒業し、筋肉を使ったギャグを行うピン芸人「なかやまきんに君」として吉本興業からデビューした。芸名の名付け親は先輩であるFUJIWARAの原西孝幸だが、正確には原西が考えた名前は「なかやま」がない単なる「きんに君」であったという。2001年、吉本新喜劇に入団。店員やヤクザの子分役などを担当し、筋肉質な体を使って筋肉アピールをしながら喋るネタで活躍した。ネタを一通り終えると兄貴分(または雇い主など)に「やるだけの事はやりました!!?」と報告して突っ込まれるというのがお決まりだった。このオチはヤクザの舎弟役を演じる他の座員も稀に使っている。2003年1月、第24回ABCお笑い新人グランプリで審査員特別賞を受賞した。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見たなだぎ武

    2010年7月、先輩のなだぎ武がブログ上で「留学前より線が細くなった」と写真付きで報告しており、むしろ筋力的には衰えた状態になっている。2011年1月、サンタモニカ市立大学運動生理学部を卒業した。成績はGPA3.38と好成績を収めており、授業も日常会話も全て英語の環境で真面目に授業を受けていた事が明らかになり、憧れのシュワルツェネッガーの名も正確に発音できる(本人談)レベルの語学力を獲得した。卒業を記念してレイザーラモンHGをゲストに「Muscle Comedy 3 〜筋肉留学卒業公演〜」をキャンパス内で開催して好評を博した。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示

「なかやまきんに君」のニューストピックワード